久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

本会議に出席

 今日は県議会本会議に出席しました。腰の具合、坐骨神経痛、心配でしたが思ったより痛むことなく過ごすことができました。議会にいくと気が張るというのか、緊張するというか、気がまぎれるのかもしれません。自宅にいるときは痛みのことを気にばかりしていたので、余計痛く感じたのかもしれません。
 議長、副議長はじめおおくの議員のみなさんが心配して声をかけてくれました。執行部のみなさんもお見舞いを言ってくれましたが、中には私が元気になったことを残念がっていた人もいるもいるようでした。ちなみに一般質問原稿はほぼ9割仕上がりました。
 今日米兵が麻薬所持で送検されました。またも任意で取り調べ。逮捕されていませんでした。山口県警にはもっとしゃんとしてもらいたいですね。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-06-23 19:17

明日から活動復帰

 腰痛で休養してから、およそ四週間。明日から活動復帰します。まだ完全復活というわけではありませんが、折り合っていく見通しは立ったと思っています。
 入院中はほとんどテレビばかり見ていました。(少しは本を読みましたが、やっぱり病院はバリバリ読書するという環境じゃあリません)無駄なように思えるかもしれませんが、「無用の用」といいます。これからの人生に役立つと信じています。こうなったのは小さな無理が重なってのことでしょう。齢52歳、日常生活も仕事も考えてやらなければいけませんね。かかりつけの鷲田先生が言っていました。「50歳までは他人とのたたかい。50歳を過ぎれば、自分の健康のために自分自身とのたたかい」
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-06-22 09:02

質問準備

 昨日から質問準備に取り掛かりました。私の一般質問は27日11時からです。県議会のインターネットテレビで見ることができます。
 質問項目は(教育問題)1、美祢地域に障害者学校を新設することについて 2、総合支援学校の産業科について 3、県立学校の給食について (米軍基地について)1、滑走路移設事業について 2、愛宕山開発について 3、米軍犯罪について 4、基地の運用について (医療・福祉について)1、育成医療について 2、介護者不足の対応について 3、介護保険の高額サービス費の返還について
 となっています。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-06-21 11:59
 昨日は県議会本会議でした。議員生活18年はじめて本会議を欠席しました。テレビで本会議の様子が放送されていましたが、私の名札が倒れていて、空席になっていることを見ると、さびしい気持ちになることを禁じえませんでした。医者の勧めもあって欠席したのですが、もし県議会がもっと近かったらと思うことしきりです。来週からはいよいよ質問が始まります。ぜひ出席したいと思っています。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-06-19 08:18
 入院中に国土交通省から郵便物が届いていました。山口県が滑走路移設事業の埋め立て変更許可を行ったことについて、「住民投票を力にする会」で4月に国土交通省に審査請求をしていました。私たちの審査請求に山口県が、却下を求める弁論をしてきたのです。7月7日までに反論をしなければいけません。県の言い分は「もう埋め立ては完了しているので審査請求はできない」「軽微な変更で審査請求はできない」というものでした。
 昨日広島の岡本君から電話があり、高知県の宿毛市でNLP基地誘致の動きがあるとのことでした。高知新聞を送ってくれました。米軍は岩国基地の100海里(180KM)以内にNLP基地を望んでいます。宿毛市は本命かもしれません。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-06-18 08:45

夜間飛行訓練

 6月3日4日と岩国基地で激しい夜間飛行訓練が行われたようです。「ようです」というのはそのとき私は入院していて、気がつかなかったのです。
 夜間飛行訓練といえば昨年10月にもありました。今回の訓練はあの時とは違った目的のようです。昨年は夜間有視界飛行の集団訓練だったと考えられますが、今回は242部隊、533部隊による部隊共同での訓練というところでしょうか。まだ本当の目的はよくわかりません。何か新しいシステム導入のための訓練という話もあります。訓練場所は四国沖、エリア567(中国山地)というお決まりの場所だったようですが、低空飛行やドッグファイトなどはやられなかったようです。米軍は訓練目的を明らかにしていません。相変わらずの横暴です。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-06-17 09:07

坐骨神経痛

 私の腰痛は病名は椎間板ヘルニアですが、症状的には坐骨神経痛ということになるらしいです。いまでもお尻から足の裏まで、痺れと疼痛があリます。医師会病院でMRI(正式にはなんというのでしょう?)を撮りましたが、なんという文明の利器でしょうか、レントゲンでわからないところもぜんぶ映し出されるのですね。写真を見せられてここが悪いといわれれば、納得するほかありません。
 きょうK整形外科で改めて診察を受けましたが、経過は良好ということでした。ただ当分無理はしないほうがいいとのアドバイスでした。一刻も早く治癒したいものです。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-06-16 14:48

横林元二さんのこと

 先日、元和木町議の横林元二さんがお亡くなりになりました。大変お世話になったのですが、入院していたので昨日の葬儀には出席できませんでした。横林さんは私のもっとも敬愛する地方議員でした。「曲がったことは大嫌い、弱きを助け、強きをくじく」 これが横林さんでした。亡くなられたことが信じられませんが、生前の横林さんの期待や信頼にこたえて力を尽くしたいと思います。
 心からご冥福をお祈りするものです。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-06-15 17:39

今日、退院しました

 5月28日から本日まで、椎間板ヘルニアで岩国市医師会病院に入院していました。退院したといっても、七割ぐらいの治りでしょうか。入院中は多くの方にご迷惑をおかけしたと思います。この入院をきっかけにリフレッシュして始めたいと思います。
 今週から六月県議会です。なんとか質問をしたいと思っています。それにしても入院当初は本当に激痛でした。また椎間板ヘルニアに苦しむ人が多くいることもよくわかりました。医療現場の貴重な実体験になったと思います。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-06-15 14:45
 医師不足は全国的にも大問題です。先日旧玖珂町のお母さんから、小児科医が少なくなって困っている、というお話がありました。先週の県議会特別委員会の視察で、神戸大学を訪れ「へき地医療対策」の勉強をしました。石田准教授にお話をいただいたのですが、率直に小児科医不足について質問してみました。
 そこで紹介いただいたのが、兵庫県立柏原病院の「小児科を守る会」のことです。ホームページを見ると柏原病院はへき地にあり、小児科医が酷使されていたそうです。小児科がなくなる寸前に、地域のお母さんが中心になってできたのが、「守る会」です。昨年から運動を続け、今年はふたりの新しい小児科医が病院に赴任したそうです。全国的に注目され、マスコミからの取材も多いようです。
 「子どもたちを守るために、お医者さんを守ろう」ということのようです。「コンビニ受診を控えよう」(時間外の受診を控えよう)「かかりつけ医を持とう」「お医者さんに感謝しよう」をスローガンにしています。発想の転換、住民パワーが必要ということがわかりました。
[PR]
# by kumekeisuke | 2008-05-25 20:25