久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

岩国市での孤独死

 今日は駅前地区のある民生委員さんとお話。高齢者の孤立について現場の意見を教えてもらいました。その民生委員さんの受け持ち範囲でもやはり孤立死があるそうです。

 なんとなれば、つい最近アパートで孤立死があったそうです。窓にハエがたかり、臭かったそうです。そのすぐ下の部屋に水滴が落ちてきそうな。悲惨な話です。

 民生委員としての要望はと聞くと、行政との情報の共有と一人で活動することに不安があるためにパートナーがほしいとのことでした。状況をきくと民生委員の皆さん本当に頑張っているようです。頭が下がります。

[PR]
# by kumekeisuke | 2017-09-21 19:53

岩国平和塾

 岩国平和委員会の主催する岩国平和塾で話をすることになりました。9月28日19:00から21:00まで岩国市の中央公民館3階第1講座室です。興味のある方は来てください。

 米韓合同演習時の岩国基地の動き、アメリカの世界戦略上の岩国基地の位置づけ、空母艦載機移転後の危険性、時間があればオスプレイのことなどにも触れたいと思います。できるだけ事実を話したいと思います。

[PR]
# by kumekeisuke | 2017-09-19 21:09

FCLP基地は白紙?!

 昨日付の産経新聞には「艦載機岩国移転後のFCLP基地が予定されていた馬毛島について、国と地権者との間の買収交渉が難航し馬毛島を断念する方向」という記事がでています。もしこの記事が本当ならFCLP基地については白紙に戻ったわけです。記事は九州・四国の既存の民間空港を中心に代替候補地を選定するともしています。おそらくこんなリーク記事がでるんですからどこか当てがあるのでしょう。

 さて今一度岩国基地移転後のFCLP基地について考えてみましょう。そもそも米軍は岩国基地の100ノーティカルマイル(約185km)以内にFCLPの基地がほしかったのです。馬毛島までは400kmですから米軍の要望にはそわなかったのです。

 国会図書館の鈴木滋さんの「在日米軍のNLPと基地問題」という論文には、「米軍の規則に185km以内の施設でおこなうことになっている」とあり、昭和59年2月16日の塩田防衛施設庁長官の国会答弁で「米側は厚木基地から100マイル以内にある関東及び周辺地域で基地提供を希望した」ことが明らかにされたとなっています。繰り返しますが馬毛島は遠いのです。

 では岩国基地からおよそ200km以内にどんな民間空港、自衛隊基地があるでしょう。いくらなんでも民間機がたくさん離発着している空港はだめでしょうから、あまり飛んでいないかつ貧窮しているような空港が考えられます。たとえば石見空港とか・・。

 ただどうも民間空港を候補にするのは本当かな?と半信半疑です。もし民間空港ならやはり、日米地位協定2条4項にもとづく提供がおこなわれなければいけないでしょう。ハードルが高いのではないですか?新しい日米ガイドラインでも民間の使用は緊急事態へ備えてのものとされています。やはり、自衛隊基地でしょう。ガイドラインでも日米の施設・区域の共同使用強化がうたわれています。

 そうすると防府北基地や小月基地など山口県の自衛隊基地もありえます。福岡県の築城基地、宮崎県の新田原基地なども候補になりませんか?そしておそらく分散してのFCLPではないでしょうか。基地機能の分散化は在日米軍のトレンドでしょう。もともとFCLPは三沢・岩国・厚木で分散して行われていたのですから。米軍の要望に応えるべく国の対応がエスカレートしてくるのは危険です。

[PR]
# by kumekeisuke | 2017-09-18 20:43

スカッドERとノドン

 なにやら解散風が吹いているようです。民進党がこけているのと野党共闘にひびが入りそうなのをみて、安倍首相の先制攻撃というところでしょうか。それからもう一つ北朝鮮情勢で有利と考えたのではありませんか。

 北朝鮮の威嚇をこれ幸いとばかり利用しているように思えるのですが?考えてみれば北朝鮮の脅威は今に始まったことではありません。確かに日本の上空をミサイルが通過することはけしからぬことですが、火星12ミサイルは中距離弾道弾でグアム向けです。

 日本への脅威は準中距離弾道弾のスカッドERとノドンです。聞いたところによるとこれらのミサイルは実戦配備されていることが確実というではないですか。岩国基地など射程1000kmのスカッドERの完全に射程内です。四発同時に発射されたあのミサイルがスカッドERのようです。

 安倍首相を見ていると、自国の国民の安全よりアメリカの安全保障が優先されているように思えます。そして北朝鮮の政治利用を画策?ではないでしょうか。

[PR]
# by kumekeisuke | 2017-09-17 18:03

博多にて

 昨日まで(火曜日から金曜日まで)、福岡市にいました。社会保険労務士連合会の講習を受けるためです。社労士になるには試験に受かっただけではだめで、通信と面接両方の講習を修了しなければいけません。修了証をいただきましたので、晴れて社会保険労務士有資格者になったわけです。

 福岡市というより博多といった方がなじみのある街です。気が付いたことが二つ、空港が近くて本当に市街地の頭の上を結構低く離発着の旅客機が飛ぶのです。それと信号に歩車分離式が多いことです。緑が多くて広島市よりは大きな都市です。住めばいい街でしょう。

 ところで懈怠を何と読むでしょう。普通は「けたい」といいますよね。でも法律用語では「かいたい」というようです。ここらが法学部出身でない人間のつらいところです。いままで知りませんでした。講習を受けていた人たちはみなさんまじめでいい人のようでした。きっと信頼される社労士になられるのでしょう。

 明日は台風18号が直撃しそうです。被害が少ないことを願うばかりです。

[PR]
# by kumekeisuke | 2017-09-16 20:15
 昨日の中国新聞には、米軍機から飛行計画が国土交通省に通知されているにもかかわらず、自治体に情報提供がされていないとの記事が載っていました。確かに日米地位協定に基づく航空特例法は「航空法第6章の規定は、政令で定めるものを除き、適用しない」としています。そして政令は「96条から98条まで、99条の2」を除外の条文と規定しています。

 最低高度などは日本の法律からは外れますが、飛行計画の提出や日本の管制に従うことは義務づけられています。米軍機といえども管制を無視して傍若無人に飛び回ることはできないのです。またそんなことをしたら米軍機も安全に飛行することはできません。

 そもそも現代において、管制がなければ航空機は混雑している日本の空を飛ぶことはできないのです。一見広そうに見える空ですが、猛スピードで移動する航空機の安全はひとえに管制にかかっていると言っても過言ではありません。平面的な交通整理だけではなく、高度も考慮し、間隔を維持しての交通整理は管制官の相当の努力のたまものです。航空機の運用にとって管制は極めて重要です。

 しかしだからこそ米軍は日本の空に自らの管制権を持つ空域を確保しているのです。そしてその権利に固執するのです。

[PR]
# by kumekeisuke | 2017-09-15 20:46

夜間訓練

 今日11日、夜はうるさかったですね。ホーネットが離発着を繰り返していました。おそらくVMFA242でしょう。マニア筋の話では夜間のGCA(グランド・コントロール・アプローチ)を使っての着陸訓練ではないかとのこと。夜でなければできない訓練です。一見空母艦載機のFCLPにも似ています。もっともFCLPは急降下・急上昇を繰り返しますから、騒音被害はもっと大きいですが・・・。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-09-11 21:14

オスプレイの特徴

 今日は私が勤める高齢者住宅に、川下保育園の年長組の子どもたち、16名が敬老の日を前に敬老のお祝いに駆けつけてくれました。歌あり踊りありふれあい遊びありで、入居者のみなさんは大喜びでした。みなさん口々にかわいい、かわいいを連発でした。

 ところでまだ岩国基地にはオスプレイが残っているのですね。2週間も格納庫の中にいて、今日もなにやら整備していたそうです。先日の白煙を上げたオスプレイも整備ミスなのでしょう。オスプレイの調子の悪い機体をなんとかしようとしているところでしょう・・?時期が時期だけに慎重にやるものと考えます。これで故障するようならこの機体は使えませんね。

 オスプレイの特徴は2012年日本政府の調査結果にあるように、限界的な運用の時にトラブルを起こすのと違いますか?レックスリボロ氏もPIOが多いとか、機械的な動きが苦手、小さな操縦ミスが事故を招くなど指摘しています。安全性が確立していない、航空機であることは確かです。

[PR]
# by kumekeisuke | 2017-09-11 19:24
 「九条の会」がだしているブックレットに浦田一郎さんが「安倍首相改憲発言の憲法論的検討」という小論文を寄稿しています。大変いい勉強になりました。政府解釈の変化や九条に自衛隊加憲をすることによりどうなるか、などです。率直に言って私あまり政府の「自衛力論」が理解できていなかったのだなあと反省した次第です。

 ただ浦田さんは日米権力の最終目標を「アメリカが行う戦争の前線の戦闘に、自衛隊を他国の軍隊と同様に参加させること」としてます。そして自衛隊加憲だけでなく、九条二項の削減がそのために必要なのだとしています。私は現時点での最終目標は自衛隊加憲なのだと思います。なぜならこれから20年・30年いやそれ以上のスパンで、米軍が自衛隊に求めるものは中国封じ込めの一翼を担ってもらいたいということだからです。対中国ならいわゆる限定的な集団的自衛権の行使で対応できます。もちろんずっと先の将来のことはわかりませんが・・・。

[PR]
# by kumekeisuke | 2017-09-10 12:36
 北朝鮮のICBMがいつ発射されるか、関心が集まっています。国民は不安を感じながら、なにか政治家に任せてしまう感じになっていませんか?これおかしいでよ。今こそ「なにはともあれ戦争反対」と叫ぶべきでしょう。

 こんなことをいうと北朝鮮を利するものだとか、批判されそうですが、自分の思っていることを言ってなにが悪いのかと・・・。考えてみればベトナム戦争のときは、理由なんてなく「戦争反対」が世界の世論だったのではありませんか。ビートルズなんて北爆開始のときに「ラブ&ピースで世界を救おう」ですから。

 米朝首脳ややくざな安倍首相に命をゆだねるなんてまっぴらです。ともかく理屈ぬきで叫びましょう。それにしても私たち日本国民はあまりにも朝鮮半島にことを知らなさすぎますよね。特にアカデミックな観点から、北朝鮮の政治や経済が論じられていません。国交がないから仕方ないとはいえません。この情報社会、アカデミックな接近が必要ではないですか。

[PR]
# by kumekeisuke | 2017-09-09 19:14