久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2014年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

戦争論と平和論

 昨日聞いた講演ではクラウゼビッツの戦争論に触れられましたが、クラウゼビッツは19世紀のプロシアの軍人です。戦争論はエンゲルスもよく読んだそうですが、私も書店で日本語訳を見たことがありますが、分厚い本でした。とても読みたいというものではありませんでした。

 戦争論より平和論が大切と思いますが、正面切って平和論を語った本はあまりないですね。身近なところでは日本国憲法前文でしょうか。有名な平和的生存論です。平和というのは恐怖と欠乏から免れる状態をいうのだとの下りです。でもどうやって平和を実現するかはなかなか凡人には理解しがたいところがあります。

 ヨーコ・オノはメディア論的観点ですが、はっきり言っています。平和とは完全なコミュニケーションが実現した状態であるといのです。ただこうなるとあまりに実現性がないように感じるのですが、芸術家の彼女にはそれなりの方法論があるのでしょう。

 おそらく安倍首相という人はクラウゼビッツ的発想の人なのでしょう。ともかく69年間戦争しなかった日本という国はすばらしい国です。そろそろ日本人のなかで本格的平和論を書く人がでてもいいのではないでしょうか。
    8月31日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-08-31 18:41
 今日は広島市で行われた広島弁護士会主催の講演会を聞きに行きました。「憲法9条と集団的自衛権行使」という主題で、元防衛官僚(官房長を務めたというのですから、最高幹部ですね)の柳澤協二さんがおよそ1時間30分ほど基調報告ということで話されました。大変面白かったですよ。久しぶりに政治的学習意欲がインスパイアーされました。

 柳澤さんは第一次安倍内閣のときの官房副長官補でしたから、安倍首相のことはよく知っています。もちろん安全保障政策のエキスパートです。集団的自衛権の行使容認が防衛官僚が望むものでなかったことがわかりましたし、今後の政治スケジュールを予想することが難しいことも理解できました。

 一番共感したことは彼の時代認識です。クラウゼビッツの戦争論を持ちだして、国民の一部にとくに若い層に好戦的な感情があることを指摘していました。結局自己実現できない若い人が多いのだということです。ここを何とかしないと、戦争反対を言っているだけでは力になりません。柳澤さんは民主主義の迷走と言いましたが、私は民主主義そのものの貧困と言いたいですね。民主主義のすばらしさ、本当の力を若い人が実感できることが必要と思います。もともと日本の民主主義は十分なものではありませんが、最近では一層衰退しているのではありませんか、特にバブル以降。    8月30日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-08-30 19:36

今夏の決算

 いよいよ夏も終わりですね。報道によると今夏の日照時間は山口県では過去最低レベルとのこと。野菜が高くなって困ります。我が家ではカイワレ大根やキノコ類がよく食卓にのぼるようになりました。でも自宅の庭に育つ雑草はそんなことお構いなしにぐんぐん伸びています。どこが違うのでしょうね。

 今年の夏は結局冷夏と言わざるをえませんね。今日もしとしと雨で、8月にきれいに晴れた日なんてなかったでしょう?ここまで来ると雨になれました。もう肌寒くさえ感じます。カーディガンを着ようかと思うぐらいです。ともかく今年の8月は夏を感じることができませんでした。

 今夏はKC130が岩国基地に移転してきた年でもあります。米軍再編元年とも言えるかもしれません。
    8月29日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-08-29 18:17

介護のやりがい

 介護職の収入が低いことが問題になって久しいものがあります。超〃高齢社会を迎えるにあたり、介護職の人を増やすことは重要です。男性の介護職については特にです。介護は意外と力仕事が入っていますし、一生の仕事になるぐらいでないとうまくいきません。

 ところが介護職は収入が低いだけでなく、将来の希望もなかなか持てない職種です。どうしても看護職からは低く見られるし・・。先行き不安を持って転職する人もいるでしょう。今日広島県のある病院を視察に行ってきました。そこでは若い男性の介護職が大いに活躍していました。やはりきちんと評価されているのですね。役割分担も看護職と変わらない地位のようでした。

 若い人たちが生き生きしている職場はいいものです。男女別なく能力に応じて評価されることが必要ですし、介護職の重要性を社会が認識することが求められています。   8月28日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-08-28 16:56
 岩国基地ホームページから8月19日付の記事にありました。KC130部隊についてです。パワーライン・メンテナンスというメンテナンス部門の重要性が強調されています。KC130は同じ固定翼機でもFA18とはメンテナンスにおいて違うところがあり、その重要な部門の一つがパワーライン(なんて訳せばいいのでしょう)メンテナンスなのです。このセクションはKC130のエンジン・プロペラ・給油に関して責任を持つのだそうです。

 KC130はオスプレイが地上部隊を運ぶために必要な給油を行うとしています。オスプレイとKC130は一体と考えることができます。ということは・・・・、KC130が沖縄から全面的に離れることはないし、KC130が岩国に来たからには、オスプレイが岩国に来る頻度も増えることが予想されます。地上部隊・オスプレイ・KC130は一つのグループとして考えるべきなのですね。  8月25日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-08-25 18:12

土砂災害

 広島市の土砂災害は予想をはるかに上回る被害となっています。しかしわからないのは行方不明者の数がある程度時間がたって急に増えたことです。ということは当初救出作業さえおこなわれなかった被災者が多くいたということです。行政の手だてが遅れたといわれても仕方ないのでは?市長や県知事が翌日視察に行った光景がテレビにでていましたが、それよりすることがあったのではないですか。指揮・監督のトップとしてやることはないのでしょうか?いかにもパフォーマンスぽくって・・・。東日本大震災の福島第一原発に直後に管直人首相が視察に行ったことを思い出しました。

 私の自宅のすぐ近くの山が先日の豪雨で大分崩れたそうです。昔土砂災害で人的被害があったところです。もし広島市なみの土石流が発生したら、私の家も巻き込まれます。対策が必要です。  8月23日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-08-23 17:06
 岩国基地ホームページの記事から。8月15日MWSS171はフォレイジャー・フューリーⅢの準備を始め、港におよそ300の重装備品を運び込んだようです。フォレイジャー・フューリーⅢは9月に始まるのだそうです。貨物を運ぶ船は一度は沖縄によって演習地であるテニアンに向かうとのことです。毎回この演習は岩国基地所属機の多くが参加します。荷物の量からしてもFA18ホーネットの部隊は3部隊中2部隊がテニアン・グアムに移動するのではないですか。   8月21日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-08-21 16:35

雲のかよいじ吹きとじよ

 広島の豪雨災害には驚かされました。ほんの数十キロ離れたところの状況とは思えません。朝のニュースで中継された画像では、大規模な土石流に人影のない市街地が映し出されなにか不気味に思えたのですが、人的被害も大きいようです。

 豪雨の原因は8月6日の岩国での豪雨と同じようです。南からの湿った暖かい風が九州・四国の間を通りぬけ、周防灘を渡ってきて中国山地に当たったことにあるようです。レーダーを見ると広島市の北部に次から次に雨雲が発生していたことがわかります。普通天気は西から東に変わっていくのですが、この状況は一定の地域に集中的に雨をふらすようです。

 ところで昨日と今日では天気図の様子に大きな変化はありません。ということは風向き次第で岩国市でも広島市なみの雨が降る可能性があるということです。南からの湿った風をどこかに運んでもらいたい気持ちでいっぱいです。百人一首の歌に「雲の通い路吹きとじよ、乙女の姿しばしとどめん」という歌がありました。(40年も前に覚えた句ですから間違いはあるかもしれません)誰かに風の通い路をぜひ吹き飛ばしてもらいたいと思うことしきりです。   8月20日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-08-20 19:18

戦略展望

 米海兵隊の「2025年戦略展望」をネットからダウンロードしました。最近よく目にする文書です。中身をざっと見ただけですが、今後の米海兵隊の方向に付いて書いてあるようです。MAGTFということばが随所に見られます。米軍再編の見直しでもこの概念は特徴的に使われています。地上部隊と航空部隊の統合的運用は今後の海兵隊のとりわけての中心任務なのでしょう。海兵航空隊の主な六つの要素として、強襲支援、空戦、オフェンシヴ・エア・サポート(どう訳せばいいのでしょう?)、電子戦、航空機とミサイルの管制、偵察をあげています。 8月19日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-08-19 20:22

夏の終わり

 今日でお盆休みが終わりという方は多いでしょう。昔母から本当の暑さはお盆までと聞いたことがあります。用事があって周南市に行きましたが、陽射も風も秋のそれを感じました。今年の夏は猛暑とは違いましたね。本格的な秋にはまだ時間がかかるでしょうが、夏の終わりが見えた一日でした。   8月17日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-08-17 19:06