久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2017年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 7月21日国から、昨年9月22日のAV8Bハリアの沖縄沖での墜落事故の事故報告がありました。またパイロットが悪者にされています。この手の事故調査報告書は眉に唾をつけてみる必要があります。このブログで何度も書きましたが、航空機の事故というのは原因の要素がリンクしているのです。設計・組み立て・運用・整備・操縦。設計に問題があっても、一見最後の操縦のミスにみえることがおおいのです。

 国の発表をよくみると意味深ですよ。原因の「一番の要因はパイロットの操作ミス」と結論づけられています。一番という言葉がはいっています。ですから明らかに他の要素もあるのですよ。操縦ミスというならどんな操縦ミスか知りたいものです。国はそこまで書いてはありません。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-07-24 19:55

しゅうニャン市

 今日は妻と次女の勤める光あけぼの園に行ってきました。次女の刺繍バッグも販売されている「結の夏コレ2017」を見てきたのです。次女の作品もたくさんあって頑張りがよくわかりました。

 文子の刺繍バッグは来月には周南市の「ラ・ナチュラ」さんにもおいていただけるそうです。たまたま「ラ・ナチュラ」のMさんとお会いしたのですが、名刺をみてびっくり。「しゅうニャン市ネコ部代表」となっています。周南市が「しゅうニャン市」として猫をモチーフに売り出して?いるのは知っていましたが、この方もその仕掛け人の一人かもしれません。

 最近の文子の作品にはネコを描いたものがおおいのですが、なにか合点がいく気がしました。Mさんたちにはずいぶんかわいがっていただいているようですから。いろいろな人たちのおかげで文子は今日も元気でした。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-07-23 19:28

ターゲットアイランド

 岩国基地ホームページ7月18日付記事から。H&HS(司令部司令中隊)の弾薬処理部隊が、姫小島で緊急の爆破訓練を行っています。7月14日のことです。この姫小島は基地から3・5kmぐらい沖の米軍の提供海域にあり、弾薬処理が行われています。ほんの小さな島です。

 記事にはターゲットアイランドと書かれています。文字通り標的になった島ですね。私は実際見たことはないのですが、昔は米軍機が爆撃の標的にしたそうです。私の大先輩のNさんによると、彼は旧日本海軍の海兵出身なのですが、戦前は姫小島は海軍のやはり砲撃の標的になっていたのだそうです。聞いた話ですが、昔は松が生え、灯台もあってきれいな島だったそうです。いまや禿げあがり、米軍の弾薬処理の建物が無機質に立っています。

 考えてみれば悲惨な島です。ぼろぼろにされて、外国に売られて、おまけに名前まで変えられて・・。やるせないですね。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-07-22 18:17

障害年金のこと

 今月の医療問題勉強会は私がチューターで、「障害年金のこと」を発表しました。年金についてあまり知識のない会員に障害年金の受給者の現状と、どういう人が障害年金をうけれるのかということについて話をしたのですが、特に不服申立てについては強調しておきました。

 障害基礎年金の不服申し立ては国民年金法101条で決められています。審査請求と再審査請求があります。まず審査請求、のちにさらに不服があれば再審査請求をするのですが、審査請求というのは「社会保険審査官」に申し立てます。この「審査官」は地方の厚生局に努める厚生省の職員です。そして書類審査しかしません。

 まず審査請求は却下されますね。本番は再審査請求です。「社会保険審査会」に申し立てるのですが、ここまで行って初めて実際に調査してくれます。意外と申し立てが聞き入れられることがあります。私の経験からもそう思います。ともかく不服があれば最後まで粘り強く頑張ることですね。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-07-21 21:14

海峡封鎖

 最近いくつかの自衛隊幹部の論文をよみました。なんで岩国基地常駐部隊(VMFA242)がオーストラリアに展開するのか?エアシーバトル構想に対抗してオフショア・コントロール戦略というのが米本国では提唱されています。これは対中国戦争において同盟国の基地を必要としない戦略だそうです。でもただ一つオーストラリアだけは基地を使うと言っているのです。なぜかと言えば、マラッカ海峡やロンボク海峡、スンダ海峡などをチョークポイントとして封鎖するためなのですね。VMFA242が展開しているのは北部のダーゥインもしくはその周辺の基地でしょうが、相当にこの展開は重要なのですね。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-07-20 20:06
 今日は報道関係者から先週10日の夜間訓練について聞かれて、少し考えをまとめたので書いてみます。もちろん訓練の目的や実態を米軍が明らかにしないので、推測の域をでませんが。

 現代戦において、情報取集、警戒監視、偵察は極めて重要です。たとえば一昨年の日米ガイドラインには「平時からの協力措置」のトップに「情報収集、警戒監視、偵察」があげられています。F35Bという最新鋭の戦闘攻撃機はセンサー機能が非常にすぐれています。昨年9月本国では、F35Bが標的の巡行ミサイルを探知、データリンクを介して、地上施設にデータ送信、イージス艦のミサイルで標的をうちおとすという実験に成功しています。

 思うに10日の訓練は「情報収集、警戒監視、偵察」の分野におけるものだったのではないでしょうか。F35B同士が、また地上施設(岩国基地)も含めてお互い連携しあい、情報を共有する、もっと突っ込んでいえばデータリンクを使用するための訓練だった、というのはいいすぎでしょうか。

 10日の訓練は第5世代の最新鋭戦闘攻撃機が、ISR(情報収集、警戒監視、偵察)にきわめて重要な任務を持ち、その訓練行ったというものではありませんか?
[PR]
by kumekeisuke | 2017-07-19 19:08
 海兵隊のホームページ7月11日付記事より。米本国のF35B部隊VMFA211がレッドフラッグ17に参加した記事です。F35Bの任務が羅列されているので記録しておきます。defensive counter air,offensive counter air,suppression of enemy air defense,destruction of enemy air defense,dynamic tasking,electronic warfare,preplanned strikes,combat search and rescue. ずいぶんですね。
よくわからない戦闘行為もありますが、ともかくマルチですね。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-07-17 17:30

うつヌケ

 連休で帰ってきている息子の本を拝借。「うつヌケ」という漫画本です。聞けばベストセラーなのですね。うつ状態になった人の体験談がたくさん載っています。人間には自己洞察が必要なのだとわかりました。まあ齢61が来て今更自己洞察もないのでしょうが、面白かったですよ。

 こんな本が売れるというのですから、現在「うつ」に苦しむ人が多いのでしょう。障害年金受給者の半数が精神的な障害だと聞いたことがあります。別にいわゆるブラック企業でなくても、精神的な病を患う人はたくさんいます。現代病ともいえる疾病です。病気には勝てませんから、患ったら休養しましょう。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-07-16 19:38

毎日がアルツハイマー

 「毎日がアルツハイマー」という映画をDVDで鑑賞しました。80歳になるアルツハイマーの母を映画監督の娘が介護するというドキュメントです。いい映画でした。これからの超高齢社会、認知症との戦いです。認知症を知り、認知症と向き合う覚悟が必要な時代ということでしょう。そんな思いを強くする映画でした。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-07-15 19:25
 今日は瀬戸内ネットで岩国市に申し入れ。KC130の事故と10日の夜間訓練の問題です。KC130の事故は大事故ですから軽視できません。やはり安全がしっかり担保されるまで岩国基地での飛行は中止するべきです。

 10日の夜間訓練については、なんといっても訓練の目的・飛行コースなど実態が明らかになっていないことが問題です。ところが米軍は訓練の内容・目的については運用上のことゆえ明らかにできないというのです。岩国市もはっきり「市民生活に大きな影響があった」としています。にもかかわらず知らせないのは、あまりにもひどい話です。米本国ではありえないことです。私たちの知る権利はどこにいったのでしょうか。

 この訓練はいろいろな見方があります。一番有力なのは航空機と地上(岩国基地のある施設)がリアルタイムで情報を共有する訓練ではないかということです。ともかくこの訓練はやめてもらわなければいけません。岩国日米協議会の確認事項とする、もしくは日米合同委員会の合意事項とするなどで禁止するべきです。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-07-14 20:40