久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2018年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

山口県庁で

 今日は瀬戸内ネットで山口県に申し入れ。空母艦載機の着艦資格取得前の一連の訓練について、国・米軍に対して実施しないように求める申し入れです。県の答えは「FCLPは容認できない。FCLP前の集中訓練、CQについては状況をみて国に申し入れる」とのもの。いろいろやりとりしましたが、きっぱり反対を求めるというところには行きませんでした。

 それから航空関係者・環境問題の専門家・医師などによる委員会を設立することも求めました。答えはそっけないもの。しかし騒音など市民生活に基地・航空機がもたらす影響は、専門的な観点がないと正確に実態が把握できません。騒音一つとってもW値だけでは影響はつかめるものではありません。どうしても必要です。

 それにしても山口県庁は静かです。あすこにいたのでは騒音被害に苦しむ岩国市民の気持ちは理解できないのかもしれません。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-04-20 15:48

国からの通告

 今日18日岩国市と山口県を中四国防衛局が訪問。米空母の出港を控えてこれから艦載機パイロットの着艦資格取得のための訓練が始まりますが、その最後の訓練CQ(Carrier Qualification)を岩国基地を拠点にして行うと通告してきました。CQは深夜の離発着が考えられ、わずか4日ぐらいの間に相当数の離発着が行われます。周辺住民に甚大な被害が生じることは明らかです。

 FCLPとCQの関係について一言。艦載機のパイロットは空母の離発着を一定期間(29日間)行わないと着艦に必要な資格を喪失します。改めて資格を取ろうと思うとまずFCLP行い、着艦信号士官(LSO)の評価に合格しなければいけません。車でいえば仮免許ですね。そして今度はFCLPの10日以内にCQを行い、空母に実際着艦して本当の資格をとるのです。車でいえば本免許ですね。

 ともかく空母着艦資格取得には短期間でハードな訓練が必要なのです。当然周辺住民には負担は大きくなります。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-04-18 17:48

行政不服審査法31条

 愛宕山運動施設の日米協定書の岩国市の非開示にたいする審査請求の件については先日書いた通り、反論書を提出しました。その際口頭意見陳述も申し入れたところです。

 口頭意見陳述は行政不服審査法31条で定められているもので、「意見を述べる機会を与えなければならない」としています。これは審査庁(岩国市総務課長)にたいしてできるという制限付きです。

 しかし31条5項は「処分庁等にたいして、質問を発することができる」ともしています。ですから意見陳述の場で岩国市(拠点整備推進課)に対して私が質問できるのです。議員でなくとも公の場で岩国市に対して質問できるのですから、楽しみです。

 それから諮問機関である岩国市情報公開・個人情報保護審査会でも認められれば意見陳述できることになっています(岩国市情報公開・個人情報保護審査会条例7条6項)。ぜひやりたいですね。

 

[PR]
by kumekeisuke | 2018-04-17 20:04

アールグレイラテ

 今日は所用で広島市に、紙屋町のSBというカフェで少し休憩。アールグレイラテをいただきました。もともとアールグレイという紅茶はすきなのですが、ラテにするとおつなものです。岩国市のカフェには見当たらないので、広島市に行くと飲むようにしています。

 広島市のお城付近の桜はもちろん終わっていました、もうツツジが咲きだしています。昼間は本当に気持ちがいいですね。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-04-16 20:28
 トランプ大統領はアメリカファーストといっていますが、これだけアメリカ経済がグローバル化する中でそれは無理というのもでしょう。アメリカ中心の政策をうてば必ず報復を受けるのです。結局アメリカに損失が生まれます。トランプ自身の企業戦略と国の経済政策の違いが理解できないのでしょうね。

 先ほどテレビの報道番組で中国に北朝鮮の労働者が流れ込んでいることがでていました。アメリカが真っ向から中国に経済戦争を宣戦布告しましたが、その報復の一環ではないですか?制裁が効かなくなれば、また北朝鮮は対米政策を強化するでしょう。北朝鮮に軍事行動を起こせば今度は中国が黙っていないでしょう。アメリカも中国と全面戦争する気はないでしょうから、結局威勢のいいことをやってもうまくいかないのです。

 トランプは政治家としてはまったくだめですね。おそらく史上最低のアメリカ大統領です。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-04-15 18:52

FA18事故増加

 ある米軍事専門紙は、米軍機の事故件数を2013年米会計年度と2017年度とで比較したところ、39%増加したことを報じたそうです(ワシントン共同)。国防予算の大幅減額のためにパイロットの飛行時間が減少し、そのために技量が低下したことに原因の一つを考えているようです。特にF16とFA18の増加が顕著だったそうです。

 この数字は米軍事専門誌が情報公開請求で入手した文書がもとになっているようです。ところで海軍安全センターの重大事故サマリーがホームページから消えていますね。まさかあまりに事故が多いので隠蔽したということはないでしょうね。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-04-14 15:28
 愛宕山運動施設の米軍との共同使用に伴う実施協定書については開示が拒否されたので、不服として審査請求を行っています。このことについては岩国市長から弁明書が届いています。・・すでにブログで報告済み。弁明書に対しての反論書を今日朝岩国市に提出いたしました。

 行政不服審査法で保障される口頭意見陳述も希望しておきました。

 反論書はこのブログの左、プロフィールの下レポート欄にアップしています。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-04-13 17:24

FCLP前の集中訓練

 今日は瀬戸内ネットで岩国市に申し入れ。FCLPとその直前の集中訓練を許すなという趣旨だったのですが、岩国市の回答はなんとも煮え切らないもの。そもそも岩国市は2008年自ら国に対して「FCLPの事前集中訓練を実施しないこと」と要望しているのですよ。

 例年厚木基地では空母出港まえには苦情が激増します。これは明らかに事前の集中訓練によるものと思うのですが、国は岩国市にこう答えたそうです「厚木でやられている訓練は引き続き行われると承知している」と。それに対して岩国市はきっぱり抗議しなかったというのですから、もう集中訓練は容認したも同然です。

 いよいよ空母出港が近づいてきたと思われます。厚木と同様のひどい騒音被害が予想されます。最近のうるささは少し離れている私の自宅でも辟易するものがあります。これ以上は本当に勘弁してくださいというのが実感です。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-04-11 20:29

CV22

 少し前になりますが、横田基地にCV22オスプレイが5機到着しました。横浜ノースドックから直接横田へ展開したのですが、岩国基地への陸揚げとは大分ちがいますね。2012年あの時は随分岩国で試験飛行をしてから沖縄に行きましたよ。

 ちょっと驚く行動です。横浜ノースドックに整備の施設あるのでしょうか?まあ安全性に自信があるといえばそれまでですが、オスプレイはとてもそんな代物ではないでしょう。そもそもCV22の事故率はどうなっているのでしょう。私の知る限り海兵隊のMV22より悪かったように思います。

 人口密集地それも首都上空を平然と飛ぶというのは、常識では考えられません。オスプレイは安全性の確立した航空機でないことは確かです。自衛隊も購入するので「いいだろう」とはいかないと思いますけ
ど・・。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-04-10 18:03

FCLPと事前集中訓練

 毎年横須賀に配備されている空母(Rレーガン)は5月に出港しているようです。そうするといよいよ空母艦載機によるFCLPとその事前集中訓練が近づいていることになります。

 2010年5月13日に公開された在日米海軍司令部のビデオの一部の要約をご紹介しましょう

 パイロットは空母からの飛行を29日間行わなかった場合、再度空母に着艦するためにFCLPを行う義務がある。
 FCLPは実際に資格を得る10日前までに完了しなければならない。
 一つの航空団に100名のパイロットがいる。
 日中のFCLPは通常6回から10回のタッチアンドゴー、夜間は最低3回が義務付けられている。
 資格を獲得するために飛行回数は一気に増える。海上での着艦資格取得訓練開始前の5日から14日の期間中に3000回から6000回のタッチアンドゴーを行う。

 最後の3000回から6000回というのはもちろんFCLPだけではないでしょう。これには当然事前集中訓練が入っていますね。想像を絶する騒音被害になりませんか?

[PR]
by kumekeisuke | 2018-04-09 18:55