久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

イージスアショアは集団的自衛権行使の布石

 明日防衛省が山口県に来て、イージスアショアのむつみ演習地配備について地元知事・首長に説明するそうです。この件についてはいままで何度かこのブログで触れてきましたが、一山口県民、岩国基地のある自治体の住民として、少し語りましょう。

 以前も書きましたが元自衛隊幹部によると、このイージスアショアの役割は米海軍イージス艦の一部を代替することなのだそうです。「日米イージス艦の運用の柔軟性を格段に向上させる」とも書いています。ようするに日米一体となって北朝鮮はもとより中国・ロシアも含めてこれらの国に対して防衛システムをつくるということです。

 岩国基地には最新鋭戦闘攻撃機F35Bが配備されています。F35Bのセンサー能力は非常に優れているとされています。そして最新鋭早期警戒機E2Dも艦載機として配備されています。このE2Dこそ情報ネットワークの中心、まさにキーストーンです。米海軍・海上自衛隊のイージス艦、E2D、F35B、EA18Gなどがデータリンクのネットワークをつくるのです。そしてそれにイージスアショアは中心として加わるのです。

 日米一体、まさに集団的自衛権の行使以外のなにものでもありません。そしてこれが平時から日常的に行われる可能性が大きいのです。アメリカの戦争に日本が山口県が巻き込まれる懸念大です。とりわけイージスアショアは固定していますから、もっとも敵攻撃を受けやすいのです。こんな物騒なものを山口県に作るなんてとんでもないことです。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-05-31 20:29