久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2013年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 今日は岩国商業定時制の教育振興会の役員会がありました。卒業式の記念品などを決めたのですが、学校から近況報告もありました。昼間部は定時制では県内唯一の入試倍率1倍以上ですが、不登校経験者が不登校を克服することで知られています。今年度の入学者も9名が小・中学校で不登校だったそうですが、7名が学校に来ているそうです。アンケートでも多くの保護者がこの学校でよかったと思っている結果がでています。

 ただ残念ながら就職状況はよくありません。40名の卒業予定者のなかで16名がいまだ進学・就職未内定です。そして7名が進路そのものが未定なのです。これは毎年の傾向で、せっかく不登校を克服したのに卒業すると引きこもりになることもあるようです。

 問題を持っている子どもには3年間は短すぎる期間です。学校で居場所を見つけ、自己肯定感ができあがりかけても、就職する意欲まではいたらない。または就職するだけの社会的成長にいたっていないことがあるようです。こういう子どもたちには時間と施設が必要です。みんなそれぞれの成長経路あるのですから、定時制学校の次に必要な施設(または学校)は社会の責任でつくらなければいけません。これは私自身の課題であるかもしれません。 1月31日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-01-31 16:28

記事ランキング

 私のブログの記事ランキングをみると一位は「卒業式祝辞」になっています。(今日時点)。これは5年前の岩国商業定時制の私の来賓祝辞の記事です。どうしてこれが一位に?卒業式の季節が近づいているからかもしれませんが、一つの理由はあるブログに私の祝辞が紹介されているからでしょう。「こころに響く贈る言葉」といいます。

 卒業式にちなんで三つの祝辞が紹介されていますが、そのうちの一つが私のものです。大変褒めていただいて恐縮しきりと言うところです。そして私の次に紹介されている祝辞がなんとスティーブ・ジョブスのものなのです。ジョブスと並列に扱われるとはまことに光栄です。彼は私と同年代ですが、桁違いの偉人ですから。

 「こころに響く贈る言葉」の作者さんは私のブログを見ていただいたようです。ブログの威力ってすごいですね。実は祝辞は毎年やっているのですが・・。ところで岩国商業は今年春の選抜高校野球大会に出場が決まりました。考えてみたら定時制とはいえ、今でも教育振興会会長をしている私は立派な学校関係者です。今年の春は甲子園に応援に行ってみようかと考えています。 1月30日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-01-30 19:02

初春の

 今日はあたたかい、いい日和でしたね。柳井市に行くことがあったのですが、田園風景になにやら春を感じましたよ。今ぐらいはちょうど旧暦の12月末ぐらいでしょうか?2月の上旬に旧暦の元旦が来るのでしょう?年賀状で「初春の喜びを・・」なんて書きますが、そのころの陽射しなら確かに春という言葉を使ってもおかしくありませんよね。

 ところで昨日から通常国会が始まりました。聞けば来年度予算は5月上旬ぐらいに可決されるようです。こんなに遅くていいものでしょうか、地方自治体なら考えられません。補正予算の審議が当然先におこなわれますが、補正も本予算もあんな膨大な額の審議って大変ですよ。山口県の予算クラスでも相当タフでしたから。到底一人では太刀打ちできません。でも大切なことは国民一人一人が無関心にならずあきらめず自分なりの政治へのアプローチを行うことと考えます。必ず成果はあります。
 1月29日 
[PR]
by kumekeisuke | 2013-01-29 20:00
 昨日は東京で沖縄県民大会実行委員会主催で「オスプレイ配備反対」の集会がおこなわれました。報道によると全国各地から4000人が集まったそうです。なにより驚くのは自治体首長などオール沖縄で反対していることです。保守も革新もありません。

 岩国はどうかといえば、お寒いかぎりですね。新聞報道では那覇市長は福田市長の発言を聞いて、オスプレイは岩国基地で受けてくれたらいいと言ったそうです(昨年9月)。沖縄でいやなら岩国でもいやです。オスプレイは日本のどこかに配備しなければいけないのでしょうか。

 そんなことはありません。海外配備、突っ込んで言えば本国配備でいいのです。政治的には難しいこともあるかもしれません。しかしそんなことは政治家の考えることです。住民の基本的スタンスは「オスプレイは本国に帰れ」これでいいのだと思います。 1月28日

 
[PR]
by kumekeisuke | 2013-01-28 19:18

瀬戸内ネットの総会

 住民団体瀬戸内ネットの6回目の総会が来週開かれます。そのときに記念シンポジウムも行われるのですが、私もパネラーの一人として参加することになっています。20分間の持ち時間だそうです。オスプレイの問題を中心に報告したいと思っています。

 このブログで何回か書きましたが、沖縄の負担軽減を口実に本土に新たな負担が押し付けられようとしていますが、その象徴がオスプレイです。「瀬戸内ネット」総会の時間と場所は2月2日午後1時半から、岩国市福祉会館です。  1月26日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-01-26 18:24

財政の崖

 決算カードというものをご存知でしょうか?地方自治体毎の決算状況を毎年一枚のカードにして公表しています。山口県のホームページに県下自治体の決算カードが掲載されています。残念ながらまだH23年度のカードはできていないそうですが、このカードは一目でその自治体の財政状況の概況がつかめるとともに、各自治体の比較ができて便利です。市会議員時代はよく参考にしました。

 頼まれごとがあって山口県下のカードをみたのですが、岩国市の状況はやはりあまりよくないですね。地方債(すなわち自治体の借金)残の割合が同規模自治体のなかでは多くなっています。H22年度ベースですが、山口市・周南市・防府市・宇部市・下関市のなかでは、財政健全化の指標の一つ実質公債費比率が一番悪いのです。ただ岩国市の名誉のためにいえば、努力してここ数年は改善されてきていることは付け加えましょう。

 しかし、この努力も財政の崖?がくればどうでしょうか。H28年度から合併による地方交付税の特例加算措置が縮減されます。その額は相当なはずです。どう対応するのでしょうか。もし再編交付金や基地がらみの国からの支出などをあてにするのでしたら、とんでもないことです。中・長期の財政見通しを市民に明らかにするべきと思いますが、いかがでしょう。

 ところで、H23年度の監査委員による決算意見書をみたのですが、財政健全化法で公表を定められている、「実質公債費比率」と「将来負担比率」に関しての意見がないのですよ。法律で決められた指標について監査委員が触れないというのはいかがなものでしょう。 1月24日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-01-24 17:20
 空母艦載機の岩国への移転が延期されることが明らかになりました。予想されることではありましたが、少し考えてみる必要がありそうです。政府関係者は岩国基地の施設建設が進んでいないことを理由にしているようですが、なぜ建設が遅れたのかが問題です。

 たとえば空域の問題など日米間でのさまざまな調整ができていないこともあるでしょう。私はただ事務や工事が遅れているというだけにとどまらないことがあると思うのです。去年4月日米政府は「米軍再編の見直し」の中間報告を発表しました。しかしまだ最終報告は出ていないのです。要するに米軍再編全体のスケジュールと計画に不確定な部分があるのでしょう。

 キーワードはアメリカの対中国戦略・アジア戦略と沖縄でしょう。この二つの要素をどのように処理するかいま大いに日米で検討中なのではないでしょうか。しかしはっきり延期を発表したのですから、相当に詰まってきているとも考えられます。岩国基地が今後どのような形になるのか、まったくといっていいほど「わかりません」。

 ただ再編交付金や海上自衛隊の残留問題などの動きをみると、岩国基地への負担が大きくなることの懸念はあります。前にも書きましたが、沖縄の負担軽減を口実にした、本土の沖縄化の突破口に岩国を位置づけていることは間違いありません?  1月23日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-01-23 18:40

人生の曲がり角

 曲がり角にもいろいろありますが、人生の晩年の曲がり角というのは一つは「自分で排泄が困難になったとき」、もう一つは「口から食事が食べられなくなったとき」だそうです。この二つがそろうと介護のレベルはぐっとあがります。

 このときは選択のときでもあるようです。たとえば排泄の問題ではオムツをするという手もありますが、リハビリに挑むという手段もあります。どちらをとるかで相当違いますね。やはりオムツはできるだけやらない方がいいでしょう。QOLを高める点で、私自身もそうありたいと思います。

 では食事ができなくなったときはどうでしょう。胃ろうや経管栄養ということもありますが、寿命としてあきらめ自然死を待つということもあります。この選択はなかなかむつかしいですね。ただこれからは自然死を待つということがポピュラーになるかもしれません。すでに北欧・フランスなどではそうなっているのだそうです。  1月22日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-01-22 19:06

新年会で

 「岩国地域の医療を考える会」の新年会が、私の快気祝いも兼ねて開かれました。みんなから「拾った命を大切に」とかさんざん冷やかされました。私も心臓の問題については、経験者ゆえになにかオーソリティーになったかのように感じていますが、やはり気をつけなければと思います。健康の問題というのはなんとも奥が深いものがあります。医学部の教授がゴルフ中に心筋梗塞で亡くなった話も出ましたが、どうしようもないことってあるものですよね。

 酒席ですから、どうしても愚痴やらなにやら。あそこの施設はこうだった、ああだったなど。最後に医療センター跡地の話もでましたが、これは一体どうなるのでしょうか。 1月21日

 
[PR]
by kumekeisuke | 2013-01-21 21:04

城山へ

 今日は城山登山?を敢行してきました。昨年末心臓の治療をしたこともあり、ゆっくりとではありますが。近所のW医師が暇なときに城山に登っていると聞き、また「自閉島より愛を込めて」の作者も城山のぼりで気分転換しているということでしたので。

 頂上で少し休憩して往復50分ぐらいでしたか。気持ちよく汗をかきました。10年ぶりくらいの城山でしたが、若いときに比べれば当然時間がかかりました。登山道には2ケ所休憩場所があるのですが、昔はどうしてこんなところにと思いましたが、いまとなってはあってもいいなと感じます。自然のなかでの運動はたしかにリフレッシュ効果があると思います。 1月20日
[PR]
by kumekeisuke | 2013-01-20 16:54