「ほっ」と。キャンペーン

久米けいすけのブログ


by kumekeisuke
 七月 周東町の修成小学校で基準を超えるヒ素が検出されたことが明らかになりました。その後の調査で近くの公共施設や民家からも基準以上のヒ素が検出されています。
 私は七月二十七日、古谷清子・高岡あきら両市会議員と保健所に、原因究明・抜本対策などを求め申入れをしました。
 修成小学校の問題では、六月二十九日に検査結果が出ていたにもかかわらず、市教育委員会から通知があったのは、七月十九日です。この間 事実上何の対策もとられておらず、児童が基準値以上のヒ素が入る水道水を飲んだ可能性があります。
 検出されたヒ素は微量かもしれません、しかし児童の安全・健康を守るということは何よりも優先されるべきです。
 「子どもたちは、行政や社会から大切にされている」という思いが必要なのではないでしょうか。通知が遅れた理由はよくわからないのですが、教育行政のあたたかな思いが子どもたちに届く、そんな対応をしてもらいたいと思います。
[PR]
by kumekeisuke | 2006-08-10 09:53 | 教育