久米けいすけのブログ


by kumekeisuke
 村上智彦さんというお医者さんの書いた「最強の地域医療」(新書版)を読みました。彼は破綻した夕張市に乗り込んで、10年ほど夕張市の地域医療に携わった人です。彼はこういっています「最終的に夕張を破たんさせた要因はたかり体質でした。公共事業や交付金も多く与えられることに慣れた地域であり、その施しが歪みを生んだのです」

 ひと昔まえ、井原氏と福田氏の市長選挙の時に福田氏陣営が宣伝したことに、当時破たんが大きなニュースとなっていた夕張市のことを引き合いにだした「岩国を夕張のようにしてはいけない」とのキャッチフレーズがありました。

 村上さんの分析が正しいなら、その時の選挙に勝った福田氏陣営こそ岩国を夕張のようにする張本人かもしれません。本当の地域の繁栄は住民が主体となってまちづくりを行い、起業が盛んになり雇用が拡大することにこそあります。防衛省からの財政援助は、結局恒常的な雇用の拡大につながらず、歪みをつくるばかりなのです。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-04-30 16:17

牡丹とツツジ

 今日は仕事で吉香公園に。牡丹の鑑賞にでかけました。でもツツジの美しさに、いっしょに行ったみんなもうっとり。目に沁みるという形容がぴったり。もちろん牡丹もみごろでした。今日が錦帯橋まつりで人が多いことはわかっていましたが、午前10時くらいまでは、混雑ということもなかったです。天気もよく、岩国の再発見ではありました。

 ところでまた北朝鮮がミサイルをうったようです。けしからぬことはもちろんですが、なんとかならないものでしょうか。そんななか岩国基地のF35Bは第2陣がアラスカにいったようです。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-04-29 18:29

F35Bと精密誘導弾

 4月6日のホットリロード訓練の際にF35Bに装着されようとしているのは確かに精密誘導弾ですね。おそらくGBU32なのでしょう。先月のフォールイーグルでF35Bは精密誘導弾による攻撃訓練を行ったようです。韓国政府筋は「先制攻撃能力を備えているメッセージを送る効果もある」(ソウル聯合ニュース)としています。

 では本当にF35Bが先制攻撃の任につくのかといえば、なにかちょっと無理なような気がするのですが・・。もちろんその可能性を否定するものではありません。ステルス機といえばやはりF22やB2になりはしませんか?米軍のF35Bの評価はまだソフトウェアーが最終のものではなく、あまり高いようには思えないのですが。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-04-28 20:06

日米地位協定2条4項a

今日は瀬戸内ネットで記者会見を行いました。愛宕山地区のスポーツ施設の問題についてです。先日防衛省に公開質問状を提出し、回答がきたので、事実関係を明らかにし問題点を指摘しました。

 愛宕山地区のスポーツ施設については、防衛省は日米地位協定2条4項aにもとづく共同使用を予定してると回答しています。2条4項aといえば米軍管理です。そこでの共同しようと言えば当然日本側には苦しいものになります。事実逗子市では有期の使用になっていますし、軍事上の必要があれば即座に共同使用は中止となります。使用も米軍の優先はどうしようもありません。

 愛宕山地区のスポーツ施設の使用にあったては岩国市民本位の状況は作り出せそうにもありません。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-04-27 19:41

F35Bもアラスカへ

 今朝飛んだF35Bの4機行先はアラスカのようです。VMFA232と同様、ノーザンエッヂに参加するようです。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-04-26 19:54

若葉のころ

 今日は仕事が休みで広島市に行ってきました。広島市は緑の多い都市ですね。それに時候は若葉のころ、木々の緑がきれいでした。雨の広島もいいもんです。季節はすでに初夏に移ろうよう・・・。

 今日は朝寝ているとき、6時過ぎでしょうか。外からチャイムが鳴って大きな声で宣伝が始まりました。内容はなんてことないものでしたが、どうしてあの時刻にあんなお知らせをするのでしょう。妻などは北朝鮮からのミサイル攻撃かと驚いていました。どの団体がやったのかしりませんが、常識を疑います。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-04-26 18:38

がんと認知症

 日本の高齢化は前代未聞の速さで進んでいます。そのために「がん」と「認知症」は以前には見られなかったように患者の数が増加しています。昔はがんや認知症になる前に多くがなくなったのでしょう。

 がん検診の促進・普及は行政も力を入れています。しかし認知症の早期発見はどうでしょう。あまり力がはいっていないように思います。ある程度進行して初めて医療機関にいくというのが多いのではありませんか。

 認知症の克服こそが超高齢社会での課題と思います。しかし意識は低いですね。日本認知症学会認定専門医という専門医がいます。残念ながら岩国医療圏には一人もいません。専門医がいればいいというのではありませんが、やはり意識が低いと受け止められるのではないでしょうか。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-04-25 19:27
 今朝は爆音を聞きながらうたたねの朝でした。マニアのサイトなどを見るとVMFA232の8機が飛び立ったようです。調べてみるとどうもアラスカにいったよう。5月1日から始まるノーザンエッヂ参加のためのようです。緊迫の北朝鮮情勢もなんのその、遠方に行っちゃいました。もっともこの演習は12日には終わるようですから、本格的な戦争には1か月の猶予はあるということなのでしょう。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-04-24 20:08
 先日逗子市の日米共同使用のスポーツ施設の維持管理費について、国からの援助はないと書きました。正確にいえば、逗子市は特定防衛施設周辺整備調整交付金2500万円を財源にしています。

 こう書くと私がでたらめを書いたように思うかもしれませんが、この調整交付金というのは曲者です。この交付金は「防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律」の9条に基づくものです。この計算方式は施行規則(防衛省令)に概要がのせられています。これを読む限り私にはこの調整交付金なるものは市町村に降りてくる全体額というのは毎年上限が決まっていると理解できるのです。

 逗子市も池子の森自然公園のスポーツ施設の維持管理費について、前年よりその分だけすなわち2500万円増えたことにはなっていないと思います。ただともかくわかりにくいお金です。ためしに規則を見てください。

 いわゆる「つかみ金」です。名前からして調整というあいまいな言葉が入っていていやらしいですね。防衛省は地方自治体にお金をだしたと威張りたいなら、もっと支出の根拠を国民に分かるようにするべきではありませんか?教えてくれるなら、広島市ぐらいならいつでも行きますよ・・東京はいやです。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-04-24 18:44

空母打撃群

 カールビンソンの北上に伴って、海上自衛隊の護衛艦2隻がフィリピン東方海上で合流、日米合同演習を始めたとの記事がでています。演習といったって完全にカールビンソン空母打撃群の一翼を担って北上してくるということです。集団的自衛権の行使です。旗幟鮮明に米軍と戦うと宣言したも同然です。前にも書きましたが、北朝鮮としては日本攻撃の口実を得たわけです。

 ところでカールビンソン艦載機がクラスAの事故を起こしています。海軍安全センターのサイトには4月21日の事故として、VFA137のFA18Eが空母への着艦に失敗、クラッシュしたがパイロットは無事との記述があります。
[PR]
# by kumekeisuke | 2017-04-23 17:28