久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2013年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

三本の滑走路

 どうやら岩国基地には三本の滑走路があるようです。岩国基地の滑走路の両脇には平行して2本の誘導路がありますが、パイロットたちはこれらをそれぞれランウェイ(滑走路)と呼んでいるようです。東側の誘導路をコースト(海岸沿い)ランウェイ、西側をインサイドランウェイ、私たちが滑走路と呼んでいるランウェイはメインランウェイといっているようです。

 パイロットが誘導路をどのように認識しているかがよくわかります。誘導路は事実上幅の狭い滑走路なのです。いままでも滑走路が何かの事情で使えないとき、誘導路から離発着が行われてきました。コーストランウェイは艦載機部隊の移転が決まってから、計画変更してできたものです。いざとなれば三本の滑走路から離発着が行われるのでしょうか? 5月31日

 
[PR]
by kumekeisuke | 2013-05-31 18:30

梅雨入り

 梅雨入りして3日目、もうじめじめしてきました。梅雨だからといって気がめいることばかりではいけません。どこかに風流を見つけなければ・・。一昨日岩国市の錦町に用があって行きましたが、錦川沿いの山は雨に洗われて本当にきれいでした。新緑とはいえず濃いみどりですが、夏の緑まで濃くありません。この時期の山の緑は格別です。特に錦川沿いは・・。雨の風景もいいものです。

 吉田兼好も「花は盛りを、月はくまなきものをみるものかわ」と言っています。一般的にきれいと言われる満開や満月ではなく、それをはずしたときこそ風情があるものと理解しています。雨の風景にもこころがときめくことがあってもいいはずです。

 デパートのお中元合戦が始まったそうです。なにやら豪華な商品が売れる傾向とのことです。実際お金があるところにはお金があるのでしょう。私の周りでは実感されません。結局お金を持っていた人が景気がよくなりそうなので、使い出したというところではありませんか。アベノミクスはいまのところ間違いなくバブルです。バブルにはどうあがいても風情は感じられません。もちろん物が売れることはいいことです。お金がある人は大いに使えばいいのです。しかしバブルでうかれると、後に残るのは風情の真逆の剣呑です。   5月30日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-05-30 19:05

開所式で

 先日書いたように今日は周南市の障がい者施設の開所式でした。相談支援センターだけでなく、就労支援施設と就業・生活支援センターあわせての開所式でした。50名ぐらいの関係者を中心にした参加者でしたが、スーツを着ている人でノーネクタイは私だけでした。やはりまだ5月だからでしょうか?
 
 来賓として祝辞を述べました。その一部の件を紹介します。原稿を書いたわけではありませんから、記憶をたどってのことです。正確ではないかもしれません。

 ビサイドという言葉には想い出があります。三年前周南あけぼの園が行ったイベントの名前です。私も関係しましたが、厳しいとかつらいとかの言葉が多いいまの社会で、あなたのそばにというのは温かみを感じてほっとします。人はだれでも一人では生きていけませんが、とりわけ障がい者は一人で生きていくのには困難があります。どうかそばにいて援助・サポートをしっかりお願いします。
 障がいがあろうとなかろうと、誰もが生きていくすばらしさを実感し、また働く喜びを実感できる社会をつくるために、今日が大きな一歩であることをこころから祈念するものです。 5月29日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-05-29 18:51

会長としての初仕事

 周南あけぼの園の保護者会、あけぼの会の会長としての初仕事がやってきました。29日社会福祉法人大和福祉会あけぼの園グループが相談支援センター「ビサイド」を立ち上げますが、その開所式に来賓として出席することになりました。

 事業の内容は詳しくわからないのですが、ともかく行って来ます。最近の障がい者関係の法律は複雑でいろいろな事業があって勉強しないとわからないのです。でも、これはおかしいですよね。当事者が適正に事業を利用できるように簡単にするのが本当でしょう。

 なんとか使う財源を節約しようと、役人が考えての結果です。名前がいいですね「ビサイド」、「あなたに寄り添う」。なんとなく温かな気持ちになりませんか。 5月27日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-05-27 21:19

ラクレット

 昨日は岩国総合支援学校の運動会でした。仕事の関係もあり昼から参加しました。今年も元気でなごやかな、支援学校らしい運動会でした。私の次女が卒業してから5年もたちますから、知っている先生も少なくなっています。でも子ども達の表情は変わることがなく、なんとなくタイムスリップしたような気になります。

 ところで、ラクレットというチーズをご存知でしょうか?昔山口市のワイン専門店で教えていただいたのですが、大変おいしものでした。以来気に入っているのですが、なかなか岩国市では手に入りません。先日妻の友人が北海道のお土産に買ってきてくれました。

 おいしくいただきましたが、今ひとつ何か足りないのです。調べてみると以前食べたのは北海道の共働学舎という農場でつくられたものでした。この農場は個性豊かな子どもたちが中心になって酪農をしているところと知りました。

 ホームページでみてみるとりっぱな理念のもとに運営されているようです。味が違うのはこころがけが違うからでしょうか?  5月26日  
[PR]
by kumekeisuke | 2013-05-26 16:29

マダニ

 岩国医療センターの患者の皮膚についていたマダニからSFTSウイルスが検出されました。正直驚きましたね。マダニの被害なんて関係ないぐらいに思っていたのに・・。調べてみると、マダニというやつは凶暴?ですね。人や動物の皮膚にくいこんで、血をすって寄生するというのですから。

 SFTSウイルスによる重症熱性血小板減少症候群という疾患は致死率も高く物騒なものです。でもおそらくマダニ被害は以前から相当あったのでしょう。知り合いの年配の看護士さんに聞くと、マダニが寄生していた患者さんを診たことがあるといっていました。

 マダニが寄生するとほくろのように見えるそうです。無理に取ろうとしてはいけないようです。はがすときに皮膚に傷をつけ、ウイルスや細菌を体内に入れることになるそうです。病院に行って対応してもらうしかなさそうです。

 岩国医療センターで治療を受けた患者さんはおそらく岩国市在住の人でしょう。この付近にいるマダニがSFTSウイルスをもっている可能性は高いと思わなければいけません。登山や草むらに入るときは十分な準備が必要ですね。 5月24日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-05-24 18:26
 なぜオスプレイの編隊飛行が危険なのか、それはオスプレイが後方乱気流に弱いからです。昨年6月米本国フロリダ州でのオスプレイの事故は、低空で編隊飛行訓練中に前方のオスプレイの後方乱気流に後方機が巻き込まれ、墜落したものだからです。

 ちなみに昨年9月19日の日米合同委員会では日本側は「低空における近距離の編隊飛行訓練は訓練空域など米軍施設内においてのみ実施」するよう要望しています。米側は「できる限りそうする」という誠意のない返事です。

 一昨日9時前のオスプレイの飛行はヘリモードで近距離の編隊飛行でした。低空で今津川上空を飛んでいきました。フロリダの事故は機体間の距離は約360メートル、低空でやはり両機ともヘリモードでした。月明かりのなか一歩間違えば墜落事故でしょう。 5月23日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-05-23 17:16
 オスプレイは今日も午後7時30分ごろ、岩国基地を離陸し東側の海上に消えていきました。やはりアフターダーク、夕暮れ以降の訓練です。

 昨年4月米軍が発表した「環境レビュー」によれば、「夜間飛行訓練(アフターダーク)はMV22の訓練の中で重要な部分を占めるので、分遣隊は現在岩国基地で行われているのと同レベルの夜間飛行訓練を行うことになるだろう」(久米訳、環境レビュー2章38ページ)とされています。

 このように夜間訓練の重要性が指摘されているのは岩国基地だけです。米軍の岩国基地の位置づけは明らかです。またこの間の岩国基地での訓練をみれば裏づけもされました。

 ところで「環境レビュー」では「夜間」という言葉は二通りあります。ナイトとアフターダークです。ナイトは夜10時以降の訓練、アフターダークは文字通り夕暮れ以降のことでしょう。

 昨年9月の日米合同委員会の合意では米軍は普天間基地での午後10時以降の訓練は最小限にすると言っています。そうなれば岩国基地での次なる訓練の段階は午後10時以降ではないでしょうか。
 5月22日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-05-22 20:40
 昨晩から岩国基地にオスプレイが飛来しています。今基地北側の土手から帰ってきたところですが、オスプレイが日本の領土内をヘリモードで夜間低空編隊飛行しているところを目撃しました。

 何度も書きましたが、昨年の米軍が発表した「環境レビュー」では岩国基地での訓練はアフターダーク、夜間訓練が重要な意義を持つとしています。その通りの訓練です。岩国基地は単純な中継基地などではありません。まさにオスプレイの夜間訓練基地なのです。陽がとっぷり暮れだしてからプロペラを回しだすのです。

 最近の岩国基地の所属機は毎日のように遅くまで夜間訓練をしています。行き先は四国沖の訓練空域が多いようです。今日も夕方からホーネットが8機飛びました。  5月21日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-05-21 21:36

橋下市長の問題発言

 橋下市長の「従軍慰安婦についての発言」問題は毎日大きくマスメディアで取り上げられています。本人もここまで大きな問題になるとは思っていなかったでしょう。とりわけアメリカから石つぶてが飛んできたのには驚いたことでしょう。橋下市長は政治的なヒーローから一転ヒールになってしまいましたね。維新の会の支持率も急落しています。

 本人が今夏の参議院選に出馬することはなくなったでしょう。でも橋下市長には定例市議会が待っていますよ。おそらく市長不信任かなにかが出されるのではないですか。もちろん維新の会が多数でしょうから、最終的には否決されるでしょう。でも市長を守れば議員達は自分が困ることになります。有権者にいいわけするのに大変でしょう。橋下市長が謝罪し発言を撤回しないかぎり、騒動は続くでしょう。  5月20日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-05-20 19:41