久米けいすけのブログ


by kumekeisuke
 6月議会の一般質問でも取り上げたのですが、高額介護サービス費の支給は本人からの申請が必要です。高額介護サービス費というのは、介護保険で利用者が上限額以上払ったときいわば返還されるお金です。先日ある方から投書をいただきました。介護保険事業所にお勤めの方ですが、高額介護サービス費の申請を忘れている利用者が多いので、何とかしてくださいとのことでした。
 質問では、対象者に市・町が通知をするように県として指導するべきとしました。答弁は「きめ細やかに指導する」ということでよかったのですが、後で聞いてみると通知していないのは、岩国市と下関市ぐらいでした。ちょっと肩透かしという感じでしたが、早速岩国市に県から話が行ったようです。今日岩国市の介護保険課に聞くと、近く対象者に通知が行くようになるそうです。投書していただいた方の期待にこたえれてよかったです。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-07-14 18:12
 今日は午後から「瀬戸内海の静かな環境を守る住民ネットワークの集い」の世話人会に出席。私はオブザーバーです。久しぶりに世話人の皆さんとお会いしましたが、腰の具合を心配してくれました。代表の河合さんが「冬眠から目覚めましたか」といってくれましたが、そろそろ県知事選挙も始まるし活動レベルを引き上げなければいけません。
 世話人会では次回の集いを、9月13日土曜日に大畠公民館(ふれあいセンター大畠)で開くことが決まりました。広島県弁護士会の井上先生を講師にしての勉強会の予定です。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-07-13 17:38
 大分県の教員採用をめぐる汚職問題は、組織的な腐敗が根本にあることが明らかになってきました。県政に携わるものとして心が痛むし、絶望的な気持ちになってしまいます。大分県の子どもたちは何を信じればいいのでしょうか。人生にとって大切な時期にこんな経験をしたのです。いわば組織的に心理的虐待が行われたとも言えるのではないでしょうか。そしてこのことは他県にも影響が出ます。山口県の子どもたちにも心の傷ができたといっても過言ではありません。
 先日ある県庁記者クラブの記者から電話がありました。山口県の教育委員会に問題はないかというのです。ずいぶん前に山口県でも同様の問題がありました。最近は私の所属は文教委員会と違うのでよく知りませんから、「わからない」と答えておきました。でも本当に大丈夫なんでしょうか?
 大分県の子どもたちを救う方法は、不正に関わった先生が自分から名乗り出ることです。こんなことをを平気でやる教師です。きっとろくでなしでしょう。みんなとは言いません。せめて一人でも出てきてくれると救われるのですが。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-07-12 20:59
 入院していたとき、島田議長よりお見舞いをただきました。一応治ったということにして、先日快気祝いをお返ししました。今日ご丁寧に礼状をいただきました。それも奥様の心のこもった直筆です。私などはいい加減ですから、お返しのお礼などはしたことがありません。妻とさすがに心使いができておられると感心した次第です。聞けば奥様もヘルニアで苦しんだ経験があるとのことでした。
 サミットが終わりました。私のようなものでもにわかに環境問題に関心が高まります。今日、朝日新聞出版の「環境元年宣言 地球よ」という本を買いました。分厚くてとっつきが悪かったのですが、内容は新聞記事なので読みやすくて面白いです。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-07-11 18:12

椎間板ヘルニアその後

 ヘルニアで激痛がはしって6週間がたちました。医者の見立てでは順調に回復しているようですが、まだ足には(とりわけ足の裏にはガンコな)痺れがあります。たしかに一週間ぐらいのスパンで見るとよくなっていることがわかります。大分歩けるようになりました。またかなりの時間立っていることはできます。K先生から教えていただいたマッケンジー療法は効果があるように思います。しかし何時間も座り続けることはまだ無理です。
 夏が来て冷房を入れるのですが、これが私にはなかなかつらいことです。坐骨神経痛が冷えると痛むのです。冷房を入れるかどうかががまた夫婦けんかの種です。
 それにしてもヘルニアに悩む人、患った人の多いこと!ある意味話題が広がったとも言えます。万国のヘルニア患者団結せよ!とでも言いたくなります。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-07-10 13:11
 以前にもブログに書きましたが、国からの埋め立て変更申請を県知事が認可したことに対し291名で国土交通省に無効を求めて審査請求をしています。私は審査請求人総代の一人ですが、山口県から弁明書がだされていました。7月5日付けで反論書を国に提出しました。今日は午前中岩国市役所で記者会見を行いました。
 県はもう埋め立ては完成したので審査請求はできないというのです。しかし私の一般質問で明らかになったのですが、埋立地はでこぼこで、県自身完成を確認していません。埋め立てが完成したということはできないのです。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-07-09 13:03
 昨日は岩国市で山口県母親大会がありました。岩国基地の実態を見ようという分科会があったのですが、私が説明をしました。分科会の参加者は60名ぐらいだったでしょうか。
 母親大会は岩国市教育委員会の後援をもらっているのですが、市議会でそのことに言いがかりをつける議員もいたようです。
 私に話がしたいという女性がいました。私の知人の親戚筋に当たる人らしいのですが、「日本はアメリカに守ってもらっていると思うがどうか」という質問でした。この種の質問は答えるのに時間がかかります。いわんや最初から議論を吹きかけようとするのですから、なおさらです。彼女によると米軍関係者に頼まれて私の話を聞きにきたということでした。いかに基地の町といえども、ちょっと異常ですね。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-07-07 08:38

6月議会を終わって

 議会が終わると、知事をはじめ執行部の部長クラス、議会では議長・副議長・議会運営委員長が各議員控え室にあいさつに来ます。島田議長は総務企画委員会で米兵犯罪の意見書があがらなかったことを気にしているらしく、私にひつこいくらい「もっと早く提出してもらいたい」といっていました。西村副知事は私と同じ時期にヘルニヤで入院していたとのことでした。「久米さんと副知事は罰が当たったと庁内のみんなが言ってますよ」と教えてくれました。庁内で副知事と同じぐらい嫌われているなら、私の存在感もなかなかのものだなと、納得した次第です。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-07-05 13:15

議会運営委員会にて

 今日は6月議会最終日でした。本会議に先立ち午前中、議会運営委員会が開かれましたが、私は議員報酬について問題提起しました。山口県議会は今年度、議員報酬5%カットを見送りましたが、内外から批判もあり、6月議会あらためて検討を提起しようと県議団で論議をしていたのです。6月11日の議会運営委員会、私は腰痛のため休みました。藤本議員が代わりに提起しようとしたのですが、議会事務局に事前に止められてしまったのです。事務局が言うには報酬については会長会で論議するように「申し合わせ」で決まっているというのです。
 しかし会長会は法的に根拠もなく、非公開です。そもそも「申し合わせ」は昭和54年のことなのです。これはもう県民の知る権利の侵害です。執行部には情報公開を義務付けて、議会がこんなことを非公開というのはおかしいでしょう。私が「申し合わせ」はやめるべきだというと。大ブーイングでした。社民党の佐々木さんが援護しようとしてくれたのですが、多勢に無勢。「申し合わせ」を遵守するということで押し切られてしまいました。
 「一石を投じた」というところでしょうか、しかし山口県議会にはたしかに県民の意識とかけ離れたところもあります。改善に力を尽くそうと思っています。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-07-04 19:17

マイ箸、エコバッグ

 環境問題、とりわけ二酸化炭素削減はもはや現代人の義務?ということで、私もマイ箸を持つことにしました。割り箸を使わないよう心がけたいと思います。前から考えていたのですが、入院のとき使った箸と箸箱があるので実行した次第です。しかし徹底するのはなかなか困難でしょう。まずマイ箸をいつも持ち歩くのが難しい。また私は忘れん坊ですからマイ箸をどこかに忘れてくる可能性も高いと思います。ちなみに私は傘を何本もなくしています。
 エコバッグはすでに心がけていますが、これもよく忘れていきます。またどこかに行った帰りにスーパーに買い物となると、やっぱりエコバッグを持っていません。まあ意識が低いといわれたらそれまでですが、エコロジーの徹底は私のような凡人には簡単なものではありません。
 私のようなエコロジー生活劣等生のために勉強会でもあるといいですね。大体エコロジーを推進する人はみんな一見優等生すぎます。あれでは裾野の広い運動にはならないですよ。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-07-03 12:34