久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2017年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

エア・シー・バトル

 アメリカの戦略に興味のある方なら、エア・シー・バトルという言葉は聞いたことがあると思います。28日の勉強会では、エア・シー・バトル(ASB)について触れることにしています。でもこれは2010年一番早い段階でのASBです。まだ統合エア・シー・バトル構想といっていたものです。民間シンクタンクの戦略・予算評価センターのものです。

 その後2013年国防省が公式のASBを公表しました。公然と中国を名指しすることなくA2ADの脅威を克服するための作戦概念となってしまいました。またASBの批判からオフショアコントロールや拒否的抑止などの作戦概念も生まれています。お話しするのは古典的なASBです。でも今のアメリカの世界戦略の課題を知るにはまずここが大切と思うのです。そしてそのことが世界戦略のなかでの岩国基地の位置を知るカギになると考えるのですが・・・。

 

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-26 19:17

北朝鮮問題の政治利用

 安倍首相の記者会見をみましたが、なんとも田舎芝居じみていると感じました。教育や介護の問題はさておき、北朝鮮の問題です。やはりしっかり政治利用が露骨でしたね。国連の演説から予想できたことでしたが・・。対話より圧力、変なところで争点をつくろうとしていますが、彼のいう圧力ってなんです。私の聞く限り具体的ではありませんでした。

 「国際社会と協調して」と言いましたが、ロシア・中国・ヨーロッパ諸国と圧力路線で協調できるのでしょうか。アメリカと日本だけでは圧力は効かないですよ。外国の意思が前提条件になるようなことは争点にふさわしくないでしょう。選挙に勝てばできることなのですか?それにどんな圧力でどんな道筋で北朝鮮の挑発行為をやめさせるかは、ちっとも触れないのですから、話になりません。

 彼のいう圧力に軍事選択がはいるなら別です。これは争点になります。しかし口が裂けても軍事オプションがあるとは、はっきり言わないでしょう。「アメリカと協調して」というのが精いっぱい。アメリカに追随して軍事手段を選ぶことはあり得るかもしれませんね。

 田舎芝居に国民が騙されるとは思いたくありませんが、古今東西勇ましいこという政治家が意外と支持を集めたりします。そうならないことを願いますね。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-25 19:43
 9月28日に行われる岩国平和委員会の学習会(岩国平和塾という勉強会)の原稿(レジュメ)をブログにアップしました。最初のページ(ですからこのページですね)の私のプロフィールの下にアップされています。10800字にもなっていますが、よければ見てください。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-24 22:55

微かに金木犀の香りが

 虫の音が秋だぞとばかりに響いています。今日城山に上ったところ、山頂のロープーウェイ駅の近くですが、微かに金木犀の香りが漂っていました。心地よい気候になりました。それにしてもアメリカ・北朝鮮・日本、どうしてこれらの国のトップは出来が悪いのでしょう。とても常識をわきまえた精神の持ち主とは思えません。

 ところで岩国基地の動きはどうでしょうか?今日よく行くラーメン屋で夕食をとりましたが、米兵たちで大賑わい。この様子を見る限り緊迫した状況とは思えません。(そういえば城山にも家族連れの兵隊がいましたね)

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-24 20:03
 東京のUさんからの情報、22日付の米海軍のウエブサイトの記事から。9月10日に厚木基地を出発したVFA115(イーグルス、コールサインはタロン)は厚木に帰らずに、米空母ロナルドレーガンの航海が終われば、直接岩国基地に来るそうです。時期はおそらく11月なのでしょう。最初に移転するジェット機部隊の一つとなっていますから、VFA115以外にも直接岩国基地に来るスーパーホーネットがいるのでしょうね。ちなみにVFA115は単座型のFA18Eです。

 そして岩国に行っても、訓練や作戦上の要求があり、短い期間だが厚木に兵隊や航空機が帰ることがあるとも書いています。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-23 17:33

恒常的FCLP施設建設

 今日は瀬戸内ネットで岩国市に申し入れ、先だっての馬毛島断念の報道に関連して、国に「馬毛島の用地買収についての交渉経過など」を確認するべきとする内容です。

 市は国に問い合わせたとして、国からの回答を明らかにしました。「馬毛島の土地所有者と交渉を行っているところであり、新たな候補地を選定するといった事実はない」とのことです。

 国の正式の答えはこうなるでしょうね。しかし水面下ではどんなことが起こっているかわかりません。ともかくFCLPの恒常施設は40年近くも国がつくろうとしてつくることがでなかった施設です。硫黄島と岩国基地は1400kmもの距離です。結局岩国基地でFCLPがやられるようになりはしませんか。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-22 16:25

岩国市での孤独死

 今日は駅前地区のある民生委員さんとお話。高齢者の孤立について現場の意見を教えてもらいました。その民生委員さんの受け持ち範囲でもやはり孤立死があるそうです。

 なんとなれば、つい最近アパートで孤立死があったそうです。窓にハエがたかり、臭かったそうです。そのすぐ下の部屋に水滴が落ちてきそうな。悲惨な話です。

 民生委員としての要望はと聞くと、行政との情報の共有と一人で活動することに不安があるためにパートナーがほしいとのことでした。状況をきくと民生委員の皆さん本当に頑張っているようです。頭が下がります。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-21 19:53

岩国平和塾

 岩国平和委員会の主催する岩国平和塾で話をすることになりました。9月28日19:00から21:00まで岩国市の中央公民館3階第1講座室です。興味のある方は来てください。

 米韓合同演習時の岩国基地の動き、アメリカの世界戦略上の岩国基地の位置づけ、空母艦載機移転後の危険性、時間があればオスプレイのことなどにも触れたいと思います。できるだけ事実を話したいと思います。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-19 21:09

FCLP基地は白紙?!

 昨日付の産経新聞には「艦載機岩国移転後のFCLP基地が予定されていた馬毛島について、国と地権者との間の買収交渉が難航し馬毛島を断念する方向」という記事がでています。もしこの記事が本当ならFCLP基地については白紙に戻ったわけです。記事は九州・四国の既存の民間空港を中心に代替候補地を選定するともしています。おそらくこんなリーク記事がでるんですからどこか当てがあるのでしょう。

 さて今一度岩国基地移転後のFCLP基地について考えてみましょう。そもそも米軍は岩国基地の100ノーティカルマイル(約185km)以内にFCLPの基地がほしかったのです。馬毛島までは400kmですから米軍の要望にはそわなかったのです。

 国会図書館の鈴木滋さんの「在日米軍のNLPと基地問題」という論文には、「米軍の規則に185km以内の施設でおこなうことになっている」とあり、昭和59年2月16日の塩田防衛施設庁長官の国会答弁で「米側は厚木基地から100マイル以内にある関東及び周辺地域で基地提供を希望した」ことが明らかにされたとなっています。繰り返しますが馬毛島は遠いのです。

 では岩国基地からおよそ200km以内にどんな民間空港、自衛隊基地があるでしょう。いくらなんでも民間機がたくさん離発着している空港はだめでしょうから、あまり飛んでいないかつ貧窮しているような空港が考えられます。たとえば石見空港とか・・。

 ただどうも民間空港を候補にするのは本当かな?と半信半疑です。もし民間空港ならやはり、日米地位協定2条4項にもとづく提供がおこなわれなければいけないでしょう。ハードルが高いのではないですか?新しい日米ガイドラインでも民間の使用は緊急事態へ備えてのものとされています。やはり、自衛隊基地でしょう。ガイドラインでも日米の施設・区域の共同使用強化がうたわれています。

 そうすると防府北基地や小月基地など山口県の自衛隊基地もありえます。福岡県の築城基地、宮崎県の新田原基地なども候補になりませんか?そしておそらく分散してのFCLPではないでしょうか。基地機能の分散化は在日米軍のトレンドでしょう。もともとFCLPは三沢・岩国・厚木で分散して行われていたのですから。米軍の要望に応えるべく国の対応がエスカレートしてくるのは危険です。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-18 20:43

スカッドERとノドン

 なにやら解散風が吹いているようです。民進党がこけているのと野党共闘にひびが入りそうなのをみて、安倍首相の先制攻撃というところでしょうか。それからもう一つ北朝鮮情勢で有利と考えたのではありませんか。

 北朝鮮の威嚇をこれ幸いとばかり利用しているように思えるのですが?考えてみれば北朝鮮の脅威は今に始まったことではありません。確かに日本の上空をミサイルが通過することはけしからぬことですが、火星12ミサイルは中距離弾道弾でグアム向けです。

 日本への脅威は準中距離弾道弾のスカッドERとノドンです。聞いたところによるとこれらのミサイルは実戦配備されていることが確実というではないですか。岩国基地など射程1000kmのスカッドERの完全に射程内です。四発同時に発射されたあのミサイルがスカッドERのようです。

 安倍首相を見ていると、自国の国民の安全よりアメリカの安全保障が優先されているように思えます。そして北朝鮮の政治利用を画策?ではないでしょうか。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-17 18:03