久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2015年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 今日は木曜日、私の炊事当番の日、夕食は鍋にしました。鍋は野菜がたくさんとれるから健康にいいです。作るのも簡単ですしね。しかし何よりも私が今日食べたかったのです。炊事当番の利点はこれです。女性が長生きするのは自分の好きなものを優先的に作って家族にたべさせるからという説をきいたことがあります。だいたい自分の食べたくないものをつくる気なんてしないでしょう。家族には「暑いときに熱いものを食べることが体にいいのだ」と言っておきます。   7月30日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-07-30 20:38
 岩国基地ホームページ7月22日付記事より。7月22日EA6Bプラウラー(VMAQ2)は岩国基地のホットピットでの給油に初めて成功したとのことです。ホットピット給油とは軍事用語辞典によれば、基地に帰還した軍用機が、エンジンを作動させたままの状態で給油を行うこと、とされています。給油に要する時間はEA6Bで13分だそうです。防空におけるEA6Bの任務を一層強力にするものだそうです。なぜ今回初めてかというとEA6Bのサイズが大きいためとのことでした。ホットピットを使う航空機のウイング幅は通常50フィート、ところがEA6Bは53フィートあるのだそうです。    7月28日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-07-28 18:14

小型旅客機の墜落

 昨日の東京調布での小型旅客機の墜落には驚きました。調布に飛行場があるなんてしりませんでしたが、まさに住宅密集地のなかに飛行場があるのですね。実の姉が調布市に住んでいるので、電話をしました。墜落場所に近いというほどのこともないようです。

 航空機の事故はやはり離陸・着陸時に頻度が大きくなっています。ですから滑走路延長線上は危険度が高いのです。よくあれだけ延長線上に民家が密集しているものだと思います。都市計画上のアセスメントが十分ではないですね。

 事故の原因は解明されるのでしょうか?機体の大部分が燃えていますから、非常に難しいのではないですか。航空機事故の原因は、設計・組み立て・運用・整備・操縦のどこかにあるはずです。一番簡単に結論付けられるのは操縦すなわちパイロットのミスですが、今回はどうでしょうか?   7月27日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-07-27 18:15

医療安全

 先日行われた月に一度の医療問題勉強会での課題は医療安全でした。市内病院の医療安全管理室の方にお話しをいただきました。医療分野での事故・事件は人の命にかかわることですから、当然に重要です。安全管理は独立した部署を与えられているようです。東芝の例にもあるように内部統制は非常に重要です。組織論的にもおもしろい分野だなと思った次第です。   7月26日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-07-26 14:34

戦時下の性暴力

 今日夕方、TBS系列で旧日本軍のインドネシアでの性暴力について特集された番組がありました。なかなかの力作と受け止めました。日本軍が組織的に性暴力を認めていたことが強調されていました。

 この番組を見ていて、ある女性のことを思い出しました。彼女はもう20年も前に亡くなったのですが、今生きていれば90歳は超えていると思います。いわゆる米兵相手の夜の商売をしていた女性です。当時Tというスナックを経営していて、20代の私はよくここにBLTを食べに出かけたものです。子どものように思えたのか、かわいがってくれたと記憶しています。

 彼女の昔話でこんなことがありました。ずっと前(おそらく占領時代)米兵相手の商売をしている女性は保健所で性病検査を受けなければいけなかったそうです。そして陽性なら店に出ることができなかったというのです。元市会議員の弘本陽一さんの「川下ものがたり」にもこんな文章があります。「これは市役所のよこにある、岩国保健所に行って、週一回か十日に一回程度性病検査を受け、陰性であればよい。これでガールフレンドになれる資格があるのだ。・・・外人バーに努める女は全員この検診を受けなけばいけない」(84Pから86P)

 彼女の話はきっと本当なのでしょう。どうして私にあんな話をしてくれたかわかりませんが、行政も加わっての組織的な圧力とも考えたのかもしれません。    7月25日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-07-25 19:02

地球が見たい

 テレビでは日本人宇宙飛行士のニュースがたくさん。油井さんという人は中年の星なのだそうです。自分の夢を長年かけてかなえたというのは、とても素敵な話です。子どもたちの宇宙飛行士へのあこがれはきっと今日大きく膨らんだことと思います。

 しかし私は宇宙飛行士が素敵なあこがれの職業とはなかなか思えないのです。私はとても高所が苦手なのです。飛行機にのるのが嫌いなことはもちろん、観覧車に乗ることだってできれば御免蒙りたい人間です。いわんやロケットに乗って宇宙にまでいくなんて、想像しただけで気絶?しそうです。

 ただ油井さんが「宇宙から見る地球はとてもきれいだ」といっていましたが、確かに宇宙船から見る地球はとても美しいとどの宇宙飛行士も言っています。宇宙から地球が見たい、このことだけは人並みに思っています。     7月23日
 
[PR]
by kumekeisuke | 2015-07-23 18:22

「希望の資本論」

 長女が買っていた「希望の資本論」(池上彰・佐藤優)という本を読みました。おもしろかったので、それこそ一気に通読しました。

 私は「資本論」は1巻だけは読んでいます。確か大学3年の夏休みに徳島の実家でほとんど読んだと思います。どうして1巻だけかというと、大学のある教授がせめて経済学部にきたのだから、資本論1巻と帝国主義論だけは読んで卒業してくださいと言ったからです。ちなみにマルクス自身が編集したのは1巻だけです。2・3巻はエンゲルスの編集ということです。帝国主義論は大学1・2年生で読むことができます。簡単といえばレーニンに怒られるでしょうが、やはり資本論に比べると簡単というべきでしょう?資本論は確かに抽象的思考力を要するように思います。

 2・3巻部分については授業でそのいくらかは習いましたが、なにか読んでみたくなりましたね。それから佐藤・池上両氏が宇野弘蔵をしきりに評価するのですが(私にはそう読めました)、宇野氏といえば東大ですが、実は若いころ東北大学の助教授か何かをしていたのです。そういう関係か大学の教授のなかには結構宇野派の先生がいました。私も「経済政策論」を買って読んだ記憶があります。しかしなにしろ大学時代の勉強というのは自分の実になっているようで、なにか身についてないようで・・。一度じっくり勉強してみたいなと思わせる本でした。     7月20日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-07-20 17:19

蝉の声

 窓の外に蝉の声が聞こえます。関東は梅雨明けしたそうですが、山口県はまだでしょうか?いよいよ夏休み、夏本番です。各地の高校野球予選の便りがいかにも季語のように夏を感じさせます。

 安保法制の衆議院強行可決は、波紋を投げかけています。今日の毎日新聞ではとうとう安倍内閣の支持率は不支持率を下回りました。しかし安倍内閣はまた何か仕掛けてくるでしょうね。現時点は日本の民主主義が試されている時です。このまま国会で成立したのでは、暗澹たる気持ちになります。

 中国の台頭をこの法案の根拠にしているように見えますが、中国を武力で封じ込めるというのは非現実的な話です。戦後70年、時代は進んでいします。武力による抑止が時代遅れで効果がないということを国民が理解する必要があるのでは。     7月19日

 
[PR]
by kumekeisuke | 2015-07-19 12:43

対米公約

 安保法制の衆議院強行可決は安倍首相も対米公約を果たすという意味から必死だったのかもしれません。そういうことからいえば4月の新ガイドラインは同じく対米公約です。思うに安保法制の早期成立と新ガイドラインの実施はセットの対米公約でしょう。

 先日ある新聞社から岩国基地と安保法制可決との関係をきかれたのですが、安倍首相の対米公約重視はまちがいなく米軍岩国基地の運用にもかかわってくるでしょう。自衛隊を隠れ蓑にした米軍の横暴が目につくのではありませんか・・?    7月18日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-07-18 19:11

年収のこと

 昨日ネットを見ていると、なんかの拍子で「出身大学別年収ランキング」というページにあたりました。どういう根拠か知りませんが、驚いたことに私の出身大学が慶応大学についで堂々の5位にランクされているのです。(もちろんトップは東大ですが)。

 私の知る限り東北大学の学生というのはみんな地味で、金儲けに目先が利く人間なんて皆無と思っていたのですが・・。まあ堅実なのかもしれませんが。母校が思わぬ?高順位であったことはうれしくもあるのですが、その年収の平均の額は、現在の私の年収より大分高いのです。正直複雑な心境にもなりました。今妻とはつまらぬことで交戦状態なのですが、妻がこの数字を知るとどう思うでしょう?   7月17日
[PR]
by kumekeisuke | 2015-07-17 18:59