久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2017年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 東京のUさんより、MilitaryTimesの20時間前の記事が送られてきました。オスプレイが金曜日にcrash(墜落)となっています。ハードランディングとのこと。やはり不安定な航空機です。負傷者2名。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-30 19:33

支援学校との交流

 私が勤める高齢者向け住宅には小規模多機能事業所が併設されていますが、最近すぐ後ろの岩国総合支援学校との交流がすすんでいます。昨年から高等部の実習(掃除)などを引き受けているのですが、今年になっていっそうの発展がみられます。9月の半ば頃ですが学校のコンサートに利用者が招待されました。昨日は生徒が利用者をお客に見立てて、模擬喫茶店の実習をしてくれました。利用者の皆さんは大喜びでしたし、お互い得るところが多い交流と考えています。やはり生徒・先生・利用者・職員、親しくなります。これが一番大事ではないでしょうか。

 社会保障の先進国といわれるデンマークの様子など勉強すると、キーは住宅と24時間ケアそして地域との交流のようです。QOLを高めるためには地域に開かれた事業でなければいけないようです。まだまだですが、これからも努力したいですね。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-30 19:19

朝鮮有事に

 昨晩は岩国平和委員会の学習会(平和塾)で講師を務めました。レジュメはこのブログにもアップしておきました。学習会が終わった後、「朝鮮有事の際の岩国基地の海兵航空隊の任務は」と聞く人がいました。

 あってはならないことですが、一応推測しておきます。北朝鮮が先制攻撃(ミサイル攻撃もしくは地上侵攻)してくる場合とアメリカが先制攻撃をする場合は違うかもしれませんが・・・。

 アメリカ軍は最初やはり巡行ミサイルなど遠隔地からの要所を狙った攻撃でしょう。そしてB1B、F22、F35Bなどレーダー網をかいくぐれる航空機を使って、精密誘導弾の攻撃。次に空母艦載機などの大量航空作戦。この段階が岩国基地のホーネットの出番ではないでしょうか。

 F35Bが早い段階で使われることは大方の予想のように思います。ホーネットについては直接岩国基地からもしくは韓国のクンサン・オサンなどに移動して韓国空軍とともに戦うということになりはしないでしょうか。今年の4月の米韓演習マックスサンダーを見てみると、岩国基地所属機は防空作戦で敵戦闘機と戦う、近接航空支援で地上軍を支援する、長距離打撃で目標を攻撃するなど多彩な任務をこなしています。こういうことをやるのでしょうね。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-29 19:02

雨の中で

 今日は午後有給休暇をとって、マスコミOBの人たち約60人に基地問題の説明。50分ぐらいですが、お話しました。内容はオーソドックスに基地の概要や機能強化など、それから米韓合同演習についてです。ちょうど雨の中、F35やFA18が離陸するときで、騒音の実感もしていただいたと思います。

 政治の世界はどうなるかわかりませんね。民進党と小池新党が合流するなんて!でも小池という人、大分前から仕掛けていましたね。そうでなければ全国的に候補者を立てるなんて今ごろ言えるわけがありません。ところで寛容な保守ってどういう意味?またイメージ選挙ですか。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-27 18:42

エア・シー・バトル

 アメリカの戦略に興味のある方なら、エア・シー・バトルという言葉は聞いたことがあると思います。28日の勉強会では、エア・シー・バトル(ASB)について触れることにしています。でもこれは2010年一番早い段階でのASBです。まだ統合エア・シー・バトル構想といっていたものです。民間シンクタンクの戦略・予算評価センターのものです。

 その後2013年国防省が公式のASBを公表しました。公然と中国を名指しすることなくA2ADの脅威を克服するための作戦概念となってしまいました。またASBの批判からオフショアコントロールや拒否的抑止などの作戦概念も生まれています。お話しするのは古典的なASBです。でも今のアメリカの世界戦略の課題を知るにはまずここが大切と思うのです。そしてそのことが世界戦略のなかでの岩国基地の位置を知るカギになると考えるのですが・・・。

 

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-26 19:17

北朝鮮問題の政治利用

 安倍首相の記者会見をみましたが、なんとも田舎芝居じみていると感じました。教育や介護の問題はさておき、北朝鮮の問題です。やはりしっかり政治利用が露骨でしたね。国連の演説から予想できたことでしたが・・。対話より圧力、変なところで争点をつくろうとしていますが、彼のいう圧力ってなんです。私の聞く限り具体的ではありませんでした。

 「国際社会と協調して」と言いましたが、ロシア・中国・ヨーロッパ諸国と圧力路線で協調できるのでしょうか。アメリカと日本だけでは圧力は効かないですよ。外国の意思が前提条件になるようなことは争点にふさわしくないでしょう。選挙に勝てばできることなのですか?それにどんな圧力でどんな道筋で北朝鮮の挑発行為をやめさせるかは、ちっとも触れないのですから、話になりません。

 彼のいう圧力に軍事選択がはいるなら別です。これは争点になります。しかし口が裂けても軍事オプションがあるとは、はっきり言わないでしょう。「アメリカと協調して」というのが精いっぱい。アメリカに追随して軍事手段を選ぶことはあり得るかもしれませんね。

 田舎芝居に国民が騙されるとは思いたくありませんが、古今東西勇ましいこという政治家が意外と支持を集めたりします。そうならないことを願いますね。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-25 19:43
 9月28日に行われる岩国平和委員会の学習会(岩国平和塾という勉強会)の原稿(レジュメ)をブログにアップしました。最初のページ(ですからこのページですね)の私のプロフィールの下にアップされています。10800字にもなっていますが、よければ見てください。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-24 22:55

微かに金木犀の香りが

 虫の音が秋だぞとばかりに響いています。今日城山に上ったところ、山頂のロープーウェイ駅の近くですが、微かに金木犀の香りが漂っていました。心地よい気候になりました。それにしてもアメリカ・北朝鮮・日本、どうしてこれらの国のトップは出来が悪いのでしょう。とても常識をわきまえた精神の持ち主とは思えません。

 ところで岩国基地の動きはどうでしょうか?今日よく行くラーメン屋で夕食をとりましたが、米兵たちで大賑わい。この様子を見る限り緊迫した状況とは思えません。(そういえば城山にも家族連れの兵隊がいましたね)

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-24 20:03
 東京のUさんからの情報、22日付の米海軍のウエブサイトの記事から。9月10日に厚木基地を出発したVFA115(イーグルス、コールサインはタロン)は厚木に帰らずに、米空母ロナルドレーガンの航海が終われば、直接岩国基地に来るそうです。時期はおそらく11月なのでしょう。最初に移転するジェット機部隊の一つとなっていますから、VFA115以外にも直接岩国基地に来るスーパーホーネットがいるのでしょうね。ちなみにVFA115は単座型のFA18Eです。

 そして岩国に行っても、訓練や作戦上の要求があり、短い期間だが厚木に兵隊や航空機が帰ることがあるとも書いています。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-23 17:33

恒常的FCLP施設建設

 今日は瀬戸内ネットで岩国市に申し入れ、先だっての馬毛島断念の報道に関連して、国に「馬毛島の用地買収についての交渉経過など」を確認するべきとする内容です。

 市は国に問い合わせたとして、国からの回答を明らかにしました。「馬毛島の土地所有者と交渉を行っているところであり、新たな候補地を選定するといった事実はない」とのことです。

 国の正式の答えはこうなるでしょうね。しかし水面下ではどんなことが起こっているかわかりません。ともかくFCLPの恒常施設は40年近くも国がつくろうとしてつくることがでなかった施設です。硫黄島と岩国基地は1400kmもの距離です。結局岩国基地でFCLPがやられるようになりはしませんか。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-22 16:25