久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

口頭意見陳述を経験して

 今日は午前10時から愛宕山運動施設の現地実施協定の公文書開示にかかる私が異議申し立てをしている審査請求についての口頭意見陳述がありました。あらかじめ質問を準備していきましたが、処分庁(岩国市拠点整備推進課)とのやりとりはおよそ1時間かかりました。問題点ははっきり見えましたが、この会議録は審査庁(岩国市総務課)が作成するそうです。また最終的な反論書の提出もみとめられましたから、これも提出しようと思います。

 愛宕山運動施設内での警察権の問題ですが、日米地位協定17条10項aは「合衆国軍隊の正規に編成された部隊は又は編成隊は、第二条の規定に基づき使用する施設及び区域において警察権を行う権利を有する。・・」としています。共同使用といえども愛宕山運動施設内での日本の警察権行使は無理のはずです。でも岩国市は行使できると思っているようですよ。

 山口県警察が「刑特法10条」の解釈で米軍が警備していないところは警察権があると答弁したところによるようですが、常識的には無理な話です。でもなにか米軍・国・県警で協議がされたのかもしれません。だとしたらその内容は明らかにするべきですね。できないというのなら何かとんでもない内容なのでしょう。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-07-04 16:53