久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

地域医療ビジョン

 今日は山口県庁まで行ってきました。H27年度から始まる地域医療ビジョン策定に先駆けて県が説明会を開いたからです。全県的に参加していましたが、岩国地域からの参加は少なかったようです。

 2025年、団塊の世代が後期高齢者になるときまでに、医療機能の分化、連携を図り少ない医療資源を効率的に使いたいという国の方針に基づいてビジョンは策定されます。要するにとりあえず山口県では急性期と慢性期の病院を減らし、回復期の病院、病床を増やしたいということのようです。そのためには県が命令、勧告ができるという手荒い手段も法的に可能となっています。でもこれは職業選択の自由を侵すことになりませんか、憲法違反と違います?とにかく強気です。

 この問題はすぐれて地域の生き残りの問題です。医療・介護の遅滞、衰退は地域の崩壊を意味します。         3月24日

 
[PR]
by kumekeisuke | 2015-03-24 20:34