久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2016年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

安保法制施行

 本日、安保法制が施行されました。集団的自衛権の行使容認を盛り込むこの法制が憲法違反であることは多くの国民が認識するところとなりました。しかし政府は当面集団的自衛権の行使には踏み切らないでしょう。もともと軍事的には自衛隊が米軍を応援するということを米軍はあまり望んでいないのではないですか?日米ガイドラインでも集団的自衛権の行使にあたるのは機雷掃海とか情報収集ぐらいでしょう?ではなぜ集団的自衛権の行使を容認させたか、それはショウ・ザ・フラッグ、日本が軍事的にもアメリカを応援しているということを旗幟鮮明にしてほしかったのでしょう。

 米軍が日本に望んでいることは、私流の解釈ですが、1、在日米軍基地を一層米軍が使いやすくすること(米軍基地の自衛隊警護を含む) 2、米軍が自衛隊基地をより使えるようにすること(訓練空域など訓練施設をさらに米軍が使えるようにすることを含む) 3、海外での後方支援活動の強化。 ではないでしょうか?

 しかしこれはあぶないことですよ、日本人(自衛隊員)が海外で戦争に巻き込まれることを意味します。そして平時の国内での市民生活がさらに米軍の横暴で破壊される結果となります。   3月29日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-03-29 18:27

狼男

 岩国基地ホームページ3月25日付記事から。VMFA122が岩国基地に飛来した記事。UDP(部隊展開計画)の一環。6か月のローテーション、VMFA224との交代で配備。ニックネームは狼男。でも管制のコールはエコーのようです。なんででしょうか?   3月26日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-03-26 16:06

国民救援会岩国支部総会

 今日は日本国民救援会岩国支部の総会が開かれました。諸々の事情から今年度も私が支部長を務めることになりました。救援会の意義は大きなものがあります。戦争準備を進める安倍内閣のもとでは基本的人権が侵されることも多くなるでしょう。不当な逮捕や拘禁、起訴も増えるかもしれません。そういう時に市民的な立場から公正な対応を求める救援会は大切です。そういうわけで少し荷が重いのですが、頑張りましょう。 3月24日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-03-24 20:30

山陽自動車道のトラック

 季節は春本番になろうとしています。東京では桜の開花宣言がありました。さて山陽自動車道路のトンネル事故は近くでもありますし、衝撃的でした。最近山陽自動車道を通ることが多いのですが、トラックがやたら多い気がします。きっと運転手も人手不足で疲れているのだろうなと思います。トラックの後をついて行くだけなら、あまりにも遅くなるので、追い越すことが多いのですが、何か追い越す時に妙に緊張するようになりましたね。トラックの運転手が事故の運転手のように疲労しているのかと想像すると・・・。無理のない運行をしてもらいたいです。
    3月21日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-03-21 13:10

ATR

 岩国基地ホームページ3月17日付記事から。VMFA314が小松基地で航空自衛隊のF15と訓練している記事です。日本政府の説明では騒音軽減のための移動訓練といわれていますが、米軍の認識は大分違うようです。ATR(Aviation Training Relocation)ということで、騒音軽減なんて意識されていませんよ。

 最後にはこんな文章が「ATRは米軍と自衛隊の相互運用性を一層おしすすめ、将来一緒に働くことができるように準備するものだ。そして即応性を高め、日本との必須の関係を構築する」 3月20日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-03-20 13:54

憲法敵視の防衛大学教官

 岩国基地ホームページ15日付記事から。3月11日、岩国基地内で、昨年成立した安保法制のセミナーのようなものが開かれています。

 ここで防衛大学教官の黒崎なる人物が、まさに憲法を敵視する発言をしています。曰「我々はアメリカ合衆国を助けたいのに、憲法があるために少ししかできない。日本政府は日米同盟のために修正をしている」。おそらくこの修正ということばは憲法を修正するということを意味しているのでしょう。

 アメリカを助けたいために憲法を変えたいと、米兵の前で国立大学の教官が言うのですから、どうかしています
ね。学問の自由はたしかにあるでしょう。でもこのシチュエーションでゆるされるのでしょうか? 3月16日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-03-16 19:36
 認知症の男性が徘徊中に列車にはねられ死亡した事故について、最高裁は3月1日「家族に監督義務や賠償責任はない」とする判決をくだしました。大きく報道でも取り上げられたところです。

 判決文をよみましたが、誤解してはいけませんね。これで認知症患者に対する家族の監督責任がすべて免除されたわけではないのです。「家族だから監督義務者とは限らない」ということが確認されただけです。家族が「法定の監督義務者に準ずべきもの」と判断され、義務が果たされていなけれ、当然責任が問われ賠償責任が発生します。

 今回の判決は家族にとって朗報ではありますが、油断は大敵です。まあ司法も超高齢社会への対応が必要と認識し始めたというところでしょうか。    3月14日

[PR]
by kumekeisuke | 2016-03-14 18:34

三周年記念展

 今日は妻といっしょに光市の「あけぼの園」に行ってきました。次女の文子が通う障がい者施設です。ここでははんぷのバッグを売っているのですが、開店三周年記念ということで、ちょっとしたイベントを開いているのです。

 文子は刺繍を担当しています。以前にも書きましたが、なかなか人気があるのです。ふみちゃんバッグという売り出しをしてもらっています。結構力作もあります。値段はお安くはないのですが、売れてほしいですね!        3月13日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-03-13 17:38

新しいパターン

 岩国基地のホームページの記事から。3月7日付の記事ですが、VMFA314(ブラックナイト)が石川県小松基地に展開していますね。名目は騒音軽減措置による移転訓練とのことですが、実態は米韓合同演習に連動する訓練でしょう。

 朝鮮有事には岩国基地の部隊は一部が小松など日本の基地に移動し、そこから朝鮮半島に出撃するというシナリオもあるということですね。まあ小松から北朝鮮は近いですよ。先日朝鮮有事には岩国基地の部隊は朝鮮半島に移動するものと岩国基地に残るものと二通りあると書きましたが、もう一つ自衛隊基地に移動するパターンもできたということのようです。これはやはり昨年の日米ガイドラインの筋書きでしょうか?  3月12日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-03-12 19:38

ともに未来を語ること

 広島県の中学校3年生が自殺した事件、本当にかわいそうです。学校・教師嫌い?の私などは大いに憤慨するものです。なぜ私が学校・教師が嫌いかといえば、権力と権威をかさにきて押しつけが行われるからです。

 昔市会議員のとき、ある教育長が「今ごろは保護者に高学歴の人が多くなって、教師もつらいものです。教師が見くびられて教育ができない」といわれたことがありました。当時はなるほど教師も大変だなあぐらいに思っていましたが、この教育長はまちがっていますね。教育は権力と権威を背景に行うものと勘違いしているのでしょう。

 残念ながらそんな間違った教育観を持った教育関係者は今でも多いのではありませんか?アラゴンは「教えるとはともに未来を語ること」といっています。教育と権威・権力は無関係のはずですよね。そもそも教師を先生と呼ぶことはやめませんか、およそ先生と呼ぶにふさわしくない人が多すぎます。これも一つの教育改革と思うのですが・・。     3月11日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-03-11 17:26