久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2016年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

寿司やにて

 今日は妻の誕生日ということもあり、夕食は長女と三人で外食。寿司やにいこうとなったのですが、妻の希望で近くの回転ずしに。もうちょっといいところでもよかったのですが・・・、そこは繁盛店で、まつことおよそ20分なんとか、食事を終えました。

 あの喧噪のなかで寿司を食するのはどうもという感じでした。確かに値段にしてはおいしいのかもしれません。いわゆるコストパフォーマンスはいいのでしょう。でもどうも・・・ね。今日村上春樹の「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」という小冊子をよんだのですが、その影響でしょうか、せっかくの食事味わってたべたいなと思ったものです。

 この本は村上氏がウィスキーの本場を訪れ、ウィスキーについて語る内容ですが、こういうのを読むとちょっと回転ずしは今ひとつというところになってします。    11月12日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-11-12 18:56

落日燃ゆ

 2泊3日で検査入院をしていました。結果は良好でホッとしたのですが、その間暇に任せて城山三郎さんの「落日燃ゆ」を読みました。この小説はA級戦犯で処刑された広田弘毅元首相の伝記なのですが、なかなかおもしろかったですよ。

 A級戦犯で処刑された人は広田を除けばすべて陸軍の将軍ばかりなのですね。海軍はどうしたと思うのですが、戦犯になりそうな人は戦死していたのかもしれません。たとえば山本五十六、パールハーバーの張本人の彼は生きていたらやはり処刑だったでしょうね。東京裁判については迫力のある記述が続いていましたが、結局戦前の日本の天皇制というのは欧米人からみると理解しにくものだったのでしょう。必然的に裁判はいびつな判決をうみだすことなたったのではないでしょうか。そのことは現在にも影響を及ぼしています。

 ところで私事ですが、社会保険労務士の資格試験に合格しました。行政書士とあわせてダブルの資格となりました。行政書士はなじみのある科目でしたが、社労士の方は苦労しましたね。でもよかったです。 11月11日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-11-11 13:45
 今日山口県知事はF35B配備の容認を宣言したようです。私たちが指摘した2016年9月23日の事故については、さすがに県は国に問うたそうです。その答えは「安全性に影響を与えるような重大事故ではない」とのことのようです。でもこの場合は事故の大きさではなく、その状態が問題なのです。

 F35はエンジンに欠陥があることが懸念されていますが、エンジンの事故であったのか、どのような事故であったのかが問われているのです。具体的にエンジンの安全性を確認することが重要なのです。国はあからさまにこのことから逃げています。2014年6月の事故もそうですが、欠陥が克服されたのかどうかわからないのです。   11月8日

[PR]
by kumekeisuke | 2016-11-08 17:49
 山口県知事は明日8日岩国市など地元の1市2町の首長とF35B配備のことについて協議するそうです。大方の見方は容認宣言のようです。あまりにも拙速ですね。米軍も日本政府もあんまりいうことを聞くので驚いているのではないですか?    11月7日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-11-07 20:09

やせ我慢のこと

 我が家ではすでにストーブを押し入れから出して使用しています。こんなに早くストーブをだしたことはありません。しかし既に齢60歳、無理をしてはいけません。やせ我慢をする年齢ではなくなったと認識しています。ある医師が言うことには「50歳までは他人とのたたかい、それをすぎれば自分の病気とのたたかい」と、やせ我慢は他人とのたたかいのときにすることとみつけました。   11月5日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-11-05 20:03
 今日は瀬戸内ネットで岩国市に申し入れ。岩国市長の「F35B配備承認」の撤回をもとめました。本年9月23日米本国アイダホ州マウンテンホーム空軍基地において、F35Aは後部から出火する事故を起こしています。この事故について岩国市長はまったく触れていませんでした。

 岩国市の基地担当部長にきいたところ、事故があったことは知っていたが詳しくは知らなかったとのことです。驚愕の答えです。市長はどうなのかと言えば、これがあまりはっきりしないのです。知っていたようなそうでないような。ともかく事故があることを知りながら、独自に調査もしなければ、国に問い合わせるでもなく、県とも話し合うでもなく、米本国にいっても何の調査もしなかったというのですから、驚きです。

 F35AとF35Bは同じ会社のF135というエンジンを使っています。出火場所はエンジン付近です。一部報道ではエンジンの事故としているものもありました。事故はF35AですがF35Bとの関係が大いに疑われるのです。それで調査もせずに、安全宣言をするのですから、あきれたものです。市長の配備承認は前提条件がくずれてます。すなわち瑕疵ある判断なのです。こういう判断は取り消し・撤回しかありません。   11月4日

[PR]
by kumekeisuke | 2016-11-04 17:55
 昨日は岩国市議会全員協議会があり、なんと岩国市長は配備承認の立場を表明してしまいました。なんたる拙速、もしくは出来レース。安全性・騒音・住民合意どれをとっても承認できるレベルではありません。なんのためにアメリカにいったの?税金の無駄使いでしょう。   11月3日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-11-03 16:16