久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

審査請求から1年

 愛宕山運動施設の現地実施協定書の非開示決定についての審査請求はすでに1年を経過しました。私は昨年の2月22日に提起しています。聞けばまだ岩国市情報公開・個人情報保護審査会の答申もでていないようです。諮問は昨年7月ですから、ずいぶん時間がかかっています。

 そもそも行政不服審査法は「簡易迅速かつ公正な手続き」(第1条)を旨としています。2014年の改正においては国民の利便性の向上のために「審理の迅速化」が強調されています。具体的には「標準審理期間の設定」「審理員による審理手続きの計画的遂行」などが決められています。

 岩国市は努力義務ということで「標準審理期間の設定」をしていません。岩国市も審査会も法の趣旨を理解しているのでしょうか?あまり遅いようなら法の趣旨と違うということで公開質問をしてみようと思います。

by kumekeisuke | 2019-02-27 17:10