久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2017年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

米韓合同演習

 安保条約6条にもとづく日米の取り決めとして、岸ハーター交換公文による事前協議があります。密約によってまるで意味がないようにも言われますが、それでも正式の文書ですから、よく見ることも大切です。米軍の「配置における重要な変更」「装備における重要な変更」「戦闘作戦行動のための基地使用」には、日米の事前協議が必要とされるという有名な文書ですね。

 とくに核の持ち込みについては、「装備における重要な変更」にあたると政府が答弁したことから、国会で議論されてきたところです。密約があって艦船や航空機による通過は事前協議外であったことが暴露されています。

 「戦闘作戦行動のための基地使用」も朝鮮半島有事における戦闘行動については事前協議がすでに完了していたものとして取り扱われることがやはり決まっていたようです。そろそろ米韓合同演習の時期ですね。岩国基地の航空部隊はこの時期朝鮮半島に移駐するものもあれば、岩国基地にのこるものもあります。残って演習に参加するのは、戦闘行動のための基地使用につながるでしょう。これって安保条約違反になりはしませんかね。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-02-14 19:33

花粉の季節

 今日耳鼻科の医院にいくと花粉が飛び出したの情報。ローカルニュースの天気予報でも今週から花粉症の人は覚悟を決めてくださいとのこと。

 春に向かって季節は進んでいるとはいえ、朝晩の寒さは身にこたえます。そんな中この時季何を楽しみに暮らせばいいのでしょうか。やはり水ぬるむ春でしょうか、でも当分花粉症ですっきりしませんから、いっそのこと初夏を待つというのはどうでしょうか。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-02-13 19:29

E2D配備周辺

 月末に「広島西部住民の会」の勉強会の講師を頼まれていて、今日はその資料集めに時間を使いました。人前でしゃべるとなると、調べて考えますから、適当な時期に講師をすることはまとめとなって無駄ではありません。

 ポイントはいくつかありますが、E2Dが飛来して間がないですから、ニフカについては一定時間を割こうと思っています。米海軍の対中国構想の中核、そして新しいガイドラインにうたわれる「平時からの協力」における集団的自衛権の行使が予想される構想、強調する価値はあるでしょう。

 でもまだ日本語のわかりやすい資料がすくないのです。ニフカについては。もっとも構想そのものが複雑ですからね。できるだけわかりやすく興味をもっていただけることを心掛けてと思います。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-02-12 16:19

アメリカという国

 日米首脳会談が行われるなかで、現在のアメリカという国がどのようなものなのか考えさせられますね。トランプという人物は確かに政治家としてはとんでもない男です。世界がめちゃくちゃになりそうでシビレますね。ただこういう男が大統領になるというのが現在のアメリカでしょう。格差が拡大して没落する中産階級の怨嗟の産物ではありませんか?

 これだけ修復できない格差をうみだしたアメリカという国は、私たちのとても身近にある国です。私の自宅からほんの数キロです。トランプに注目することはとても大切と思いますが、今世界を動かしつつある没落する階層・階級の怨嗟の根底こそ直視するべきですね。

 「ミネルバのフクロウは夕闇に飛び立つ」という言葉があります。70億の人類を一人の英雄が救うということはありえないでしょう。しかし文明の叡智こそミネルバのフクロウではないでしょうか。だとすると一人一人の思想・行動こそ大切、叡智という言葉に恥ずかしくないものにしたいものです。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-02-11 20:49

本屋にて

 今夕は市内の本屋でぶらぶらと。気がついたんですが、歴史ものが多いんですね。私も好きですが、歴女とか言ってマニアックな人も多いのかもしれません。

 昔は(20代前半)本屋でずいぶんと時間をつぶしたものです。いまでも大きな本屋にいけば、結構長居することもあります。残念ながら岩国市の本屋さんではそうはいきません。

 でも本屋にいくといまの流行りとかはわかりますし、やはり知的好奇心をそそられることもあります。今日は新刊で世界の航空機辞典のようなもの(名前はわすれました)を手にしたところでした。値段を見るとなんと6000円もして、思わず元の位置に返したものです。まあ辞典のように使う本ですから、持っておけばいいのでしょうが・・・。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-02-10 20:19

ホーネットの春は遠い

 吉香公園の紅梅が咲いています。第二駐車場にある大きな紅梅はすでに八分ぐらいの開花です。この木は毎年多くの観光客・市民を楽しませてくれています。春が近づいていることがわかります。

 広島のSさん、東京のUさんそれぞれから、「defense news」「 marine corps times」の記事が送られてきました。海軍のFA18(スーパーホーネットも含めて)の三分の二が現在飛行できなくなっていること、海兵隊のFA18は四分の一しか飛べないこと、記されています。

 予算を削られて厳しい現状が訴えられているのです。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-02-09 17:24

E2Dの先行配備について

 E2D部隊の岩国基地先行配備について考えるに、その理由は何でしょうか。考えられることはいろいろあります。たまたま輸送手段があったから・・米空母に乗ってきたらしいです。早く岩国基地に慣れたかったからとか、ただどうも単純に考えていいものかと・・?

 雑誌「軍事研究」2015年1月号をとりよせ、E2Dの記事を読みました。ニフカやその周辺の知識は幾分身に着けることができたのですが、やはりなぜ岩国基地先行配備かわかりません。そのうち明らかになるのでしょうが、このE2Dという航空機、対中国において非常に重要な役割をすることは理解できました。

 おそらく岩国基地にE2Dを中心とする情報網のプラットフォームがあるのでしょうが、それがどの程度のものかがわかりません。米本国にあるデザートシップのようなものなのか、それとも全然ちゃっちいのか・・。ともかくいくつかの事実が明らかになるまで、待つしかありませんね。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-02-07 18:01
 今日東京新聞の1月31日付新聞が東京から送られてきました。先週東京からのインタビューに答えた私のコメントが載っているのですが、「こちら特報部」という欄で、しっかりした記事です。米軍がオスプレイからF35Bに空中給油する計画についてのものです。

 実は私このことを記者から聞くまで知らなかったのですが、出所は2016年度海兵航空計画です。計画を確認してみると、確かに「2019年米会計年度にVARS(オスプレイ空中給油システム)は完成し、すべてのMAGTF(海兵空陸部隊)の空中給油可能航空機に空中給油できるようになる」と書いてあります。

 特にF35Bを重視しているようです。もちろん常日頃給油訓練が必要となります。オスプレイの不安定さを考えるととても危険な訓練です。こんな訓練を岩国基地周辺でやられたらとんでもないですよ。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-02-06 21:00

日本原演習場

 岩国基地所属部隊が岡山県日本原演習場の使用を計画していることが明らかになりました。新聞報道では現在演習をしている東富士演習場の代替とのこと。言葉通りに受け止めれば部隊はMWSS171でしょう。

 今回のこの動きはきちんとその性格を把握する必要がありますね。あきらかに一昨年の新ガイドラインに沿った動きでしょう。自衛隊基地、自衛隊の演習エリアは米軍が常時使えるようにしたいということでしょう。ところで先月は広島県のはらむら演習場でMWSS171がやはり訓練をしていますが、あまり問題になっていません。

 新ガイドライン以降、米軍の自衛隊訓練施設・訓練エリアの使用は量・質ともに変化しています。日本原演習場の使用も米軍の額面どおりの受け止めは危険かもしれません。F35Bなどの参加も考えられます。なんといってもF35Bは分散配備がウリですから。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-02-05 18:54
 2月3日付の岩国基地ホームページから。VMFA225がグアムに展開して演習コープノース17に参加するようです。この演習は米海軍・空軍、オーストラリア空軍、日本の自衛隊によって行われます。VMFA225は異種戦闘機訓練(DACT)、実弾訓練などを行うようです。すでにアンダーセン基地に到着とのことです。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-02-04 17:22