久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2015年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 岩国基地ホームページの記事から、VMFA323が岩国基地に海兵隊の配備計画に基づいて配備されたことが報じられています。記者発表はまだなのかもしれませんが?323は2月12日に岩国基地に到着とされていますよ。VMFA115に交替してのことだとされています。323の岩国配備は20数年ぶりだそうです。この部隊は空母に載っていることが多いようです。今年の遅くまで岩国にいるのだそうですよ。百里基地にも自衛隊との共同訓練で行っています。      3月16日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-03-16 20:58

核攻撃命令

 今日の新聞にキューバ危機のとき沖縄の部隊に誤って核攻撃命令が出されたことを報じる記事が載っていました。現場の指揮官が停止させたそうです。この事実は本当にぎょっとすることです。まず間違いで核攻撃命令が出されたことです。こんな重要な命令が間違ってだされるとはどういうことでしょう。しかし人間のやることですから100%ってないですよね。核がある限りこんな心配がついてまわるということでしょう。

 もう一つ感じたことは核を持つということは使うことがやはり前提なのですね。核を使うことなんてありえないと思っている日本人は多いのと違いますか?しかしそんなことはありません。だってすでに人類は核兵器を二度使用しているのですから。核兵器は全廃しかありません。   3月15日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-03-15 18:41

もう菜の花が

 今日は暖かでした。いよいよ春ですね。岩国市の玖珂町で菜の花が満開?の畑を見つけました。すぐ横に紅梅が盛りでした。菜の花といえば桜と思っていましたが・・。ともあれ春本番と言えるでしょう。でもまだコートは必要です。今日はホワイトデーという日だそうで、義理チョコをいくらかいただきましたから、お返しの日でもありました。この新しいシキタリ?は誰のもくろみでしょうか。義理チョコでも貰えばやはりうれしいですし、決して罪なこととは言えないのですが、しかしやはり何かお菓子企業の思惑通りに動いている気がして、なにやらすっきりしない気分です。   3月14日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-03-14 20:49

VMFA(AW)225

 岩国基地に新しいFA18ホーネットの部隊が到着しています。VMFA(AW)225、ニックネームはVikingバイキング、D型で複座の飛行機です。マニア筋の話ではまだ全機揃ってないようです。今年のフォールイーグルは225、323,242が参加するのですね。  3月13日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-03-13 18:24

コピペ

 新聞の片隅に興味のある記事をみつけました。東大教養学部の3・4年生のレポートはその75%がインターネットに出ている文章の引き写しだったというのです。いわゆるコピペですね。この言葉は例のSTAP細胞騒ぎのときに覚えた言葉です。日本の学生にはこういう素地があるのかもしれません。

 かくいう私も学生時代は特に大学1年生の時はコピペをたくさんやりました。ひどい時は百科事典を写したことがあります。あれは初心者でもわかりやすくかいてあります。その後大学で化学を教えていた兄が「百科事典を写したレポートを書いた学生はみんな落としてやった。」「教師をバカにしている。(彼はこの台詞が好きでよく使います)」といっているのを聞いて背筋が寒くなりました。

 まあなんとか無事に大学を卒業しましたから、私の関係した先生方はやさしい心の人たちばかりだったのでしょう。しかし言い訳をさせてもらえば、当時はレポート以外にもいろいろと勉強しなければいけないことがたくさんあったのです。それにアカデミズムがなんであるのか理解するには多少の時間が必要ではありませんか?

 新聞記事を読んで東大の学生に同情的になるのは私だけではないと思うのですが・・。  3月12日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-03-12 17:21

高校入試

 自宅のさくら(さくらんぼの木)の花が満開です。今年はどれぐらい実を付けてくれるのでしょうか。ところで昨日は山口県では公立高校の入試でした。私の高校入試はもう40年以上も前ですが、ちょうど時期的には同じころでした。試験が終わった時の開放感は半端ではありませんでした。人生初めての入試で落ちる確率は少ないものの、滑り止めなどもなく、周りが緊張させるものですから極度の緊張といっていい状態でした。テストそのものは手ごたえがあり、入試当日に合格を確信しました。ですから反動で一気にうれしさが爆発した感じでした。子どもといえば子どもですが、いい思い出になっています。今年も多くの子どもたちがそのような気持ちでいるのでしょうね?     3月11日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-03-11 20:59

本当に寒い

 今日は本当に寒い一日でした。3月に入って雪がちらつくのもどうかと思いますが、体感の寒いこと、真冬でした。明日は東日本大震災から4年目となる日ですが、これだけの大災害を前に被災者のみなさんに何と言っていいかわかりません。沈黙しかありませんね。

 昨日は支援学校の学校評議員会でした。今年度で終わりすなわち今回が最終でした。役割を全うできたでしょうか?あまり自信はありません。現在の学校は地域とのかかわりの中で考えなければいけませんが、第三者の意見をどう取り上げるかは重要です。そう考えればこの学校評議員会というシステムも意味はあるのですが、ややもすると学校の追従になってしまいます。相当に崇高な使命感がなければ務まらない役です。

 自分でいうのもなんですが、あまり厳しいことは言わなかったですね。   3月10日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-03-10 18:41

百里基地へ

 今日から21日まで岩国基地のFA18は百里基地に移動して自衛隊機と戦闘訓練を行うようです。DACTといわれる異種戦闘機との訓練でしょうか。防衛省の発表によるとFA18は5機程度、人員60名が移動するようです。今日岩国基地のKC130が百里方面に行くようでしたから、機材や人員はこれに乗せていたのかもしれません。参加する部隊は533?323?242?どれでしょう。   3月9日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-03-09 18:32

太宰治が好き!?

 今日は春の陽射ですね。本当に明るい感じがします。そのためか木々の緑も鮮やかに映ります。ただまだ風は冷たく気温の上昇も春本番とはいかないようです。あと数日の辛抱でしょう。

 テレビのトーク番組で若手(30歳代)の作家たちが太宰治の話をしていました。全員が太宰に共感を持っているように受け止めました。なにか違和感があります。確かに太宰の小説は読みやすく面白いと感じることはあります。文章のうまさは抜群ですし、彼の感受性は若いころには共感も覚えました。でもなにか窮屈に感じるのですが、私は。今の人気作家に影響があるというのはどうでしょうか、あまりいい傾向に思えないのですが・・。

 では私の好きな作家は、といわれると少し困ってしまいます。大学生のころヘッセはほとんど読んだと思います。新潮文庫でそろえて本棚に飾ってあったのですが、考えてみればものすごくヘッセが好きだったわけではありません。なんとなく落ち着いて読めるというか、ただなんとなく読み続けたというところでしょうか。

 柴田翔の「されどわれらが日々」はインパクトがありました。ただ彼の他の作品はつまらなくて、東大の先生の小説ってこんなものかと思いました。最近読もうと思うのは小林秀雄の「無常ということ」です。中野孝次さんが若い時に影響を受けたと言っています。私は受験のために読んだ記憶がありますが、ちっともわかりませんでした。今どのように感じるか興味があります。   3月8日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-03-08 16:58
 今日の新聞は政府が「存立危機事態」という概念を導入し、安保法制の改悪を図ろうとしていることを報じています。国の存立が侵されると判断されれば武力攻撃も辞さずということになりそうですが、これって事実上の先制攻撃宣言と違います?日本の国益が侵されると思えば攻撃するっていうことでしょう。どこが専守防衛でしょう!

 新聞は機雷掃海などの個別の例を取り扱っていますが、国民にとって危険なのは戦争に巻き込まれるということだけではなく、平時の国民生活も変わってくることです。安保法制の改悪は国民生活を戦争体制に組み入れるシステム導入の第一歩です。徴用や情報統制など基本的人権の侵害の可能性大です。  3月7日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-03-07 15:04