久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

今日は山の日

 今日は祝日山の日です。いつから祝日なのか記憶にないのですが、巷はお盆ムードですね。山の日にちなんで城山へ。知り合いの若いお母さんにあいましたが、山の日ということで子ども連れできていました。毎週トータルで150分運動することにしています。主治医からの勧めですが、毎日の目標よりある程度の期間を定めての目標の方が達成しやすく取り組みやすいですね。この歳になるとダイエットは筋肉を落とすので、やはり健康管理は運動ですね。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-11 19:28
 やはりそうでしたか、岩国基地常駐のホーネット部隊VMFA242は約2か月間ダーゥインにいましたよ。5月末から展開していたそうです。機数も10機とかいてあります。Aviation Spotters Onlineに載っていました。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-10 19:41
 空母艦載機移転の第一陣ということで、E2D部隊の岩国基地配備が強行されようとしています。すでに今年2月から約3か月先行移駐されていた部隊です。2月2日付の岩国基地ホームページの記事からE2Dの役割を考えてみたいと思います。

 E2Dはアドバンスドホークアイ(改良された早期警戒機)とよばれ、先行するE2Cに比べてその性能は格段の進歩がみられるようです。装着されているAPY9レーダーはステルス戦闘機もとらえることができ、その探知能力は555kmにも及ぶとされています。将来は空中給油機能も備えるそうです。「記事」でも「アジア太平洋のリバランスのための最新鋭の部隊」という位置づけです。そして「ニフカ(米軍が開発中の新防空システム)のセンターピース(中核)」とされています。

 航空評論家の石川潤一氏は軍事研究2015年1月号で「海軍はE2Dをニフカの中心に据え、イージス艦から発射されるミサイルやF35CやFA18E/F、EA18G、UCLASS(無人空母発艦空中監視攻撃)システムなどを組み合わせる形でネットワークを構築する。ネットワーク構築には目標データーを高速かつ大量にやり取りできる能力が必要」と書いています。

 米軍が中国のA2ADへの対応で重視しているのは、海面すれすれで飛行する中国の巡行ミサイルです。巡航ミサイルを打ち落とすイージス艦のレーダーには限界があります。たとえ遠方を探知する能力を持っていても、設置高が20mの場合レーダーでとらえることができる水平線までの距離は16kmといわれます。16kmから先の水平線下は死角になってしまうのです。ですから巡行ミサイルは低高度を飛ぶわけですが、E2Dは空中高く飛行し、水平線の向こう側までレーダーで捕捉することが可能になります。そしてネットワークを使って情報をイージス艦におくりイージス艦からの迎撃ミサイルで巡行ミサイルを打ち落とすことを可能にするのです。システムは複雑ですが、ともかく最新のレーダー、最新の通信システムを備えたE2Dはニフカになくてはならない航空機です。

 E2Dの岩国配備は厚木基地にはなかった機能をもたらすということも含め、一段の機能強化であることは明らかです。

 ところでこのハイテクのE2Dを航空自衛隊も購入することになっているというから驚きです。1機なんと260億円もするのだそうです。予定では4機購入するのだそうです。つまり自衛隊も米軍のニフカのシステムに入ることができるようになるということです。集団的自衛権の行使です。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-07 20:33

岩国基地の位置づけ

 今日は原水禁世界大会広島集会に参加するために広島へ。核兵器禁止条約が国連で採択された直後の歴史的な大会で、久しぶりの参加でしたが意義あるものでした。

 ところで先日ある人から空母艦載機移転後の岩国基地の位置づけについて問われました。少し書いてみようと思います。冷戦時代は第一撃の基地で、いわば先制攻撃用の基地だったと思います。攻撃部隊が出かけると後はどうなろうと米軍は知らないと言われていました(ちょっと極論かもしれません)。 しかし世界情勢が変わり軍事革命ともいわれるイノベーションを経ると当然変わってます。

 まずはトランスフォーメーション・米軍再編です。これは海外の基地を統合して拠点基地化を強めるという一面を持っていました。岩国基地はその方向で拡張され、空母艦載機の移駐が計画されてしまいました。強行されようとしています。

 そして現在は太平洋重視のリバランスです。中国・北朝鮮への対応を考えているんでしょうが、とりわけ中国でしょうね。名前こそあげていませんが、A2ADをいかに打ち破るかが最大の目的です。対中国を考えたときには岩国基地は拠点基地としては近すぎます。しかし逆に相手国(中国)を奇襲攻撃などするには都合よくはあります。初期のエアシーバトル構想をみても、前線の部隊の役割は決定的になっています。岩国基地は当然攻撃目標です。求められることは、抗たん性、回復能力、基地施設の分散化です。この点で行くと厚木基地は絶対に空母艦載機の基地としての機能はなくならないでしょうね。

 北朝鮮については、米韓合同演習などみていると明らかです。岩国基地の部隊は朝鮮半島に展開して攻撃に参加するものと直接岩国から出撃するものとに分かれています。

 結論的にいえば、中国封じ込めと北朝鮮への米軍の最重要レベルの出撃拠点基地ということになりませんか?
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-06 21:06

米軍は姑息

 E2Dはすでに今年2月先行移駐している部隊で、いわば市民になじみのある航空機です。なおかつ低騒音です。まずは負担の少ない部隊で市民の不安をできるだけ大きくしないようにとの配慮ではないですか?姑息ですね。でもFA18の部隊が来れば騒音被害の状況は一変しますよ。

 しかし一方で8月6日に移転が始まるというのはあまりにも無神経ではありませんか?米軍は原爆を落としたということについて、罪悪感が全くないのですね。岩国市は被爆者の多い市です。旧岩国市のときには市民の1%が被爆者でした。市民感情的には8月6日の移駐開始は容認できるものではありません。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-05 07:42

8月6日にE2Dが来る

 今日国から岩国市に8月6日空母艦載機移転の第一陣としてE2D部隊が岩国基地に到着することが通知されました。思ったより早かったですね。これについては思うことがたくさんありますが・・・。

 愛宕山の米軍住宅地の入り口には「ATAGO HILLS」のプレートが掲げられています。憤りを感じることはもちろんですが、やるせなさも感じます。でもこれからが大変、これからどうするかが問われます。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-04 20:12

悲しき天使

 今日は新しい発見?をしました。メリー・ホプキンの「悲しき天使」の歌詞がわかったのです。「悲しい」も「天使」も全く入っていないでのですね。しかしなかなか哲学的かつ抒情的な内容です。元はロシア民謡だったようです。そういわれて聞けば、バラライカが合いそうな間奏です。なにかもの悲しい感じで、彼女の歌声ともマッチしてヒットした曲です。当時は結構こんなネーミングがあったようです。有名なのはカスケーズの「悲しき雨音」、原題は「リズム・オブ・レイン」。これまた悲しい内容の歌詞ではないようです。昔はおおらかだったのですね。

 ところで空母艦載機の先陣はいつ岩国にくるのでしょう。たぶんE2Dになるのでしょうが、第5空母航空団(CVW5)は7月31日にソロモン海域にいるようです。盆明けくらいになるのでしょうか?
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-03 19:55

アーノルド・トインビー

 「コミュニティデザインの源流」という本を読んでいると、懐かしい名前にでくわしました。「アーノルド・トインビー」といいます。あの有名な歴史学者トインビーの叔父さんに当たる人です。経済学者・社会民主主義者、わずか30歳でなくなりながら、歴史に名を残しています。

 一番大きな功績は初めて「産業革命」ということばを世に広めたことでしょう。まさに「the Industrial Revolution」、theという定冠詞を付けた学者です。実は私大学生の時にこのトインビーの「産業革命」をゼミで報告したことがあるのです。当時はなかなか手に入らず、大学の図書館で借りたことを思い出します。

 当時はすごくおもしろいというものではなかったのですが、今読むとどうでしょう。長くない内容でしたから、もう一度読みたいですね。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-02 20:40

暑い一日

 今日は本当に暑かったですね。不快指数が高いというより純粋に気温が高かったという感じです。入道雲も出て、夏らしいと言えばそうですね。ところで阪神はまた広島に負けました。マツダスタジアムで勝てる気がしません。明日負けると広島にマジックが点灯するようですが、どうでもいいことです。ともかく2位を死守することです。

 
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-08-01 22:17

つくつくぼうし

 今日運動公園を散歩していたら、蝉しぐれの中に「つくつくぼうし」の鳴く声を聞きました。つくつくぼうしといえば、秋口に多く鳴く蝉です。「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」という名句がありますが、まさに「つくつくぼうしの声にぞおどろかれぬる」です。暑い盛りですが、確実に季節は移ろいでいることを感じました。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-07-31 20:36