久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

柳井行

 今日は周南市徳山へ次女を連れて行き、帰りは柳井の士業の先輩のところに研修に。188号線を上ったのですが、下松市、光市、田布施町、平生町と移動するにつれ、いつもと違った景色を見てきました。1月というのに188号線沿いの町並みは陽光がさして、明るいイメージでした。明らかに岩国市とは雰囲気が違います。光市の海岸から見る海はやはり周防灘です。外海の風情があります。広島県からみるおだやか・のんびりの瀬戸内海とは違いますね。意外と柳井市まで遠くて、結構疲れました。

# by kumekeisuke | 2019-01-14 18:55

複式簿記

 最近必要性があって、財務会計の勉強をしています。恥ずかしながらようやく複式簿記の意味がわかりました。もちろん損益計算書や貸借対照表についてはそれなりに数字を拾って読むことができたと思っていますが、やはり正確な知識が必要です。

 新書版で「財務3表一体理解法」という本は現在の私にぴったりの本です。会計の専門家になるわけではありませんから、財務諸表が読解できればいいわけで、重宝しています。著者は私の大学の後輩になりますが、工学部からMBAを取得している方です。随所にちりばめられているエッセイも有意義です。

# by kumekeisuke | 2019-01-13 11:49

馬毛島買収

 先日来、防衛省が馬毛島を今年度中に買収するというニュースが報じられています。私もテレビ局にコメントを求められましたが、いくら馬毛島にFCLPの施設が完成しても、岩国基地でFCLPが実施されないという保証はないのです。もちろん施設の完成には相当の年月が必要でしょうし。

 その理由の一つは馬毛島が岩国基地からおよそ400kmも離れていることです。もともと米軍は母基地から185km以内を望んでいました。馬毛島は東シナ海の孤島です。天候の安定は望めないでしょう。特に夏から秋にかけては台風の心配が大きいですね。空母の出港は日にちが決まっています。予定通り馬毛島で訓練できないとなると、やはり岩国基地でしょうね。おまけに航空運用マニュアルにはFCLPの実施要綱が載っていますしね。整備員やパイロットの都合を考えても、やはり母基地が便利なものです。

 もう一つの理由は、日米政府が岩国基地でのFCLP禁止を合意していないことです。2002年2月4日付「日米両国政府了解事項」でも、「引き続きできる限り多くのNLPを硫黄島で実施する」という内容です。馬毛島に施設が完成してもこの「了解事項」生き続けるのではないですか?岩国基地でのFCLP強行の危険性は続くのです。

# by kumekeisuke | 2019-01-11 16:49
 テレビのワイドショーでは韓国海軍艦船の自衛隊機へのレーダー照射事件はたくさん取り上げられています。米軍はにがにがしい思いでこの騒ぎをみているでしょうね。先日から取り上げているIAMD構想は、米軍内でのアセットの統合運用と、同盟国のアセットをもIAMDに一体化させることが必要といわれています。

 東アジアでは米軍が指揮をとって、日米韓がネットワーク化されなければいけないのに、現場では日韓がいがみあっているというのではね・・・。具体的には交戦規定(ROE)、戦闘時敵味方識別(CID)などが国際的に交渉されることがあるようです。日本と韓国のナショナリズムが期せずして米軍の意図を挫いているわけです。

 ちなみに、米海軍は敵対する意図を見せたビークルに対して、自衛権の行使を認めているそうです。・・・サンレモマニュアル(交戦規定と考えていいでしょう)。レーダー照射は敵対する意図を見せたこととされているようです。本当に米軍相手にレーダー照射したら戦争でしたよ。

# by kumekeisuke | 2019-01-08 16:09
 いずも、かがの空母化については、昨年12月触れたことがありますが、IAMDとの関係で重要な観点が落ちていました。IAMDは、消極防衛、積極防衛、攻撃作戦、統合するC2(指揮・管制)を4本柱として体系化されています。いまのところ防衛省も攻撃作戦=策源地攻撃には触れていません。しかし米軍との共同作戦の関係上、いずも、かがに搭載されるF35Bは次の段階として策源地攻撃に参加する可能性があるということです。これは単純に空母が策源地攻撃に使用されるというレベルではなく、IAMD構想の結論としてより必然性を持って策源地攻撃に参加するということです。
# by kumekeisuke | 2019-01-07 09:01

CEC

 少し前の報道ですが、航空自衛隊のE2DにCEC(共同交戦能力)を搭載することを検討しているそうですね。CECというのはニフカに絶対必要な装備です。最新の情報のネットワーク化装備とでもいえるものでしょうか?米軍との情報共有も当然可能ですし、ある航空評論家に言わせれば、集団的自衛権の肝というものだそうです。

 知らなかったのですが、昨年7月に進水したイージス護衛艦まやにはすでにCECは搭載されているのですね。イージスアショアにも搭載されるのではないですか?ますますもって危険です。

# by kumekeisuke | 2019-01-06 20:06

IAMD 

 米軍にはIAMD(Integrated Air and Missile Defense)という技術コンセプトあがります。このブログでも何回か書いたニフカもそうですが、いわゆるA2AD(接近阻止・領域拒否)に対抗するためのものですが、具体的には「部隊防護と米軍の戦力投射能力の確保」が目的とされ、「弾道ミサイルと巡航ミサイルへの同時対処を求めるもの」だそうです。

 イージス・アショアってまさにこれでしょう。日本に二つも作って、大変です。アメリカの世界戦略にこれでもかと組み込まれるものです。そして財政的にも大いにアメリカの企業に貢献するものですよね。

# by kumekeisuke | 2019-01-05 16:00

F35Bローパス

 午後少しの時間ですが、久しぶりに岩国基地の北エンドに。運動不足解消の散歩もかねてのことです。朝からよく飛んでいましたが、2時30分過ぎ、F35Bが3回ほどローパスをしていました。最後は北のパッドに垂直着陸。正月3が日はほとんど飛んでいないと思いますが、これからどうなるのでしょうか?
# by kumekeisuke | 2019-01-04 15:24

2109年1月1日

 謹んで新春のお慶びを申し上げます。2019年が始まりました。今年も恒例となった初詣を長女と一緒に厳島神社に。午前10時ころに宮島につきまたが、やはり相当の人混み。参拝を終えたのは11時を過ぎていました。これまたいつものように神社近くのあなごめし屋Yであなごめしを食し、お土産に地元で人気といわれるIでもみじ饅頭を買い求め帰宅しました。

 あなごめしのYはネットなどでも評判がいいらしく、すでに並んでいましたね。確かに1900円と少し高いのですが、あなごの風味を感じる上品なものです。私はここのあなごめしが一番と思っています。店も自信があるらしく、あなごめしと焼き牡蠣しかありません。隣を見ると朝から日本酒を飲んでします。正月は朝からお酒を飲んでもいいという日本の文化を目の当たりにしましたが、こういうことが飲酒運転につながるのだとおもっています。日本人はアルコールの摂取に罪悪感がなさすぎと思います。かってのお酒大好き人間の私に言う資格はないかもしれませんが・・。

 ところでYの日本酒メニューを見るとすべて広島県生産のものばかりです。すぐ近くに岩国という酒処がありながらです。確かに広島県もいい日本酒がありますが、これだけ岩国市に近いのですから、一つぐらい置いておいてもいいのにと思った次第です。でもどうしてでしょうかね。宮島の人たちには岩国は外国という感覚なのでしょうか?

 もみじ饅頭のIは安くておいしいはずだったのですが、なんと1個100円になっていました。ここも評判がよくなったのでしょう。やはり行列ができていました。来年からは考えなくてはと、哲学的思考?にふけりながら帰途につきました。


# by kumekeisuke | 2019-01-01 15:08

大晦日の吉香公園

 今日は全国的に大晦日ですね。次女の文子と城山登山を敢行。次女は写真にもあるように太めなのですが、なかなか元気です。ほとんど休まずに登り切りました。山頂からの景色は空気が澄んでいてとても気持ちのいいものでした。二人ですがすがしい気持ちになって下山したものです。もう山には紅葉の風はなく、いよいよ冬の景色です。城山に上る外国人は多いですね、ほとんど軍関係者でしょうけど。家族連れが多いのが特徴ですね。

 

# by kumekeisuke | 2018-12-31 16:08