久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2014年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

政治と国民の劣化

 今日の毎日新聞一面の「私の視点」は共感できるものでした。保阪正康さんの意見ですが、政治家の劣化は国民の劣化を意味しているというのです。私の議員経験から考えても政治家というのはポピュリズムに陥りやすいのですよ。ステイツマン(政治家)を目指そうと思っても選挙のことを考えるとポリティシャン(政治屋)になっていることがあります。

 政治が一流になるかどうかは国民が一流になることにかかっています。保阪さんは「自分はどう生きるのか、幸福とは何かを自問自答し続けることが、日本の将来を選ぶことにつながる」としています。東日本大震災から3年8ヵ月、地に足付けて考えることがとても大切に思います。多くの犠牲者の上に今の日本の平和が築かれたのなら、震災の犠牲者に報いることが現在の日本人のなすべきことではないでしょうか。   11月30日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-11-30 18:29

国民救援会で

 今日の夕方は国民救援会岩国支部の街頭宣伝に参加。岩国駅前で久しぶりにマイクをもちました。道行く人の中には知り合いの人もいて声をかけてくれました。本当は秘密保護法の施行に反対するという趣旨の宣伝のはずでしたが、冤罪の人を救おうというスローガンの訴えになりました。まあこの方が救援会らしいですがね。

 でも今日は暖かでした。来週は寒くなるらしいですが、日ごとに冬を感じることになりそうです。年末が近づくと何かとせわしいですね。今日来年用の手帳を買いました。   11月29日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-11-29 17:51

介護給付と保険料

 来年は介護保険制度の改定が行われます。重点化・効率化を口実に大ナタが振るわれることが明らかになっていますが、2018年の改定はさらにひどいと聞いています。安倍首相の今回の早期解散は来年4月の介護保険制度の改悪も考慮して、時期が選定されたのと違いますか?

 とにかく政府の資料をみると介護給付は2025年には現在の倍20兆円となり、全国平均の保険料も4000円から8000円になると見込まれています。もうやっていけませんね。重点化・効率化を頭から否定する気はありませんが、政府のほうりだしだけは許されないですよ。

 人口が減り、資源もなく成長を遂げた日本にこれからのさらなる成長信仰は有害です。足元をよく見て、地域で生き残ることを考えましょう。いまからなら間に合います。  11月27日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-11-27 17:54
 日本政府のエボラ出血熱への対応は、一言でいうなら水際作戦です。検疫法と感染症法を根拠として、隔離や強制的な入院、健康監視などを行うのですが、強制力はといえばやむおえないことながら、十分ではありません。

 特に外国からの侵入者に弱いですね。WHOの発表はありませんが、中国でも疑似症患者が多数出ているそうです。二次感染者が入国して、知らない間に出国してしまえば、どうしようもありません。もはや日本で患者が出ないことを願うばかりです。

 ところで米軍岩国基地ではエボラ患者が基地内ででた場合、県立総合医療センターに送ることにしています。昨日の段階ではまだ米軍から医療センターにそのことについて申し入れはしていないようです。それから県立総合医療センターではエボラ患者が県内で発生したことを想定して近く(公開?)訓練をするようです。    11月26日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-11-26 17:43

猪の生肉

 岩国市室の木町4丁目で大きな猪がでて地元の男性がかまれたことは全国ニュースとなっています。私もこのニュースを聞いた時は、自宅も職場も近くなのでギクッとしましたね。岩国市から和木町にかけての山にイノシシがいるということは知っていました。相当な農作物被害がでていますからね。

 近くの立石町では市道をイノシシが歩いているということです。私も市街地の住宅横をイノシシが歩いているのを見たことがあります。私の見たイノシシは子どもでいわゆるウリボウというやつです。しかし今回のイノシシは体長1.2メートル、100kgもある大イノシシでしょう。おまけに出没したところは山の近くではなく離れたところです。イノシシのいる山から考えると国道2号線を渡らなければいけないところです。この分だと今に岩国駅前もイノシシが歩くようになるかもしれません。

 ところで猪の生肉を食べたことがあるでしょうか?猪の刺身というやつです。猪は背骨のわずかな部分だけ生で食べれるのだそうです。昔友人と美川町の旅館にわざわざ食べに行ったことがありますよ。あっさりしていておいしかったことを覚えています。猪の肉はボタンといっておいしいのですが、獰猛な大きい猪はいただけません。
   11月24日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-11-24 16:49

11月21日付依頼

 エボラの問題ですが、11月21日付で厚生労働省はおよそ一ヵ月ぶりに新しい地方自治体への文章を出しています。「エボラ出血熱の国内発生を想定した行政機関における基本的な対応について(依頼)」というながったらしい文章ですが、同じ題名で出された10月24日付のものよりはだいぶん詳細になっていますね。ただまだ十分に対応できるのかと心配する部分もあります。ともかくこの一か月の経過から国もやるべきことがある程度わかってきたのでしょう。

 エボラへの対応で法的な根拠は「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」ですが、感染が疑われる人には強制力はありますが、それ以前の状態にある人への強制力はありません。たとえば流行国に滞在していたことなどの申告については嘘をいっても罰則はないようです。健康監視者の外出規制もあくまで自粛を求める程度です。なにも厳しくしろとは言いませんが、不心得者がいたらどうするのかと不安はぬぐえません。  11月22日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-11-22 17:54

タイムカード

 最近は労務管理を手掛けるようにもなったのですが、労働時間の管理というのは大切ですね。多くの職場ではタイムカードが使われています。その理由がわかりました。始業時間と終業時間の管理は使用者の義務なのですね。労働者が自己申告で今日は何時に帰りますと記すのは少しまどろっこしいですから、タイムカードはその点便利です。

 ただ当然タイムカードには実労働時間が記されるわけではありませんから、タイムカードで刻まれた時間がすなわち超過勤務時間にはなりません。いわゆる残業は上司の命令・承諾でおこなわれるものです。少なくとも私の勤め先の就業規則にはそのようになっています。

 知り合いの社会保険労務士に聞いたところ、大切なことは労働者がその仕組みを理解することだと言います。もっともです。ひどい職場は上司が意味分からずにいますから・・。これがトラブルのもとです。 11月21日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-11-21 20:11

アベノミクスの結果

 アベノミクスの恩恵を受けた人は少なくとも私のまわりにはいませんね。輸出企業の成績がよかったということは聞いていますが、地方への影響は微々たるものでしょう。しかし今の状況が続くのであればまだ我慢もできるかも知れませんが、ひょっとして日本の政治・経済が終わってしまうのではないかと恐怖を感じますね。

 ある経済学者の本では、日本の預金額は2017年ぐらいから減少するらしいです。そうすると膨れ上がりつつある国債を銀行が購入できなくなり、いよいよ国債の金利が大きく上昇するのではないかと予測されていました。こうなると国民生活は大げさにいえば破たんですね。そしてアベノミクスはそのスピードを加速させているというのです。対抗してできることは財政のバランスをとることだそうです。そのためには従来の経済成長信仰をやめるべきなのだそうです。

 先日ある銀行人と話す機会がありましたが、銀行は自分のところの預金額がいつ減るかについて把握しているようです。間違いなく地方銀行の預金額は数年後に減少します。なぜなら預金を持っている高齢者が少なくなりますからね。そうすると今度は地方銀行の再編ですね。すでに水面下では地方銀行は相当ハードな戦いを行っているようです。この10年で日本の姿がおおきく変わることは避けられそうもありませんね。 11月19日
 
[PR]
by kumekeisuke | 2014-11-20 18:05

アベノミクスの成否

 今度の衆議院選挙の争点の一つはアベノミクスなる傾向のよくわからない政策の是非です。最初は円高を是正して、輸出企業の業績をのばし、株高をもたらしました。そのことにより、好景気感が醸成されたことは事実です。しかしその後は結局ダメでしたね。2年もたってまだデフレ脱却なんて言っているのですから、自らの政策の失敗を認めているようなものです。

 浜田宏一という安倍首相のブレーンは今年4月の消費税増税に反対していました。マネタリストのみなさんは反対だったのです。このへんが安倍首相のよくわからないところです。ある時はブレーンの言うとおり、ある時は言うことを聞かない、場当たり政策なのですね。

 昨日のインタビューで安倍首相はアベノミクスに代わる政策があるなら出してほしいと言っていました。無謀な金融緩和などはやめて、バランスのとれた緊縮財政を目指すべきです。ただこの案は選挙の政策としては国民からは支持されないでしょう。残念ながら国民の多くはバブルや高度経済成長をいまだに忘れられないのです。だからアベノミクスのようなやくざな経済政策がうけるのです。

 ふくらみ続ける国の借金、高齢化する社会構造、いいかげんに足元をみましょう。 11月19日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-11-19 18:41
 岩国基地ホームページ11月14日付記事から。VMFA115とVMFA(AW)533は韓国軍との共同演習マックスサンダー14-2に参加のため、韓国クンサン基地に展開しています。両部隊は13日クンサンに到着となっています。演習の主な目的は戦闘戦術、近接航空支援、救難救助とのこと。おそらくキーンソードと連動しているのでしょうが、533部隊は全機参加ではないでしょう。  11月18日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-11-18 17:33