久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2015年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

失われた25年

 失われた20年といわれます。1990年のバブル崩壊から考えると、今年で25年さしずめ「失われた25年」というべきでしょうか?失われたという言葉の意味はどういうことなのでしょうか、成長しなかったととらえるべきでしょうか?それとも不景気だったということ?正直よくわかりませんね。もっとも流行語ですから正確に意味がわからなくてもいいのかもしれません。

 ただだから何とかしなければと、アベノミクスにつながっているのかもしれません。不景気であろうと成長がなかったということであろうと、25年も続いたのですから、もうこれは受けいれるしかありませんね。おまけに先進国のすべてが同じ傾向だそうですから。どうしようもないと腹をくくるしかないというものです。

 アベノミクスの危うさは現状認識の甘さにあるのではありませんか?このまま国の借金を増やしてどうにかなるわけがありません。来年の国の予算はどうなのでしょう。マスコミも本当に真実を伝えてくれなければこまります。国家財政が破たんしたとき、もっとも被害をこうむるのは社会的に弱い立場の国民です。そんなことを思う時、来年こそは経済をしっかり勉強したいと考えるものです。    12月31日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-12-31 19:19

年の瀬に

 いよいよ今日・明日で今年2015年も終わりです。今年を振り返ればもちろんいろいろですが、読んだ本で一番印象的だったのは何かというと、「自衛隊の転機」ですね。おりしも安保法制が成立したときでもあり、大いに考えさせられました。

 ちょうど学習会の講師を頼まれたこともあり、3回ぐらいは短期間で読みなおしました。思うに自衛隊の存在と日本国憲法は相いれないものです。その矛盾はどうしようもないぐらいに大きくなっていたのですが、安倍首相はそれを憲法を真っ向から否定する方法で解消しようとしているのですね。もはや法の支配する国ではありません。

 自衛隊が海外で武力を行使すれば、自らも相手方にも犠牲者をだすことは当然といえます。こうなると世論がどのように動くかはわかりません。よくよく警戒しなければいけませんね。自衛隊が違憲だなんて言おうものなら、たちまち袋叩きにあうような社会にはしたくありません。    12月30日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-12-30 17:22

ファシズムの萌芽

 年末のニュース特番を見ていると、考えさせられることもあります。あるコメンテーターが言っていましたが、中間層が崩壊したときファシズムに流れる可能性があるというのです。歴史的にそのような結果になっているのでしょう。私も同感ですがね。

 とすると世界的に今は危機的状況ですね。欧米では国と国との格差、そして国民の中での格差が大きくなっていますから。もちろん日本も同じです。安倍首相のような反知性主義の政治家に人気が集まるのはそんな背景があるのでしょう。

 自らの生存の基盤が崩れると攻撃的になり、過剰なまでに失われる豊かさを守ろうとする。人間なら当たり前かもしれません。しかしそれでは本当にファシズムに進んでいきますよ。世界の状況を全体的にしっかり見て、何が豊かな生活かよく考えることが必要ですね。それが成熟した社会の大人の責任でしょう。違うでしょうか・・。
      12月27日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-12-27 19:49

高齢者の運転

 12月に入って山口県では死亡交通事故が増えているらしいですね。その特徴として高齢者が関係している事故が多いようです。高齢者が被害者にも加害者にもなっているのではないでしょうか。

 私も先日ある89歳の男性と話をしたのですが、まだ自動車を運転したいというのです。確かに90歳でも元気な人はいるでしょう。しかし常識的にみればそれは無理というものでしょう。こういう人がおそらく相当数いるのでしょうね。そして岩国市内の道路を運転しているのでしょう。しみじみ気をつけなければと思った次第です。        

 ところで今日はクリスマスイブです。子たちが成人した我が家では何ということもないのですが、敬虔なキリスト教徒の人たちにとっては特別の日なのでしょう。そしてキリスト教徒でない人にとっても、幸せな一日であればそれはそれでいいことですけど。       12月24日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-12-24 21:11

広島ジャーナリスト

 12月15日日本ジャーナリスト会議広島支部発行の「広島ジャーナリスト」が送られてきました。私が10月24日「岩国基地の拡張・強化に反対する広島県西部住民の会」の学習会で話した内容が、文字になって納められています。「岩国は対中戦略の最重要基地」と題されています。講演後の質疑応答は入っていませんが、それでも全体で8ページに及び資料も忠実に掲載されています。何冊か注文したので関心のある人に読んでもらいたいと思っています。     12月23日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-12-23 16:49

知的快感

 今日の毎日新聞におもしろいコラムをみつけました。「学校と私」という欄ですが、ある寺の住職で宗教学者の人の文章です。ゼミの先生に勧められて大学院に行ったものの、あまり勉強に身が入らなかったのに大学院博士過程で急に知的快感を知ったというものです。

 彼は今の学生にも知的快感を知ってもらいたいと締めくくっています。なにかシンパシーを感じました。私も同じような経験があるのです。もちろん宗教学者のそれとはレベルが違うかもしれませんが、私の場合は20代前半でした。大学を卒業した後、無性に勉強したかったことを覚えています。そしてその時こそいろいろなことが身についたように思います。大学時代の勉強が下地にあるのでしょうが、やはり人間熟成には時間がかかるものだと思っています。

 私の場合は学校ではそんな経験はできませんでした。なぜだかわかりません。特に小中学校時代は勉強に快感があるなんて思いもしませんでした。どうしてでしょう・・・。   12月21日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-12-21 18:19

スターウォーズ

 スターウォーズの新しい映画が上映され、人気になっているようです。スターウォーズの一作目はいまから40年近く前のことでしたよね。私が大学生のときでしたから。昔は映画がすきでこのシリーズはおもしろいと思って見たものです。「ジェダイの復讐」までは劇場で観ました。迫力があってよかったです。一昨日テレビで一作目を見ましたが、まあやはり時代を感じますね。確かに面白いのですけれど・・・。

 私はジョージルーカスがすきです。彼の初期のころの作品「アメリカングラフィティー」は大好きです。もっともみたのは一回だけで、仙台の名画座でのことですが。あのみずみずしくも乾いた感性はいいですね。いまでも最後のシーン、眼下の白いサンダーバードを見て笑う主人公の顔が思い出されます。   12月20日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-12-20 18:23

プランドール

 私が責任者をしているサービス付き高齢者住宅は「プランドール錦見」といいます。よくプランドールってどうい
う意味ときかれます。プランドールはフランス語です。私はフランス語についてはまったく理解不能です。学生のころ第二外国語はドイツ語でしたし、周りもほとんどがドイツ語でした。フランス語なんて気障な奴が勉強するものだぐらいにしか思っていませんでした。まさかいまごろフランス語に縁があるなんて・・。

 プランドールはprendreと書きます。調べてみるとものすごく意味が多いのです。つかむ、使用する、乗車する、食べる、受け入れるなど自動詞・他動詞(こんな文法がフランス語にあるのかどうかしりませんが)合わせて30以上もあるのです。

 最近は自分なりに納得している意味を見つけ?ました。「成功する、信用される」「幸せを手にする」ということです。「成功する、信用される」はちゃんと辞書にあります。「幸せを手にする」は私の思いが入った意訳です。

 人生の最後とても大切な時間を過ごしている入居者のみなさんに幸せをつかんでほしい、そしてその期待にこたえる住宅でありたいという私の思いです。     12月19日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-12-19 16:40

非戦闘員退避訓練

 岩国基地ホームページの記事から。12月11日基地の居住民対象に非戦闘員退避訓練(NEO)が行われています。アイアンワーク体育館で退避の手続きをするようですが、その受付の様子が写真になっています。NEOの理由は自然災害、大規模な産業による災害(工場の炎上・爆発?)、敵からの脅威とされています。対中国との戦闘では岩国基地や在日米軍基地が中距離弾道弾ミサイルなどで攻撃されることはある意味織り込み済みですから、当然日常的にやっていることですが、NEOは重要視されるのでしょうね。   12月17日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-12-17 17:07

でっかいサル

 今日岩国市美川町に行ったのですが、国道をでっかいサルが悠然と歩いていました。住宅地いわゆる部落と呼ぶ場所の近くです。道行く人よりサルの数が多くなるのではないかと心配です。でも子どもはあぶないですよ。自動車が横を通っても知らんぷり、怖がる様子はありません。あれは人を襲いかねません。この前美川町に行った時も国道近くでサルをみました。相当いるのでしょうね。人家のあるところでサルとの共存は難しいでしょうし、なんとかならないものでしょうか。  12月15日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-12-15 19:47