久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 岩国市で死亡交通事故が続いています。2ヶ月で8件8人だったそうです。岩国市としてもたまらなかったのでしょう。交通死亡事故非常事態宣言を行いました。普通岩国市は一年間で10人もでれば多いほうだったと記憶しています。ちょっと異常ですね。こういうときは全市的な取り組みが必要です。警察も市民的反感をかうような取締りばかりやらず、本当に事故を少なくしたいというメッセージを出してもらいたいですね。そうしないと市民的に一体感をもった運動はできないですよ。

 以前私が市会議員だったころ、やはり岩国市で交通事故が多いときがあって、市議会で交通安全都市宣言を決議したことがあります。私が文章を作成したと覚えています。いまでもその看板を見ることできますが、一部の人だけの運動ではなく全市民的なものにする努力がいりますね。
[PR]
by kumekeisuke | 2010-09-30 07:04

質問原稿提出

 昨日の段階で質問原稿は執行部に提出しました。もちろんこれに第二質問、第三質問を考えなければいけないのですが。字数は5600字くらいでしたか、字数を少なくしようと思い、無理をした原稿があり、今日少し手直しをしなければいけない部分があります。

 昨日のわが党藤本議員の質問はおもしろかったですよ。愛宕山の問題では知事が、はっきり普天間問題が決着しなくても岩国市がいいなら、県も売買交渉におうじると。でもパッケージ論は捨てたわけではないと言うのですから、わかりにくい。さしずめ禅問答のよう。知事はおそらく先を読んで答弁しているのでしょう。筋書きがあって今の段階の答弁でしょう。しかしいくらなんでも無理のある答弁ではありますよ。
[PR]
by kumekeisuke | 2010-09-29 06:41

市民会館にて

 一般質問の原稿は一応できました。本当は昨日は山口に泊まり、もう少し文章の推敲をしたかったのですが、市民会館で愛宕山に係わる住民説明会があったので岩国に帰ってきました。会場には700人ぐらいいたのでしょうか、このような説明会では多いほうでしょう。いわゆる容認派の人たちは動員がかかっていたのではないですか。たくさんいましたよ。でもちょっとやらせを感じましたね。会場からの質問の最初と最後は容認派の中心人物を司会者があてると決めていたのではないですか?意見・質問をする人は反対派より容認派を少し多くするぐらいで調整していたのかな。

 原発もそうですが、この種の問題は二つに分かれて争うようになるのでよろしくありません。意見の対立は仕方ないにしても、あまり感情的になってもいけないと思うのですが・・。防衛省の話はあいも変わらずでした。よくあんなに同じことが言えるものですね。
[PR]
by kumekeisuke | 2010-09-28 06:46

今日から本会議質問

 今日から県議会は本会議で代表質問・一般質問が行われます。私は最終日の最後、まずはみなさん方の質問と当局の答弁を拝聴させていただくようにしましょう。私の原稿は8割方できました。(粗稿の段階ですが)

 今回はどうしても愛宕山問題のウエイトが大きくなりますかね。岩国市の真ん中にあたらしい基地をつくろうというのですから、まさに歴史的なことなのです。また空母艦載機移転を事実上容認することにもなります。

 残りの原稿書き、文章の推敲、再質問準備、本当のところ、質問準備はこれからが佳境なのかもしれません。
[PR]
by kumekeisuke | 2010-09-27 09:00
 昨日は平田地区で行われた住民説明会に出席。防衛省は会場の説明に答えて、住宅やスポーツ施設の予算的な見積もりはまったく決まっていないといいました。私が防衛大臣官房参事官から聞いた話しとはまったく違います。彼は明白に総額最高700億円という見通しを明らかにしました。

 当然私は猛然と抗議、ことのいきさつを明らかにしました。しかし防衛省側は中国四国局長が「本庁からこう答えたと聞いています」とまったくウソの答弁を。

 これが防衛省なのですね。平気でウソを言う。中国新聞に大きく出ましたから、影響があったのでしょう。都合が悪くなれば、前に言ったことを言っていないという。本当に防衛省っていいかげんな省庁です。住民説明会で言っていることなんて、将来まったく信用できませんよ。
[PR]
by kumekeisuke | 2010-09-26 07:56

悲しい知らせ

 昨日岩国養護学校の卒業生のお母さんからSチャンがなくなったの知らせが、Sチャンは今年春岩国総合支援学校を卒業したばかりです。重度の心身障害者でした。私は彼女を小学校入学時から知っていますし、お母さんとも懇意にしています。もう突然の訃報にただ驚くばかりでした。

 今日お葬式に行くのですが、親御さんの胸中を思うとなんといっていいことやら。昨日妻がお通夜に行きましたが、死に顔はとてもきれいだったそうです。彼女はきっと幸せな人生だったと思いますよ。やさしい家族に囲まれて一生懸命生きたのですから。

 今日は愛宕山問題での住民説明会が市内各所であります。私は当初午前中の愛宕の供用会館に行く予定でしたが、お葬式や歯医者に行かなければいけなくなり、夜の平田の説明会に行くことになりそうです。
[PR]
by kumekeisuke | 2010-09-25 07:52

秋の空

 一日にして季節は秋。昨日は昼から見事な秋空に。妻と岩国市の運動公園をウォーキングしました。あまり汗をかくこともなく、気持ちがいい散歩でした。どうでしょう、バッタなど公園の生物がいきいき感じられました。めずらしく「ぎんやんま」が飛んでいました。これが歩いている私たちのすぐ前を飛ぶのです。妻が「人なつっこいとんぼね」と言っていましたよ。おなかあたりのライトブルーがとてもきれいで印象的でした。妻はトルコ石みたいといっていましたが、私はトルコ石なんて知りませんからなんともいいようがありません。

 質問原稿は昨日のスケジュール分は仕上げましたが、これからが大変です。明日からは愛宕山に関わって防衛省の住民説明会があります。昨日の夕方は岩国平和委員会で恒例の23行動、愛宕山問題を中心に街頭宣伝しました。今日は県庁で質問準備です。
[PR]
by kumekeisuke | 2010-09-24 06:55
 県議会が始まりました。私の一般質問はドンケツ、最後、10月1日午後1時からになるようです。この質問が遅いと言うのはなかなか曲者で、原稿書きが遅れがちです。いくらなんでも今日から質問原稿を書くこととしましょう。

 今日から本格的に秋らしいのですが、今日明け方の雷はすごかったですね。目が覚めてしまいましたから。我が家の近くで落雷があったのではないでしょうか。夏は終わったぞと雷が言っているようでした。昨日は山口線の車窓からは彼岸花が見えていました。プロ野球もいよいよ最終盤です。昨日の阪神の負け方は痛い、どうして名古屋で弱いのでしょう。心身ともに秋を感じちゃいました。
[PR]
by kumekeisuke | 2010-09-23 07:52

地に落ちた検察の信頼

 信じられない事件がおきましたね。大阪地検特捜部の主任検事が押収データを改ざんしたとのこと。検察の信頼はなくなったといっても過言ではありません。世論は取り調べの可視化に進むでしょう。近々にも導入の方向が示されるかもしれません。でもこの事件は今の日本の病的実相を反映しているのかもしれません。勝てばいい、成果が上がればいい。昨日書いた中野孝次さんなどが最もきらう世の中です。

 しかしこの事件の被告であった厚労省の元局長村木さんはジャンヌダルクですね。彼女の冤罪事件が日本の司法を大きく変えるかもしれません。ことによると官僚として仕事を続けたことより大きく社会的に貢献するかも知れません。
[PR]
by kumekeisuke | 2010-09-22 06:52

9月議会を前にして

 明日から県議会9月議会が始まります。今日は忙しい一日となりそうです。午前中は県庁で県議団として愛宕山問題で県に申し入れ。午後は「愛宕山を守る会」のみなさんの同じく申し入れにおつきあいをしなければいけません。岩国に帰って、説明会・会議。一日中フル回転です。おまけに議会準備も必要で、本当に大変です。

 先日ブログを見たある方から、中野孝次さんて誰ですかと聞かれました。たしかにあまり一般的には知られていないのかも知れません。でも「清貧の思想」はベストセラーでしたし、本屋に行けば結構著書はあります。国文学者で作家なのです。私好きですが正直私の教養では理解できないところがあります。でも難しいからいいのでしょう。新自由主義のような思想を真っ向から否定する考え方。節度と規範が、時代を超えて人間生活の原理ととかれています。
[PR]
by kumekeisuke | 2010-09-21 07:06