久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

上京して墓参り

 22日23日と上京し、親父の墓参りをしてきました。大分前に納骨されていたのですが、いろいろ忙しく墓参りをしていなかったのです。あまり親不孝をすると罰が当たるかもしれないので、彼岸ということもあり、息子を連れて行ってきました。
 私の出身は徳島なのに、どうして東京かと思うかもしれませんが、兄と姉が東京なのです。お墓は兄が住んでいる町田市にあります。公園墓地というのでしょうか、日当たりがよく、眺めもよく、きれいでしたので、きっと親父も喜んでいることでしょう。
 親父の墓のすぐ近くに新しいお墓があったのですが、墓石を見ると私と同い年の方のお墓でした。義理の姉の言うことには、私と同世代やもっと若い方のお墓もあるそうです。行きの新幹線で読んだ徒然草の「死は沖の干潟はるかなれども、磯より潮の満つるが如し」(死は思いがけずやってくる)という一節を思い出しました。ドキッとしたものです。
 22日の夕方は22年ぶりに大学時代の友人のOクンとあって食事をしました。彼は大手ビール会社に勤めていたのですが、しきりにアルコールは体に悪いからやめろというのです。なんとなく彼が言うと説得力があって、しばらく酒は控えようと思います。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-03-23 22:05

小泉親司さんの話

 今日はイラク開戦5周年でした。岩国でも3・20岩国集会が開かれ、基地までデモをしました。集会では元参議院議員の小泉親司さんが米軍再編と岩国ということで話をされました。国防長官も言っているように、米軍再編は一つの基地でだめになると、全体が壊れてしまいます。小泉さんはそのことの強調をされていました。
 集会後「力にする会」の世話人会があったのですが、岩国・沖縄・座間を結んだ大きな集会をやろうという話となりました。市長選後の運動の組み立てとしては、全国的な運動の連帯の追及がひとつの柱となると思います。
 昨晩は小泉さんといっしょにご飯を食べました。二人でわたりガ二を食したのですが、大変おいしかったです。岩国には安くておいしい店がたくさんあるのです。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-03-20 21:25

匿名のお電話

 川下地域の方から匿名のお電話をいただきました。基地の近くでいつも大変迷惑を受けているということです。改造車の騒音に悩まされているとのことでした。その方のお母さんは車の爆音を聞くと動悸がするというのですから、深刻です。
 以前改造車のナンバーがわかり、岩国警察署に通知をし、改善されたことがありました。今日も何台か改造車のナンバーがわかったので、お電話があったという次第です。米兵犯罪というのは決して殺人・強姦などの凶悪犯ばかりではありません。深夜に大声を出すとか、軒先で小便をするとかのことでも住民は被害を受けているのです。やっぱり米軍基地というのは、なくすしかないのでしょうね。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-03-19 18:59

春が来た

 あたりは春の雰囲気がむんむんです。道行く人たちの顔も何かしらみんな笑顔のようです。
 ただこの春先というのはなかなか曲者です。あの花粉症の季節でもあります。マスクをした人たちが目立つこと目立つこと。オーバーに言えばいたいたしいひとたちさえいます。
 かくいう私もりっぱな花粉症なのだそうです。杉に反応するのだそうです。最近鼻の奥がはれぼったく感じるのはそのせいでしょう。私は小さいころから鼻が悪かったのですが、もともとアレルギーだったようです。
 春は精神が不安定になる時期でもあります。精神衛生に気をつけて働くしかありませんね。
 「心は万境にしたがって転ず 転ずるところ実によく幽なり 流れに従い生を認得すれば 無喜また無憂なり」という言葉がありました(記憶なので間違っているかもしれませんが) 禅の言葉です。この心境になればいいのでしょうが。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-03-18 18:17

観光審議会に出席して

 今日は山口県の観光審議会に出席しました。私は県議会代表ということです。今日の会は大変に勉強になりました。委員全員が発言をしたのですが、私の発言が一番つまらなかったと思います。みなさんの意見はどれも参考になりました。
 そんな中で一つだけ「とりわけ」というのあげると、東京から来たジャーナりストの話です。彼女は世界中を駆け巡っているのだそうですが、世界の観光のトレンドはエコツーリズムなのだそうです。山口県の観光・岩国の観光に決定的にいま求められているのは、海外からの観光客を呼び込むことです。
 エコツーリズムも幅があるのでしょうが、岩国はこの観点から見ると期待が大です。錦川は自然豊かです。ラフティングをやってる吉村君によると、日本一の清流でとてもやさしい川とのことです。錦帯橋はまさに木の芸術です。
 昔ながらの観光に対する意識ではいけないのだなと勉強しました。山口大学経済学部に観光政策科ができているというのもちょっとカルチャーショックでした。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-03-17 19:33
 3月11日から13日までオペレーション・トータルフォースという演習が岩国基地で行われました。基地は運用準備態勢の訓練といっています。わかりやすく言えば基地が攻撃されたときの訓練です。英語でbase-wide readiness exerciseというのだそうですが、readiness という言葉は即応態勢という意味になります。基地が攻撃されたときの準備が十分にできているかをテストするということです。また攻撃があってもおかしくないんだよ、ということを兵隊、家族に知らせるためでしょう。
 この種の訓練は在日米軍基地すべてでやられています。もちろん岩国でも恒常的にやられているといっても言い過ぎではありません。しかし今回の訓練はすこし大掛かりです。沖縄嘉手納基地でも同時にやられたようです。一番の特徴は姫小島で爆弾を爆破させたことでしょう。
 11日の午後5時16分でした。基地の通告では4時30分から5時までに爆破ということでしたが、16分も遅れて行われました。これじゃ何のための通告かと思いますが。爆破に先立ち30分ぐらい前に基地でサイレンが鳴っていました。このサイレンが攻撃予告。そして爆破が実際の攻撃ということでしょう。
 このような訓練がやられるたびに、米軍基地というのは私たちを守るのではなく、私たちを戦争に巻き込むものだ、とつくづく思います。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-03-16 10:13
 今岩国基地に恒常的に配備されているFA18ホーネットの部隊はVMFA212です。他の2中隊はローテーションで6ヶ月交代です。今週212部隊の代わりに242部隊が岩国に配備されました。(212の機体がどうなるかはまだよくわからないのですが)
 この交代が基地強化かそうでないかが、基地ウォッチャーのなかでもいろいろ意見があります。今週の岩国基地公式ホームページにその答えが書いてありました。記事によると、242部隊のホーネットは複座で、212部隊は単座です。そして機能的に単座ができなかった二つの任務ができるとされていました。前線航空統制と偵察です。やはり機能強化でした。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-03-15 12:54

私の討論に知事怒る?

 今日で2月議会は終わりです。先日言ったように私が反対討論をやりました。一昨日知事と岩国市長が上京し、再編交付金と市庁舎補助金の支出が約束されたそうです。本当に国のやり方はめちゃくちゃです。市長によって差をつけるなんて許されません。
 地方自治法や憲法は国と自治体の関係を決めていますが、これを地方自治の本旨とよび、住民や自治体の意思が尊重されることとなっています。国は明らかにこれを蹂躙しています。
 今日の反対討論では、国と軸を同じにして前市長に圧力をかけたと知事を批判しました。
 いつもは議会が終わると控え室に挨拶に来る知事が今日はこられませんでした。
 私の討論に怒ったのでしょうか?
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-03-14 19:25
 委員会も終わり、後は14日の本会議を残すだけとなりました。この議会の反対討論は私の順番です。今議会は予算議会です。当然討論もボリュームのあるものを作らなければないません。実を言うと、私当初予算に討論するのはなんと8年ぶりなのです。事務局の吉田君の手も借りながら、なんとか原稿用紙で10枚ほど書きました。書き終えたら午後5時45分だったかな。頼まれた原稿がまだあって(なんとこれが8000字を今週中)、ちょっとくたびれ。 
 今日は原稿書きの合間を縫って、山口第一法律事務所の事務局やってる、田中君と話をしました。彼は数少ない大学の同窓生です。彼は法学部、私は経済学部なのですが。もっとも大学時代はまったくお互い知りませんでした。
 彼の話だと2月に京都市長選でわずか900票で敗れた、弁護士の中村さんという人は私たちの一級上なのだそうです。中村さんも自治会執行委員をやっていたらしいです。私も経済学部の自治会執行委員をやっていたのですが、年も違うし知りませんでした。まあもともと私ははぐれ派だったし。私の知る限り自治会なんてあまり勉強する雰囲気じゃなかったっけど、中村さんは卒業して奮起したんでしょうね。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-03-12 20:41

自衛隊の傲慢さについて

 イージス艦と漁船の衝突事件は本当に国民に「自衛隊って何?」と思わせました。専門家に聞いたら絶対にありない事故なのだそうです。漁船を見つけることができなかったのか、見つけてもそのまま直進したのか。どちらも考えられないそうです。
 結局自衛隊のおごりが原因だったといえるのではないでしょうか。このままでは国を守るのではなく、国民の敵ということになりそうです。
 明日からの委員会では自衛隊問題を重要な柱にしようと思っています。岩国の南東30キロに海上自衛隊の呉基地がありますが、この艦船の多くは外洋に出るときには、岩国の沖を通るのです。必然的に山口県の漁船や貨物船とすれ違います。狭い瀬戸内海で危険です。12月議会で山陽小野田市での自衛隊のヘリコプターの演習を問題にしました。無通告の演習を民家の上空でやっていたのです。山口県は自衛隊と演習の通告の件では何らかのルールをつくりたいと答えました。ところが聞いたところ自衛隊はこれを拒否したのだそうです。私は委員会で聞くいろいろなことを事前に執行部にいってあるのですが、どうも自衛隊は答えたくないようです。常々思っていることですが自衛隊の隠蔽体質はひどいものです。どこまでも国民にたいして傲慢。これでは今回の事故がおきても不思議ではありません。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-03-09 16:30