久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2018年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

揺れに鈍感

 今日は大阪で震度6弱の大きな揺れをもたらした地震がありました。死傷者が多数出ているようですが、お見舞い申し上げるものです。関西地区での大地震といえば阪神淡路大震災ですが、あの時は岩国市でも相当揺れました。確か震度3だったと思います。朝早くでしたが目が覚めたことをおぼえています。

 今回はというとちょうど午前8時くらいで、夫婦二人で朝食を済ませてテレビを見ているときでした。岩国市も震度1の揺れがあったそうですが、正直夫婦二人ともまったく気づかないかったのです。テレビの速報で地震を知りました。いや二人とも揺れには鈍感なのですね。私は妻よりは敏感とおもっていましたが、同じようなものです。鈍感力は人生に大切といいますが、この地震に対する鈍感さはいただけません。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-06-18 19:26
 今月7日午後(3時45分頃)、由宇の港町沖上空で米軍機が変則的な飛行を行い、異常な騒音をまき散らしたそうです。由宇町に住んでいる人の情報では二機の米軍機が、おそらく海兵隊のFA18とおもいますが、着陸態勢に入る前一機が後方から前方機を左下から追い抜いたときの騒音のようです。

 察するに追い抜いたときに二機の音のエネルギーがかさなったのでしょう。一種のソニックブーム(衝撃波)のような現象になったのではありませんか。金属的な非常に大きな音だったそうです。一瞬墜落でもしたのかと思ったようです。岩国市(港町)の騒音測定器は93.3デシベルを指したようです。

 93・3デシベルという音は大きさも相当なものですが、音というのは大きさだけで人間へのダメージが測れるものではありまん。その時の環境・状況そして質の問題があります。この騒音は少なくない由宇町の住民に被害を与えたようです。それからアクロバットではあるまいし、変則的な飛行は安全性にも問題があります。

 こんな飛行は基地周辺では禁止されるべきです。住民の安全と平穏な市民生活のために岩国市はどのような飛行、訓練が行われたか実態を明らかにさせて、二度とこのような変則的な飛行が行われないよう国・米軍に求めるべきです。この問題は今開かれている市議会で地元由宇町の市議会議員が取り上げるそうです。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-06-17 13:01

投資信託のお話

 今日はある金融関係の会社で投資信託のお話を聞きました。投資信託については一片の知識もなかったので勉強になりました。東京からきたのでしょう、年配の講師のお話は分かりやすかったです。

 質問のコーナーでちょっと意地悪な?質問をぶつけてみました。その投資信託は2009年から始まった商品で、当然ながら2009年以降の実績しか載っていません。要するにあのリーマンショック(2008年秋)ではどうなったかわからないのですね、その資料では。

 そこでリーマンショックのことをシュミレートして数字をだしたことがあるかと聞いたのです。そうすると講師の方は「その質問はよく聞かれますが、シュミレートしていません」とのこと。

 少しおかしいでしょう。よく聞かれるなら答えを用意しているはずでしょう。こういう答えがでるということは、シュミレートしたけど公にすることがはばかられる結果となったのか、どうせとんでもない損失がでるはずだから初めからやらなかったのか、どちらかでしょう。

 すぐにリーマンショッククラスの経済危機があるとは私も思いません。でも中国の過剰投資はすごいそうです。ようするに中国経済はバブルのようです。習近平が抑え込んでいるから何とかなっていますが、そのうち破裂することは必至でしょう?この商品を買うならよくよく気をつけなければいけないな、と思いました。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-06-16 18:17

岩国市から連絡

 今日岩国市から連絡がありました。愛宕山運動施設にかかわる岩国市と米軍との現地実施協定書の公開についてのことです。この件では岩国市が協定書の公開を拒むことについて審査請求を行っていますが、口頭意見陳述を希望していました。その日程調整の件です。どうも7月第一週になりそうです。まだ決定ではありませんが。

 ちょうどその前の週6月26日に岩国平和委員会の勉強会があって、私がこの件で報告することになっています。岩国市福祉会館で午後6時30分からの予定です。いい機会ですからもう一度問題点を整理しておきましょう。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-06-15 22:10

岩国基地と米朝首脳会談

 昨日の首脳会談の内容がわかってきました。岩国基地との関係では米韓合同軍事演習を中止するということに注目しました。フォールイーグルなどにみられる上陸作戦や侵攻作戦、戦略爆撃機が参加しての訓練などはやめるのでしょうが、小規模の合同演習もやめるのでしょうか?

 少なくとも米軍独自の演習は続けるでしょうね。変な話ですが、会談やトランプ大統領の記者会見の記事を見て、私は逆に岩国基地のさらなる機能強化が心配なのですが・・・・?

 トランプ大統領は将来在韓米軍の縮小もあり得るとしています。もし北朝鮮との関係で、在韓米軍に変化が生じるなら、岩国基地の強化を考えなければいけませんね。米軍が東アジア全体を概観して軍事的プレゼンスを弱体化させることは、現状ではありえないと思うからです。

 会談が成功したからと言ってすぐ軍事的圧力を弱めるなんてお人よしの国はどこにもないでしょう。またいくら北朝鮮と友好関係になったからといっても、太平洋地域重視のリバランス政策をとる米軍が簡単にひきさがるのでしょうか?

 これからの東アジアにおける米軍は一層拠点基地を強化するとしか思えないのです。だとしたら岩国基地の強化は当然では・・?

[PR]
by kumekeisuke | 2018-06-13 12:39

歴史的な会談

 今日の米朝首脳会談は誰が何といっても歴史的でしょう。合意文書は本当に包括的で抽象的なものですが、それをもって意味がないとか、北朝鮮の思惑通りと判断するのは浅薄です。初めから大きな譲歩などあるわけがありません。戦争で負けたのなら別ですが・・・。そのときは大きな犠牲のもとに勝ち取られた勝利なのです。

 それから首脳同士の会議の意味も考えなくてはいけませんよね。日本では常識かもしれませんが、会談の前に詰めに詰めておいて、首脳会談はセレモニーというのはそもそもおかしいのです。首脳同士でしかお互いわからないことがあるのです。首脳同士の理解、共感がそこにある可能性も見なければ。

 お互い一国を背負っています。なんでも即決とはいかないのです。北朝鮮はキム委員長の独裁のように言われてますが、独裁者であっても自分の思い通りにならないことは当然です。戦国大名も家臣団の協力がなければ強大になれなっかたでしょう、国を維持できなかったでしょう。北朝鮮の民主的改革にはまず開放政策が必要です。北朝鮮国民が世界の情報に触れることがなにより大切です。そして世界の世論を国民が知ることが改革には不可欠です。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-06-12 18:05

崩壊する家族モデル

 東京品川区での児童虐待事件、ニュースを見るたびに何とも言えない心苦しさを感じます。虐待の張本人の父親は堂々とカメラに映るところをみると、あまり自罰感がないのでしょう。おそらく人格障がい者でしょうが、母親の母性のなさにも唖然とします。児童相談所のだらしなさも目を覆うばかりです。

 しかしこの事件の病巣は深いと思いますね。従来の家族モデルは血縁の夫婦と子どもという形でした。法律もそのことを念頭にできています。そのモデルが崩壊してきたところに問題があるように思うのです。以前のように両親の親権が絶対ととらえてはいけないと考えます。昔は一つのおにぎりを家族で分けるという発想でしたが、もはや多くの家庭ではありえないことになっているのではないですか?

 だとしたら、社会そのものが考え方を変える時期にきているということです。あれは特別の事例とは言えない時代なのではないでしょうか?もちろん家族の情愛はもっとも人間社会の根幹をなすものです、しかし従来のアプローチではその本来の情愛が発露されなくなっていることが根底にあるのではないでしょうか?

[PR]
by kumekeisuke | 2018-06-10 11:24

梅雨らしい一日

 今日は広島に行ってきました。たまには大きな本屋に行って情報を仕入れないといけません。ネットでの注文は便利ですが、いろいろな本を手にしてみることができないのは、私としては不満です。まあ今日は買う本がおおよそ決まっていたので、あまり時間はとりませんでしたが、でもやはり手に取って納得して買うのはいいものです。

 そしておきまりの紙屋町のカフェでアールグレイラテをいただいて、帰ってきました。しとしとふる梅雨らしい天気のなか紙屋町から横川駅まで歩きました。梅雨時は運動不足になりがちです。少々の雨は厭わずに歩くことにしています。

 ところで私は知る人ぞ知る?阪神ファンです。しかし今年はあまり熱がはいりません。正直あの監督に問題があります。采配はでたらめ、選手をぶっ壊してばかりいる監督はもういいです。知人の広島ファンにこの話をすると、あの監督は広島出身だからあまり悪く言いたくないと言っていました。阪神を壊しに来た広島の回しものかとも思います。もともと彼を監督にする阪神のフロントがだめなのですが・・。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-06-08 17:39
 岩国市の東小中学校を建て替えるそうです。6月4日付で入札の公告がされています。入札参加者の要件に直近の経営事項審査の建築一式工事の総合評価点が1200点以上あることとなっています。1200点規模の企業と言えば山口県にもたくさんはないそうですが、ちょっと気になるのは5月28日公告の玖珂庁舎新築建築工事でも1200点以上となっています。予定価格は13億4352万円です。東小中学校は予定価格42億8112万円もするのですが、同じレベルの企業でいいのでしょうか?東小中学校建設では大きな橋もかけなければいけなくなっています。常識として橋の建設は高い技術と経験が必要です。本当にこの設定で大丈夫なのでしょうか?

[PR]
by kumekeisuke | 2018-06-06 18:56

IAMD構想

 米軍は統合防空ミサイル(Integrated Air Missile Defense・・IAMD)構想なるものを明らかにし、推進しています。航空・ミサイル攻撃は広域化・高速化・多様化・複合化していて、それに対抗する概念と考えられます。正直まだ完成したと言える段階ではなく、多くの調整・進歩が必要なようです。

 その一つとして挙げられるのが米海軍のニフカです。ニフカについては以前書きましたが、実際ニフカに必要な航空機としてE2Dが有名です。また海兵隊のF35Bも優秀なセンサーを使用して水平線を越えて目標を察知、地上イージスシステムにデータを送りそのミサイルで破壊するという実験に成功しています。

 マスコミではやはりE2DとF35Bがクローズアップされていますが、これ以外にもEA18Gグラウラーも相当量のデータを処理する能力があるようです。最新のニフカ対応機種が配備される岩国基地はまさに米軍の対中国の拠点基地です。ちなみにイージスアショアが配備されようとしているむつみ演習場は岩国エリアの下にあたり、岩国基地と距離も近いのですが、連動した訓練もやり放題ということで、やはり関係性は大ですね。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-06-05 17:19