久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 ワクチン接種も進んでいるようですが、新型インフルエンザが山口県でも猛威を振るい始めています。私の地元の小学校でも学級閉鎖になっていますし、私の仕事仲間でもインフルエンザに罹患した人がいます。その人はおそらくは新型でしょうが、議会事務局の誰もが私の顔を見るとかならず「久米さんは大丈夫ですか」と声をかけてきます。ひどい人になると「どうしてこの人はならないんだろう」と言う顔をします。
 幸いなことに体調もよく、免疫があるのではないかと思っているのですが、なんでならないのか分かりません。おそらくビールスに感染はしたのでしょうが、なんとかなっているのでしょう。我が家のメンバーも発病していませんから、この調子でいきたいものです。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-10-31 07:09
 今日の読売新聞を見てビックリ。なんと旧岩国市、守内でオオサンショウウオがいたといいます。新聞には写真が出ていました。この前、木谷川までいって探したのに。いなくてこんな近くにいるなんて!普通は上流のきれいなところにいるはずが、中流(下流といってもいい)にいるなんてビックリ。取材したM記者に逆取材したところ、守内橋の200メートルぐらい上流でまちがって取れたらしいです。錦川って本当に中流付近まできれいなのですね。あらためて感心しました。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-10-30 19:08
 11月2日市民会館大ホールで、「米軍再編を考える市民大集会」が開かれます。実行委員会の主催ですが、昨晩の会議には私も出席しました。内容は神奈川・沖縄からのゲストを招き、地元の国会議員・井原前市長などが報告するということになっています。1時間半ほどの集会予定です。
 米軍再編については沖縄のことが焦点になっていて、米側は合意内容の変更は基本的にみとめないという強い意志を示しているようです。民主党政権はこの問題では腰が引けているようです。岩国基地への空母艦載機移転問題は全国的にはあまり注目されていないのですね。もう地元自治体は容認したととられているのでしょうか。オバマ大統領訪日前の大切な集会です。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-10-30 06:44
 今日は県議会環境福祉委員会の県内視察でした。山口市の中央児童相談所を伺い、午後は岩国市へ。シンフォニア岩国の後、岩国市黒磯町のアルゼンチンアリの繁殖現場を視察しました。黒磯崎自治会長の村岡さんの案内です。黒磯崎は私の知る限り岩国市で最も濃密にアルゼンチンアリが繁殖しているところです。東大農学部のグループもここで生態観測を行っています。
 実は黒磯崎も広域的に防除を行ったばかりです。もともとアルゼンチンアリは夏に活性化し、今は少し活性が落ちています。また夜行性でもあります。アルゼンチンアリの実態を知るには決していいタイミングではないのです。あまりたいしたことがなければ、県会議員のみなさんもナーんだと言うことにもなりかねません。しかしさすが黒磯崎、少し防除区域からはなれたところへ行くと、いるはいるはですごいものでした。議員の何名かはあの独特のざわざわ状態に気持ちが悪いと言っていました。アリが入り込んで止まってしまったポンプも見ることがでました。今年の夏には県の環境生活部長もアルゼンチンアリの視察に来てくれたそうです。山口県全体で認識が高まってくれればと思うばかりです。
 
[PR]
by kumekeisuke | 2009-10-29 18:42

自衛艦の衝突事故

 昨晩、関門海峡で海上自衛隊の護衛艦と韓国籍のコンテナ船が衝突事故を起こしました。今日のニュースはトップ記事がこれ。天候よく視界良好、にもかかわらず正面衝突のようで、なんともアンビリーバブルな事故です。自衛隊艦船の事故で思い出されるのは、護衛艦「愛宕」の事故です。アレは「愛宕」がほぼ全面的に悪かったと記憶していますが、今回はどうでしょう。
 「愛宕」のときは私は県議会の委員会で、自衛隊艦船の航路の問題や事故防止の対応の問題について質問しました。正直に言って、海上自衛隊の答えは木で鼻をくくるようなもので、ちっとも誠実さを感じませんでした。まあ「地方議員が何を言うか」とでもいった感じでしたよ。今回はまさに山口県で起こったことです。よーく調べさせてもらいましょう。ところでよく岩国市の催し物で海上自衛隊の幹部の人と会うのですが、彼らは実に愛想がいいのです。まあ頑健な人のいいおじさん風なのです。ちょっとギャップがありますね。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-10-28 07:23
 昨日は「海兵隊航空計画」で明らかになったKC130の問題について記者会見をして、山口県に申し入れました。この計画で明らかになっていることは他にもあります。私が気づいていないことも多いことでしょう。
 私の問題意識で一点ほど。計画の最後にMILCON(military construction)軍事建設計画があり、各基地の予定が掲載されています。岩国基地では日本の会計年度で2011年から14年までになんと1150億円の施設が日本政府に求められる予定となっています。この中身は明らかに米軍再編の岩国基地マスタープランです。KC130や空母艦載機部隊(CVW5)の駐機場などいろいろな施設が上げられています。また莫大な日本の税金を使おうと言うのです。もうむちゃくちゃですよ、これは。思いやり予算はストップです。わずか5年間で1150億円、一体日本のどこにそんなお金があるというのでしょう。
 ところで2009から10年(もちろん日本の会計年度、すなわち滑走路移設事業でしょう)の予定もあげられていますが、ここには米軍のタカン(管制用のアンテナ)はあげられていますが、県当局が民空のために必要だと言っていたVORは入っていません。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-10-27 18:46

愛宕山跡地説明会 

 昨晩は岩国市が開いている愛宕山跡地の説明会に参加。牛ノ谷供用会館へ行きました。説明会は4か所で行われ、私が一番近いところは市民会館だったのですが、土曜日はいそがしくていけませんでした。初めて福田市長に質問をしました。彼は結構積極的にしゃべりますね。
 説明会を聞いていて分かったことがあります。岩国市のまちづくりのための15ヘクタールの構想は、結局ベストではないと岩国市も思っているのですね。消防署や多目的広場というのは優先順位からいうとやはり高いと言えないでしょう。もっと市民が良く利用する、切実な要望を実現する方向に変更するべきではありませんか。それから私は防衛省に売ろうとしている45ヘクタールについて聞きました。防衛省に売ったあとは、しっかり市民のとりわけ周辺住民の意見を尊重させるべきと。市長の答えは明確ではなっかたですね。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-10-27 07:00
 「住民投票を力にする会」は10月31日(14時から)、市民会館で「民空再開」を考える市民集会」を開きます。岩国基地の軍民供用化については、いろいろな意見があります。しかしその本当の姿がどのようなものか、なかなかつかめないまま議論されているのが実際ではないでしょうか。どのように考えたらいいか、意見を交わす場を提供することが目的です。問題提起者はなんと私。せっかくですから多くの人に来てもらいたいと思います。
 ところで、今日は午前中は山口県平和委員会として、記者会見をおこない、岩国県民局に申し入れをしました。内容は昨日のブログにも書いたKC130の移駐問題です。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-10-26 13:40
 今日の朝日新聞にものっていますが、2010年版の海兵隊航空計画では、沖縄普天間基地からの岩国基地へのKC130の移駐ははっきりと2013年4月とされています、また機体数も15機に将来増える予定となっています(7章9ページ)。これは普天間基地の代替基地ができる前に岩国に移駐してくるという事実上の先行移駐です。山口県は先の議会でも私の質問に答えて、先行移駐は容認できないとしています。米軍の意向がわかったからには、県も対応しなければいけません。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-10-25 08:18

官僚と会って思うこと

 日本共産党の政府交渉で多くの官僚のみなさんとあいました。特に防衛省の人たちに感じたことですが、民主党政権が政治主導と言っていることの影響です。彼らは「ご存知のように、私たちはあまり言うことができない立場なのです」とのたまわります。もちろん上からの指示もあるのでしょうが、それを口実にあまり突っ込んだ内容は話しません。政治家しか政府の立場を話さないと言うなら、これは情報統制ですよ。だって政府の政治家って大臣、副大臣、政務官でしょう。わずか5人ぐらいなのですから。会える人たちは限られます。私たちのようにそんな人たちが会ってくれない人間はどうするのです?結局体のいい情報制限なのですよ。官僚をうまく使うことが政治主導であって、官僚の口にチャックをし手足を縛ることは逆に国民の為に良くありません。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-10-24 08:17