久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

認知症カフェ交流会にて

 今日はNPO法人つながるネット主催で「認知症カフェ交流会」を行いました。錦月堂という喫茶店で実施したのですが、ケーキとお茶をいただきながらの交流で21人の参加者でした。さして宣伝したわけでなくこじんまりとやろうと当初から計画していたのですが、3団体が参加し経験と意見を述べてくれました。(このうち2団体が文書での参加・・やはりウィークデイはいろいろ仕事がつどいます)

 認知カフェは国も新オレンジプランの中で重要な位置付けをしている施策です。山口県に聞くと、今年の5月現在県下では71の認知症カフェがあるそうです。岩国市はそのうち5件です。下関市がダントツで19か所なのだそうです。下関市での主催は多様で、社会福祉法人・医療機関・家族の会・個人などでまちづくりとの関係で取り組むこともあるようです。

 国は地域包括ケアシステムの要素として、医療・介護・予防・住宅・市民活動をあげています。医療や介護の現状は厳しいものがありますが、それならせめて市民活動を活発にすることも必要でしょう。認知症カフェは誰も?が取り組める活動と思います。

[PR]
# by kumekeisuke | 2018-09-19 18:07
 今日ある雑誌を見ていると、今更ながら岩国基地の機能強化の変化に思い至りました。現在岩国基地の海兵航空隊の常駐部隊は3部隊です・・VMFA121,VMFA(AW)242、VMGR152。そして本国からローテーションでやってくるVMFAもしくはVMFA(AW)の部隊が一つです。

 私の記憶では1990年代初めころまで、戦闘攻撃部隊も攻撃部隊も4部隊すべてローテーション部隊だったのです。VMGRは当時まだ普天間でした。要するにこの20年間で岩国基地の常駐部隊化が著しく進んだのです。アメリカの世界戦略おける岩国基地の位置付けも変化したとみるのが当然でしょう。

 この一番の原因はもちろん「滑走路移設事業」の完成です。以前の岩国基地は基地としては脆弱で簡素なものだったのでしょう。ところが滑走路移設事業とその後の米軍再編のための莫大な予算をつぎ込んだ基地建設事業は、岩国基地をまったく新しい基地に作り替えたと言っても過言ではありません。

 もちろん太平洋重視の現在のアメリカの世界戦略の影響もあるでしょう。しかし岩国基地の基地としての機能強化がアメリカが戦略を考えるうえでとても重要な要素になっているだろうことも容易に想像できます。空母艦載機の拠点基地となった今、世界戦略において最も重要な出撃拠点基地になったことはまちがいありません。

[PR]
# by kumekeisuke | 2018-09-17 17:06

エルマーの会保護者会で

 今日は午前中エルマーの会(発達障がい者の保護者で構成されている会)で簡単なセミナー。社会保険労務士や行政書士の仕事について教えてとのことでしたが、そういうことは少しばかりにして、未来の岩国地域の人口構成について話ました。資料をもとに説明しましたが、75歳以上、85歳以上の高齢者の数と割合が非常に高くなることを指摘しました。医療難民、介護難民、死に場所難民が激増する可能性があります。そういう社会でどのように生活していくか今のうちに対策を考えることが必要ですね。
[PR]
# by kumekeisuke | 2018-09-15 17:22

認知症カフェ交流会

 久しぶりのブログ書き込みです。なにかいろいろあって10日も間空いてしまいました。ところで告知を一つ。NPO法人つながるネットで来週水曜日19日午後2時から岩国市麻里布町の喫茶店「錦月堂」で認知症カフェ交流会を開催します。

 現在岩国市で市の補助金を受けて認知症カフェを開いている団体は5団体ですが、そのうちの3団体に集まっていただき交流します。一人400円の参加費で飲み物ケーキを出します。これからの地域社会の認知症対策の一助になれば幸いです。どなたでも参加できます。

[PR]
# by kumekeisuke | 2018-09-14 18:01

目を疑う光景

 今日未明の北海道の地震、大変なことになっていますね。あの厚真町の土砂崩れの光景はこの世のものとは思えないものです。なんと感想を述べたらいいのかわかりませんね。震度7ということですが、どのような揺れなのでしょうか?マグニチュード6.8と聞いていますが、本当でしょうか、もっと規模が大きいように思うのですが・・。

 自然災害が容赦なく日本列島を襲っています。負けないようにしなければいけません。頑張ろう日本ですね。

[PR]
# by kumekeisuke | 2018-09-06 18:48

銀シャリ

 日中は暑いといっても、大分涼しくなりました。外でのランチもそろそろ楽しめるかもしれません。高校生のころ友達と学校の屋上で弁当を食べていたことを思い出します。

 我が家は健康のため?五穀米をご飯に入れて食べているのですが、今日は五穀米は入らずいわゆる銀シャリでした。見た目はきれいですが、なにかでんぷんをそのまま食べているようで、ちょっと違和感が・・!ある人がご飯はいわば砂糖を食べているようなものと言ってましたが、あの白さが少し不気味でした。秋は味覚の秋でいろいろおいしいものがあります。寄る年波に鑑み節度のある食事にしなければいけませんね。

[PR]
# by kumekeisuke | 2018-09-05 21:02

第二室戸台風

 台風21号が大きな被害を出しているようです。この台風は1961年の第二室戸台風と同じようなコースなのだそうです。私はこの第二室戸台風を実際体験したものです。まだ幼稚園でした。徳島市の市街地に家はあるのですが、床下浸水しましたね。もうちょっとで床上まで水が来るところでした。父や母が畳を挙げていたのをおぼえています。隣の鉄筋コンクリートの家に子どもは避難しました。いまになって考えるとなんとも優しい隣人です。

 人生におけるもっとも甚大な天災でしたね。玄関先の側溝のふたからあれよあれよという間に水が上がってきて、床下浸水です。母は高潮の影響だといっていました。我が家は決して海辺ではありません。海からは5~6km離れているのですが、なにしろ徳島市の中心部は吉野川の河口の三角州にできたような街で、海抜は高くないと思います。小さい頃の経験は鮮烈です。以後台風は恐ろしいものとしています。

 今回の台風の被害はまだわかりませんが、台風の強さやコースから考えて心配されますね。この夏は自然災害の恐ろしさを嫌というほどみせつけられました。災害にたじろがない気持ちがこれからの日本人には求められるのかもしれません。

[PR]
# by kumekeisuke | 2018-09-04 17:41

往生際の悪い人たち

 今日夕方TBS系の報道番組を見ていたら、無性に腹がたってきましたね。青森県で2年前に中学生がいじめで自殺した事件の特集でした。青森市の教育委員会が自殺の原因を「いじめ」と限定しなかったことについて、父親が追求し続けとうとういじめを認めさせたということでした。

 最初の調査では自殺の原因の主な理由は「思春期うつ」ということで「いじめ」は否定されていたとのこと。これにはびっくり、調査してもなおかつ真実がわからなかったというのですから・・。調査員と教育委員会の無能ぶりと学校の愚鈍さには唖然です。

 再度の調査でとうとういじめが主な原因だったと認めたということです。父親・家族の苦労が報われてよかったと思うと同時に、彼らがこの間どれだけ苦しかったことかに思いを馳せました。最後に中学校の校長が父親に謝るシーンがありましたが、校長の人間としての下品さがよく出ていました。まったくどこの学校にも人格欠陥者がいるなあと思った次第です。

[PR]
# by kumekeisuke | 2018-09-01 19:38

障がい者雇用数水増し

 中央省庁の障がい者雇用数が水増しされていたという問題は日ごとにその実態が明らかになっています。今日厚労省は地方自治体にも調査を要請したようです。障がい者雇用の問題は一気に改善されることはないようです。もともと社会の意識は激変しないものですから・・。ただこれを契機に日本社会全体が障がい者雇用についての認識を変えてもらいたいですし、変えなければいけないと関係者の一人として思うものです。

 今回の件で私はもう一つの危機感をもちました。それは中央省庁のコンプライアンス意識の低さです。こんなことを平然と行い、それを公表していたのですから。もりかけ問題を見ても官僚の卑屈さ、その場しのぎの無責任な対応にあきれ果てます。最近優秀な若者が公務員を避ける傾向にあると聞きましたが、これではなるほどと思います。高級官僚ほどかっこ悪くみえますから、若者は集まらないですよね。

 権力に近いという利点はありますが、やはりかっこよくなければ人気はでませんよ。

[PR]
# by kumekeisuke | 2018-08-31 16:08
 今日は午前中瀬戸内ネットの記者会見。今月22日岩国市に申し入れをしたのですが、その際岩国市が基地との確認事項とする「市街地上空の飛行高度は4000フィートに変更」について、市街地という言葉が英語ではなんとなっているのか問うていました。岩国市からの回答は「確認事項は日米協議会について岩国市が作った議事録をまとめたものであり、英語については確認できない」というものでした。

 岩国市のいう確認事項とは議事録をまとめたものでしかないのです。今更ながらこれには驚きました。12年間市会議員をしていたのに不勉強でしたね。岩国基地と岩国市が約束したものではないのですよ。本来であれば協議会で確認された事柄は責任あるものがお互い文書にサインをして取りかわすものでしょう。

 たとえば先に書いた飛行高度の制限などは昭和51年10月23日のオペレーション部長の発言をもとにしているだけなのです。もともと岩国日米協議会というのは法的根拠をもって開催されているものではありません。40年以上も前の一部長の発言にどれだけの効力があるのでしょうか?岩国市の言う確認事項の効力はあやしいものです。

[PR]
# by kumekeisuke | 2018-08-28 20:28