久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2012年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 以前にも書いたことのある、岩国総合支援学校の卒業生の成人を祝う会の実行委員会が今日行われました。今年は例年にない取り組みを行っています。今日祝う会の司会者を決めました。来年は初めて支援学校の卒業生が行います。Kくんというのですが、今介護施設で働いています。障がいがあるのですが、元気で明るく勤めているようです。きっと周りの人たちもサポートしてくれているのでしょうね。

 こういう職場こそ光をあててもらいたいですね。今年は外部の人も参加して一歩前に出た祝う会にする方針です。ただそのために先立つものがいります。私はその担当になりました。以前私達の祝う会に出席してくれた来賓が本当に感動的だったと褒めていただいたことがあります。今年は準備の段階で期待させるものを感じます。  11月16日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-11-16 19:43

晩秋の中国山地

 昨日の続きを・・。実は私の車で走ったのですが、最初は紅葉がきれいでいいときに来たと思っていたら、三段峡の近くで完全に雪となりました。まあでも11月だし、たいしたことないだろうと、進めていたら、聖湖(ちょうどエリア567のへそにあたるところ)の付近で車がスリップし始めました。引き返したのですが、ほんの4.5分前に通った道路には、なかった雪がうっすらと積もり始めています。これは肝をつぶしました。後で調べると標高800メートルぐらいです。山の怖さを思い知りました。天候の急変で遭難する人がいると聞きますが、納得した次第です。

 ホーネットが対地攻撃訓練をするところというのは、意外と平野部のような場所のようです。考えてみたら対地攻撃の目標にするための建物が必要ですから、こうなりますよね。対地攻撃訓練を行う地域は何箇所かあるそうですが、残念ながらすべて視察することはできませんでした。私の自宅からほんの車で一時間ぐらいのところに米軍の訓練空域があるというのは違和感を感じます。
 11月15日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-11-15 14:24

エリア567を行く

 今日は米軍の低空飛行に詳しい広島のOさんとエリア567地域の視察に出かけました。もちろん仕事は休みをとりました。国道186号線を上り、吉和、戸河内、千代田、島根県浜田市旭町と車を走らせました。

 大変にいい勉強になりました。Oさんには感謝するばかりです。恐羅漢山周辺が最も訓練が頻繁に行われているだろうことが推測されます。ヘリの飛行、ハリアのドッグファイトが目撃されるのはこのあたりです。テレビで有名になった旭町はホーネットの対地攻撃訓練地という位置づけでしょう。

 いろいろな情報を総合して二人で考えたのですが、オスプレイのエリア567での訓練は、まず小瀬川沿い(国道186号線とかんがえてもよい)に北上し、吉和・佐伯のあたりでエリア567に進入し恐羅漢山周辺を周回して、行きと同じコースを帰ってくる。というものです。エリア567に行くのは大抵有視界飛行と思います。エリア567は日常的なパイロットの錬度の維持が目的のはずで夜間飛行や対地攻撃訓練はもちろん入りますが、特殊な訓練はほとんど予定されないのではないでしょうか。  11月14日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-11-14 17:41

岩国医療センター跡地

 岩国医療センターの新しい建物はどんどん出来上がっています。遠くから見ても病院とわかるようになりました。ところで医療センター跡地は一体どうなるのでしょう。岩国市が責任を持つようですが、いままでいろいろな話が出ています。

 重粒子や陽子を使った先端がん治療施設が建設されるのではないかということでしたが、最近では学校施設なども話題になっているようです。こういう大きな土地が動くとき、えてして利権がらみの話になることが多いのですが、そんなことはないように岩国市の将来にとってなにが重要かをしっかり市民ベースで話をする必要があると考えます。違うでしょうか? 11月13日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-11-13 17:51
 昨日夜は岩国市と山口県が主催する「都市計画区域、都市計画の変更に係る説明会」なるものに参加しました。要するに愛宕山開発事業地の跡地について都市計画の用途を第一種住宅地域から第二種住宅地域に変更することが主たる目的の説明会なのですが。しかしこの変更は米軍住宅を含む米軍施設を愛宕山地域に建設する第一歩です。第一種住宅地域では施設が建設できないからです。

 県・市の説明で今回のこの用途変更が愛宕山を米軍に提供する為のものということがはっきりしました。であるなら問題の本質は決まってきます。第二種住宅地となり米軍施設が建設されたら、どのような影響が周辺住民に及ぼされるのかが明らかにされなければいけません。ところが県も市もこれにはまったく触れないのです。なにより国がどのような施設を建設するか、どのように運用されるか、決まっていないのですから仕方ありません。まだ説明会を開催する状況ではないのです。ただどんどん手続きを進めよう、後戻りできないようにしてしまおうということですから、あまりに無責任、姑息と言わなければいけません。

 私が一番危惧するのは警察権の問題です。フェンスのない米軍施設でも犯罪があった場合、警察権は米軍にあります。目の前で米兵が犯罪を起こしても日本の警察は何もできないことになります。それで安全なスポーツ施設といえるのでしょうか。 11月12日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-11-12 18:59
 先日東京のUさんより11月7日付けの「マリアナ・バラエティー」という新聞の記事を送っていただきました。これによるとMAG12は11月29日から12月12日までグアム・テニアンで行われるフォレイジャーフューリという大規模の演習に参加するそうです。

 参加する海兵隊員と海軍の兵士の数はおよそ1000名とのことです。5月に行われたガイガー・フューリーに匹敵するものですが、おそらく岩国基地所属のFA18のほとんどが参加するのでしょう。テニアンでの演習も重視するようです。オスプレイも4機参加とのことです。 11月10日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-11-10 18:14

政治主導とは

 田中真紀子大臣の3大学不認可問題は、大臣の謝罪まで発展しました。でも今回の件は少しは行政について理解するものなら、いくらなんでもありえないと考えるのと違いますか。日本は法治国家ですから、許可・認可の手続きについても法律で決まっています。
 
 行政手続法という法律があります。許認可の申請についての一般的な手続きが決められています。この法には「審査基準」が決められ公表することが行政として義務付けられています。行政庁がいくら個人的に間違っていると思っても、審査基準にあえば認可せざるをえないのです。大学設置申請についてこの行政手続法が直接適用されているのかは知りませんが、調べてみるとやはり審査基準はありました。

 認可の最終段階まで来ていたのですから、おそらく3大学とも審査基準はクリアーしていたのでしょう。それを大臣がひっくり返すと言うのは法治国家である限り絶対無理です。行政訴訟を起こされたら大臣は負けます。損害賠償も発生するでしょう。政治主導とは自分のやりたいようにやるのではないはずです。脱官僚、官僚を使うには最低限の法知識と行政常識は必要でしょう。

 ともあれ、学校関係者や受験生にはお騒がせではすまないひどい顛末です。 11月9日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-11-09 18:55

多職種連携

 多職種連携という言葉は医療関係者や福祉関係者にはよく知られていると思います。これからは入院よりも在宅で医療が施されるようになりますが、その際のまさにキーワードです。在宅の患者さんは医療だけでなくさまざまな介護サービス(たとえばヘルパー、訪問看護)が必要となります。そこで多職種の連携が必要になるのです。

 連携は思ったより困難があります。医療は医療の常識が、介護は介護の思いがあります。どうしてもコーディネートがうまくいかないと全体が機能しないのです。厚生労働省はそういうわけで多職種連携の構築に一生懸命です。私の勤める病院でもいたるところでこの課題と出くわす状況にあります。山口県東部は在宅医療が遅れた地域です。多職種連携をどうやって機能させるかは、全体の問題です。  11月8日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-11-08 16:21

ブログに迷う

 私の職場のホームページにはブログがあるのですが、今月は私の番だそうです。自分のブログのように好きなことを書くわけにいかず、タネを仕込みに昼休みに錦帯橋に出かけました。周辺を歩いて帰ってきて、400字の文章を書き上げました。

 錦帯橋にまつわってはいろいろ思い出があります。その中で元東京芸術大学の学長の澄川喜一さんのことを思い出しました。澄川さんとは政治的立場を越えてお話いただいたのですが、氏の錦帯橋への思いいれは相当なものです。私も錦帯橋について再認識させてもらったことがあります。

 錦帯橋のよさは造形美、建築学における構造上のすばらしさなどがあげられます。でもこの橋を作ったのは大手ゼネコンでもなければ、江戸の将軍でもない、毛利支藩の岩国藩という小さな町の住民が力をあわせた結果なのです。ゴク普通のありきたりの大工さんたちがあの名橋を建設したのです。計画した殿様も偉かったのかもしれません。しかし何百年も前の庶民の努力の賜物なのです。そこのところが岩国市民が誇りに思うゆえんなのだと、澄川さんに気づかされました。11月7日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-11-07 19:04

岩国基地の今日

 日米共同統合演習最中の今日、岩国基地はどのような動きでしょう。FA18の部隊は242と224部隊がいるようです。昨日も今日も結構飛んでいましたね。今日は西岩国の上空を基地方面に飛んでいましたから、韓国または日本海側からの帰りでしょう。今のところ演習とは直接関係ないかもしれません。

 統合演習には31海兵遠征隊とジョージ・ワシントンが参加するそうですから、岩国基地のFA18も必ず参加するでしょう。沖縄・九州地域が演習地域とされていますから、おそらく直接岩国基地から爆装して参加するのではないですか。朝鮮半島での演習も岩国基地から出撃することが多いですが、場所は違っても形は変わらないのではないですか。  11月6日

 
[PR]
by kumekeisuke | 2012-11-06 19:18