久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

共生の場

 今日はNPO法人つながるネットの記者会見。3月20日に行う認知症カフェのことについてです。私たちのカフェの特徴としては医師・弁護士などの専門家が相談を受けるということを一つの特徴にしています。

 どのようなタイプの認知症カフェを目指すかと言えば、共生の場です。多職種の人たちと幅広く交流することができる場を目指します。認知症になっても孤立していなければ破滅的になることはありません。人間関係の希薄さや情報の少なさが貧困や家庭崩壊をもたらすと考えます。誰もが寛げて楽しめる場は、認知症の人や家族にとってもいい場所でしょう。

 地域包括ケアシステムを構築するには市民活動が大切な要素と言われます。医療や介護に関係なくとも地域包括ケアシステムには役立てるということをお見せしたいとも思います。

by kumekeisuke | 2019-03-13 14:12