久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

フェアプレイ

 愛宕山の運動施設については、陸上競技場部分も完成に近づいているようです。先だって米軍と岩国市の使用協定書の非開示を岩国市に不服申し立てしたことはこのブログにも書きました。考えてみればこんな日本人としての基本的人権が侵害されているところで、青少年がスポーツをして本当にスポーツマンらしい精神が育まれるのか疑問に思います。

 市民が使う公園でありながら、その所有者たる米軍との権利関係が明らかにされていない。その開示が拒まれる。あきらかな米軍による岩国市民の当然の権利、知る権利が侵害されています。そのような場所で青少年がスポーツすることになんの疑問も感じないのでしょうか。きれいで大きな施設であれば子どもたちが喜び、その成長が促されるというのは間違いと思います。

 スポーツに必要なことはフェアプレイの精神を育むことではないでしょうか。JOC日本オリンピック委員会によればフェアプレイとは、運動競技で正々堂々たるふるまい。公明正大な行為・態度とされています。オリンピック精神は友情・連携そしてフェアプレイにもとづく相互理解が必須となっています。

 どう考えても今回の米軍と岩国市の対応はこれらの精神に反します。どんなに立派な施設であろうとこれでは教育上よろしくないと考えますが?いかがでしょう。

[PR]
by kumekeisuke | 2018-03-08 18:29