久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2014年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

盛夏

 今の時期を夏真っ盛りと言うんでしょうね。外に出ると体にこたえる暑さで、人が汗をかいているのを見るだけで暑く感じるのはどうしてしょう。8月といえばヒロシマ・ナガサキを思い出しますね。今日の新聞に広島に原爆をおとしたB29エノラゲイの最後の生存者が死んだというニュースが目を引きました。

 彼も一人の歴史の証言者といえます。第二次大戦の戦勝国とりわけアメリカでは原爆投下に対する意識というのは日本のそれとは大分違うものがあるようです。亡くなった彼も原爆投下については後悔していないと言っていたようです。日本人の私としてはどうにも傲慢で非人間的に思うのですが、現実はこのようなものなのですね。

 むしろこのような意識の人たちをいかに核兵器廃絶の世論に結び付けていくかが問われているといえます。人類の叡智という言葉信じたいですね。   7月31日

 
[PR]
by kumekeisuke | 2014-07-31 20:56

教育関係者の傲慢さ

 長崎県佐世保市の女子高校生殺害事件には驚かされました。ついでに長崎県の教育長や校長のコメントにも失望しました。教育長については新聞で読み、校長はテレビで聞いたのですが、「いままで命を大切にする教育をしてきた」と言っていたのです。

 いかにも言い訳的な、自己弁護だと思いません?救いようのない小市民的な人物たちだと感じたのは私だけでしょうか。とりわけ校長はこんな大事件を起こした当事者でしょう。神経疑いますね。予想できなかったというのはいいわけです。神戸のサカキバラセイトの事件もあったし、猟奇殺人に考えが及ばなかったなんてナンセンスです。それに容疑者の女子高校生は不登校だったというではありませんか、学校としてどういう対応だったのでしょう。入学を許可したのですから責任あるでしょう。

 人間に対する洞察と心理学的な面での知識に乏しかったのはまちがいありません。被害者はもちろん加害者も可哀そうです。   7月29日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-07-29 18:18

知らないと損

 今日職場でなかなかおもしろい?人に会いました。外資系の生命保険会社の部長さんですが、退職金制度をどのように設計するかということを少しばかりですが教えていただきました。今はデフレですから、いかに貯蓄を将来の人生設計に役立てるかが重要というわけです。それが企業の生き残り戦略にもかかわってきます。

 正直いま中小企業の退職金制度は結構選択肢があるのです。どれが有利か素人にはよくわからない所があります。こういった分野での知識は大切と思います。独居の高齢者が多くなるこれからの社会には資産の有効な運用や貯蓄方法を示してくれる人は重宝なのかもしれません。

 超高齢社会はさまざま職種の人たちの連携と協力が必要と思います。資産運用や貯蓄の最先端の知識をぜひ身につけ、これからの活動に役立てたいと思った次第です。 7月28日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-07-28 18:25

歴史の証人

 昨日の毎日新聞に、1945年8月9日北九州市の八幡製鉄所でB29の空爆に対して「コールタールを燃やして煙幕を張った」と当時の職員が証言したことが掲載されていました。長崎に原爆を投下したあのB29(ボックスカー)の最初の目標は小倉でした。この煙幕が原因で小倉は難を逃れたのかもしれません。

 どうしてこのような証言がいまごろと思いますが、証言をした元職員は「長崎の人たちに申し訳ない」という気持ちがあったようです。しかし長い間だまっていても歴史の証人としてもう話さずにはおれなかったのでしょう。

 私は県議会で(もう13年も前)、旧日本軍が作った8万発の毒ガス弾を戦後米軍が周防灘に投棄したことを質問したことがあります。北九州市に当時お住まいだった各務享さんを訪ね歴史の証言者として聞いたお話をもとにしたものです。各務さんは戦前毒ガスの製造にかかわっていたのですが、米軍の命令により処分の手伝いをした方です。

 各務さんは機密を守るように言われて、ずっと黙ってきたのですが、湾岸戦争などで化学兵器の犠牲者がでるにおよんで「事実を話すようになった」と言われていました。さぞや長い間苦しい思いであったことでしょう。歴史の証人はまだまだ埋もれているかもしれません。あたらしい事実が明らかになることを願うものです。7月27日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-07-27 17:14

1970年代の明善寮

 東北大学の明善寮のことがニュースになっています。寮内で未成年が飲酒をしたことに対して、大学側が全員の退寮を求めているようです。私はこの寮に住んだことはありませんが、友人がいたので年中のように遊びにいっていました。もちろん友人の部屋で泊まることもたびたびでした。

 40年ぐらい前のことですから、今と倫理感がまるで違うのですが、ほとんど試験中以外はどこかで酒盛りが行われているような寮でしたよ。旧制高校の寮がそのまま新制の大学(1・2年生専用)の寮になっていて、確かに風情?を感じるものではありました。まあその伝統を受け継いだといえばそうでしょうが、寮生の連帯意識は半端なものではなく、そこに酒が存在していたというわけです。

 でも当時は社会がそういうことをおおめに見てくれた時代でもありました。だって毎年4月の新入生の入寮歓迎会で新入生がどんぶり酒を先輩から飲まされるのをテレビがニュースにしていたのですから。いまや建物も新しくなり、寮生の気質も変わっているのでしょうが、どこかで明善寮には昔の気質が残っているのかもしれません。私としては大学側の意向も理解できるし、複雑な思いでニュースを読みました。  7月26日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-07-26 14:25

孤独死率高い山口県東部

 日本共産党山口県議団から送られてきた資料は大変興味深いものでした。各警察署ごとの65歳以上独居の検死者数を過去5年間調べたデータです。岩国警察署と柳井警察署管内の数字が圧倒的に高いのです。5年間の総数は499、総数は2445ですからおよそ5分の1、人口の割合からいくと相当高いことがわかります。

 この数字は孤独死の数とほぼ一致すると考えられます。岩国は昨年平成25年は67件で下関の80件に次いで高くなっています。年〃多くなっています。岩国と柳井における孤独死対策に問題があることは歴然です。地域包括支援センターがその任にあたるべきですが、いったいどうなっているのでしょう?   7月25日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-07-25 18:58

瀬戸内の鱧

 昨日のこと知り合いの魚屋さんと久しぶりにあってご挨拶をしました。最近は年齢のせいもあり、かつ健康のことも考えて魚を多く食することにしています。その方は老舗の魚屋さんなのですが、今頃の時期は鱧がいいですね。鱧のことが話題となりました。関西の夏は鱧と蛸がなければいけないと聞きますが、脂ののった鱧はおいしいですね。岩国市沖の瀬戸内海でよく取れると聞いたことがあります。関西に相当量送られているようです。豊かな自然に恵まれていることを実感するものです。本格的な鱧料理が食べたいものです。

 ところでオスプレイを佐賀空港に配備すると防衛省は言っているようです。なんとも唐突に聞こえますが、防衛省にとっては限られた選択の一つかもしれません。まず民間航空機の離発着が少なくいこと、当然空港の運営に自治体は困っていますよね。そこにつけいる隙があると考えたのでは?そして地理的な位置です。中国・朝鮮半島に近く、陸上部隊との訓練ができる日出生台に遠くないなど考えれば、佐賀空港というのは考えられますね。 7月23日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-07-23 18:37

VMFA115岩国到着

 岩国基地ホームページの記事から。7月18日付VMFA115が本国サウスカロライナのビューフォート基地から7月11日に到着、170名の兵隊とおよそ10機のFA18ホーネットから構成されています。ニックネームはシルバーイーグル。VMFA(AW)224と交代です。

 7月11日づけ、CLC36は演習ドラゴンファイアーに参加、キャンプ富士に7月11日に着いたとのことです。この演習は毎年行われていますが、海兵隊員としての基本的なスキルを磨くことに目的があるということです。ちなみに海兵隊員はライフルマンと呼ばれ、たとえ兵站の任務につく兵隊でも基本的な戦闘技術をもたなけれればいけないということです。   7月22日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-07-22 17:48

梅雨明け

 ようよう梅雨があけました。空の色も確かに夏の色です。空気の感じも一週間まえとは違いますね。ところで最近のオスプレイの動きは活発です。もうほとんど毎日?岩国基地に来ている感じですね。部隊もドラゴン・タイガー両方入り乱れているようです。岩国基地が本土のオスプレイの本拠地、日本での準母基地であることがますますはっきりしました。本土での訓練が本格化するのも時間の問題でしょう?そして事故が起こるのも?ともかく私たちの頭上で危険な訓練はやめてほしいです。   7月21日
[PR]
by kumekeisuke | 2014-07-21 17:29
 岩国基地ホームページ7月15日付KC130部隊についての記事から。KC130は岩国基地に移転後、岩国基地におかれているMAG12(12飛行大隊)隷下になるようです。沖縄にいるときは普天間に駐留しているMAG36隷下でした。しかし今後も沖縄に司令部を置く第三海兵遠征軍の指揮下におかれるようです。要するに沖縄からの指示に従うということです。沖縄での運用が相変わらず多くなるだろうことは容易に推測されますね。

 運用面の変化ですが、日本の北の演習地に近くなり、それがどこを指すかはよくわからないのですが、例としてキャンプ富士が挙げられています。  7月20日

 
[PR]
by kumekeisuke | 2014-07-20 12:48