久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2012年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

国からの回答

 今日朝山口県を通して、中四国防衛局から24日の質問に対する回答が届きました。こんな内容です。27回もの施設外での垂直離着陸モードの飛行が日米合同委員会の合意に反するとする質問ですが、「米軍の運用ニ係わることで承知していない。米軍からはすべての飛行運用は合同委員会合意にしたがって実施されたと説明を受けている」

 はっきりしたことは米軍は合意をまともに遵守する気はないということです。そして日本政府もそれを黙認です。日本政府の安全宣言はこの合意が守られることが前提ですから、安全宣言は破綻しているのです。
[PR]
by kumekeisuke | 2012-09-28 19:21

オスプレイの編隊飛行

 今日は広島から知人のOさんが来て、お互いの近況を報告しあいました。今日はオスプレイの体験飛行でしたが、飛行日和でしたから快適な体験ができたのではありませんか。報道の人たちも体験搭乗記を書くでしょうが、書くことがなくて困るのではないでしょうか。

 昨日はオスプレイは二機で編隊飛行を行ったようです。編隊飛行といえば、今年6月のCV22の事故は編隊飛行時の事故でした。先行機の後方乱気流に後行機が巻き込まれたものです。日本側も気にしていたのでしょう、日米合同委員会の議事録では米側に対して「低空における編隊飛行訓練は、認められた施設及び区域内において実施する」ことを求めています。

 でも米側の答えは「できる限り認められた施設及び区域に限定する意向」というつれない答えです。低空の編隊飛行というのは大事な訓練なのでしょうね。低空飛行ルートで行われる可能性だけでなく、岩国基地周辺でも行われるのではありませんか。そういえば2年前小瀬川上空でMH60ヘリの低空飛行を見たときは、たしかに編隊飛行でした。9月27日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-09-27 17:31

秋を感じて

 今日は仕事で岩国市の錦町まで行ってきました。中国山地の山の中は秋ですよ。陽射しさえ違う気がしました。国道187号線の沿道には彼岸花が咲いていて、目に沁みる赤色が印象的でした。明日も晴れるようです。

 明日はオスプレイの体験飛行の日ですが、多分穏やかな日和でしょうから、安全飛行ができるのではないでしょうか。報道によると28日にもオスプレイは普天間に移動するようです。森本防衛相は試験飛行は2週間と言っていましたから、大分早いですね。

 予想していたよりは訓練の量は少なかったように思います。夜間飛行訓練も把握する限りわずかでした。シュミレーターでの訓練は相当やっているのでしょうが、ほんとに大丈夫?私も普天間基地は何度も見たことがありますが、あの基地でオスプレイが飛ぶのはどう考えても怖い気がします。

 昨日も書きましたが、オスプレイはどこかぎこちないのです。安全・安心とは程遠い飛行機だと判断せざるをえないのですが・・。ところで試験飛行をしていない04・05の機体はどうするのでしょう。ひょっとして本国に持って帰る?当面10機で運用するのかもしれません。 9月26日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-09-26 20:00
 昨日の県への質問の答えはいまだありません。あの程度のことでどうしてでしょう。ところで、オスプレイの飛行を見て思うことは、マスコミ関係者の感想でもありますが、オスプレイは風に弱いということです。

 22日3時47分離陸の機体番号06はあきらかにおかしかったですよ。わざとヘリモードからの変換を遅れさせたようには思えないのですが。あのときは追い風でした。目撃した人の話では基地内でのホバーリングの段階で機首が下がっていたそうです。

 これは4月モロッコでの墜落事故と同じ状態です。あの時も追い風でした。印象としてオスプレイという航空機はバランスが悪いなということです。  9月25日 
[PR]
by kumekeisuke | 2012-09-25 19:11

違反飛行、その後

 昨日指摘したオスプレイの日米合同委員会違反飛行の件については、今日早速山口県総務部基地対策室に問い合わせました。国に照会するとのことで、回答があり次第返事をくれるそうです。

 さて訓練4日目ですが、依然として機体番号04、05が試験飛行を行わないのだそうです。なにか不具合でもあるのでしょうか・・。

 今週これからは夜間飛行を行う可能性が大きいと思います。当たり前の話ですが、夜間飛行は危険です。 9月24日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-09-24 17:49
 今日は昼前から基地北側の滑走路が見えるところに。いったん帰ったのですが、オスプレイが飛行しそうという連絡があり、またでかけました。3時15分から6時過ぎまでオスプレイは4機飛行しました。昨日も言いましたが、日米合同委員会の合意事項違反が続出でした。今津川河口上空・・すなわち日本の領土で合計27回垂直離着陸モードでの飛行を確認しました。日米合同委員会の合意って米軍は知っているのでしょうか、二国間の取り決めと思いますが、本当に軽く扱われています。ちなみに時間と機体番号をメモしておきました。9月23日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-09-23 19:37
 今日は午後からオスプレイを見るために基地の沖に。早速オスプレイが9月19日付けで日米合同委員会で合意された事項に違反しているのを目撃しました。

 9月19日日米合同委員会により承認された覚書の参照b「日本国における新たな航空機(MV22)」の5米軍施設及び区域の上空及び周辺における飛行経路及び運用のeには「MV22は通常、米軍の施設及び区域内においてのみ垂直離着陸モードで飛行し、転換モードで飛行する時間をできる限り限定する」とされています。

 今日午後3時47分に基地北側に飛びったオスプレイ(機体番号06)は明らかに日本領土内(今津川)上空でも垂直離着陸モードでした。前記の合意には「運用上必要な場合を除き」という但し書きがありますが、私が見た他のオスプレイはちゃんと基地上空でモード変換していました。この部分を英文でみると「Except as operationally necessary」となっています。運用上という言葉は作戦上という意味に近いニュアンスです。

 今日の時点ではまったく言い訳にならないでしょう。守られない合意なら、なんの意味もありません。こんな簡単なことさえ守られないのですから、日本政府の安全宣言は破綻しています。 9月22日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-09-22 17:04

オスプレイの初飛行

 今日、オスプレイは初飛行をおこないました。こんな天気のいい日に初飛行ができて海兵隊はラッキーでしたね。多くのマスコミが押し寄せたなかで、快適な飛行をお見せできてよかったでしょう。いかにも安全というイメージを持たせることができたのではないでしょうか?

 オスプレイはリボロも言うように厳しい条件で飛んだときに問題があるのです。まさかこんな状態でトラブルはないでしょう。ところで19日の日米合同委員会の合意文書を読みました。大切と思うところは英文も見ましたが、問題点はいっぱい。読み解く作業がいるのかもしれません。9月21日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-09-21 19:32

いつわりの安全宣言

 オスプレイの安全宣言は無責任としかいいようがありません。防衛省・外務省は「他の航空機と比べてとくに危険と考える根拠は見出していない」と結論づけていますが、けだし名言です。「安全と考える根拠もないのです」。逆はまた真なり?

 オスプレイの危険性はどこにあるか、APCが多発する可能性は大です。今年4月のモロッコの事故などはまちがいなく可能性があります。また最近の重大事故は原因不明、人為ミスばかりなのです。前にも書きましたが、要するに真の原因が明らかにされていない可能性が大きいのです。米軍と防衛省の調査では信用できないでしょう。第三者的な公正な立場での調査・検討が必要なのです。それをやらずしての安全宣言は偽りです。

 防衛省のホームページにでている文書(日米合同委員会覚書等)を見ると岩国基地への負担は大きくなりそうです。毎日新聞によると岩国市長は事実上の飛行容認のようですが、またこのオスプレイの配備をねたに国になにかおねだりするのでしょうか。市民の安全を売り飛ばすようなことはやめてもらいたいですね。 9月20日
[PR]
by kumekeisuke | 2012-09-20 13:25

防衛相、来岩

 明日また森本防衛大臣が岩国市に来るそうです。オスプレイの安全宣言なるものを引っさげてのことのようです。昨日日米防衛相会談があってすぐですから、よほどアメリカ側に強くいわれたんでしょうね。

 昨日の会談と記者会見の概略を読みましたが、日米で安全性が確認できたら、ゴーサインということのようです。地元の意向は無視。アメリカ側に地元の懸念を伝えたら終わりということのようです。これって見切り発車というのではないですか。岩国市はどう対応するつもりでしょう。すでに国の対応を評価するようなことを市長が言っていましたから、おそらくたいした抗議はしないでしょう。

 国や米軍のやり方を、一応批判をするが黙認ということになりはしませんか。地方自治体の仕事(市民の安全をまもる)を放棄してもらっては困ります。
[PR]
by kumekeisuke | 2012-09-18 18:02