久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

安保法制、自公合意

 今国会で成立を狙う安保法制の骨格がかたまったそうです。いろいろありますが私なりに問題点をあげればひとつは地理的制約をはずしたことでしょう。日米安保条約はどう考えても極東の範囲でしょう。それから海外派兵を恒常的にできるようにしようとすること、憲法に違反します。そして二つとも従来の政府の対応や答弁とはまったく次元の違うことです。

 もはや道理もなにもあったものではありません。将来この安倍政権化でのすさまじいまでのアンチ民主主義的、法の支配を逸脱した行為はきっと重要な研究対象となるでしょうね。日本は今大きな曲がり角に来ているようです。国会を通じてはできないはずよね、民主主義をひっくり返すというのは。それをやろうというのですから、これをやったのはナチスではありませんでしたか?この安保法制は憲法を改悪しなければ、絶対に国会を通せない法案です。  3月21日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-03-21 18:24