久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2009年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

岩国港活性化委員会

 県予選の決勝では岩国商業は負けてしまいました。初回がすべてでしたね。華陵高校の積極性が功を奏したのでしょう。点差ほどの力の差はないと思いますが、岩国商業のナインにはこの試合の経験をこれからの人生の糧にしてもらいたいですね。華陵高校の皆さんには甲子園で大いに活躍していただきたいと思います。
 ところでその決勝戦が行われた時間、私は岩国市役所で岩国港活性化委員会に出ていました。岩国港に関係する企業が参加していて勉強になりましたね。岩国港のコンテナ扱い量が非常に落ち込んでいるとのこと、岩国港の問題については産業の発展や都市計画の問題と大きく関係してきます。もちろん岩国市にとっては大切な港です。委員会には大企業の代表も参加していました。生産量の減少や構造の変化があるようです。この会議からも政治と経済が大きな曲がり角に来ていることが実感できました。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-07-31 08:17

麻生首相が被災地を視察

 昨日麻生首相は防府市の被災地を訪問、視察したとの事です。今回の水害はまさに大災害であったということです。二度と起きないよう対策が求められます。昨日の新聞報道によると、7人が死亡した特別養護老人ホームは国が作成を義務付けている風水害に対処する為の計画をつくってなかったとのことです。これはH11年厚生省令「特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準」に決められています。恥ずかしながら私はこの基準を知りませんでした。知っていれば議会でチェックできたかもしれません。今後に生かしたいと思います。私は昨年度までの総務企画委員会で「要援護者支援マニュアル」の策定について各自治体での整備を求めてきました。実はこのマニュアルの策定は山口県の市町は遅れていたのです。防府市は昨年2月にできていました。しかし実際はあまり役に立たなかったのですね。防府市のマニュアルの台風・風水害編には「市も、避難勧告・指示については、空振りをおそれず、早めに出すようにします。」とあります。なんと切なくも、むなしい文言ではありませんか。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-07-30 07:27

山口市の断水は人災?!

 今日午後、事務局の吉田さんと山口市内の被災地を視察しました。山口市では約3万世帯もの断水がありましたが、その原因となった朝田の浄水場を訪ねました。復旧もめどがついたようで、担当の課長さんも落ち着いておられました。給水の為のモーターが浸水したためとのこと。どうして大切なライフラインの水道がこんなにいとも簡単にやられちゃうのでしょうか。浄水場のすぐ近くをふしの川が流れています。県河川ですが大きな川です。ここの土手を水が越えてきたというのです。ちょっと信じられないでしょう。よくみるとふしの川はほとんど浚渫されていませんね。土砂がいっぱい堆積していました。草もぼうぼう。上流の中洲には大きな木が何本も生えているのです。これでは水害をおこしますよ。おまけに浄水場近くの土手は対岸より低くなっているのです。私の見る限りこれは人災ですよ。ライフラインの重要性を県も市も理解していない?と違いますか。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-07-29 18:19
 岩国平和委員会は下記のように「岩国基地と米軍再編を考える映像展」を行いないます。多くの来場をお願いするものです。
 日時 8月8日 土曜日 10時から16時30分
 会場 岩国市民会館 第一研修室
 内容は岩国基地の概要と米軍再編の問題点を写真で概観する写真展や空母艦載機の着艦の様子と厚木基地での着艦訓練などを動画でみるDVD上映です。また愛宕山問題など米軍再編が地域にもたらす諸問題について、市民の訴えを聴きます。
 岩国平和委員会は岩国基地と米軍再編をあらためて考えることを提起したいと思っています。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-07-28 08:11

夏風邪に苦しむ

 昨晩からくしゃみと鼻水の症状、医者に行くと当然のように夏風邪の診断。熱はないのですが、水のような鼻水が多量に、花粉症のひどい人ってこんな状態が続くのでしょうね。頭がぼうっとしています。今日は一日自宅待機していました。おかげで高校野球の県予選準々決勝を見ることができました。岩国勢では岩国商業ががんばっています。ベスト4進出を決めました。私は岩国商業の東分校の教育振興会の会長をしていますから、岩商の活躍は特別に身近に感じます。甲子園にいけることを願っています。選手のみなさんには悔いのないよう、思い切ってプレーしてもらいたいですね。まあ外野はひたすら応援というのがマナーでしょう。
 ところで今日知事と議長が上京、豪雨災害対策の対応について緊急要望を政府にしています。昨日県議会から要望書が届けられました。262号の迂回路として山口インターと防府西インター間を無料にするということは、あっという間にOKでした。政府もやる気になればすぐできるのですね。選挙前という事もあるのかもしれませんが、よく分かりました。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-07-27 18:56

どこまで続くこの豪雨

 今日もまた大雨警報が出ています。防府市では洪水警報と土砂災害情報もでていますから、被災地とその周辺の皆さんは気が気でないでしょう。現場の惨状を実際見ただけになんともお気の毒で言いようがありません。一刻も早くこの豪雨が終わってくれることを願うばかりです。
 ところでやはり瀬戸内は豪雨がすくなっかたのですね。昨日も市内を回っていると経験したことのない雨だったという話を聞きました。それも相当のお年寄りからです。でも全国的にはこの程度の雨はあるのではないでしょうか?私は四国徳島の出身ですが、徳島市内で時間雨量100ミリという雨を経験したことがあります。もちろん被害はあったのでしょうが、瀬戸内の都市は雨に脆弱なのではないでしょうか。温暖化による気候の変化があります。被害想定の設定を見直すときが来ていると考えます。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-07-26 08:20
 昨日夜の大雨で岩国市でも浸水した家屋が多くみられます。とりわけ私の自宅近くは、岩国駅前と麻里布小学校付近で床下浸水が目につきました。浸水の時間は一時間ぐらいだったようですが、下水・河川があふれた状態だったようです。対処ができなかったのか、これからの検証が必要です。岩国市の被害状況の把握はきわめて不十分(午前中の報告資料では)。おそらく実際の浸水家屋はその何倍にもなります。これは私が回って確かめたのだから、間違いありません。床下浸水ぐらいだったら被害を届けないのですね。消毒が必要なら、届けるべきです。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-07-25 21:01

臨時議会召集される

 昨日県議会事務局から電話が、豪雨災害を受けての臨時議会の召集の知らせでした。8月3日議会運営委員会、7日臨時議会ということでした。大災害で予算をつける必要がでたのでしょう。
 昨日は知事名で災害の資料も送られてきました。「今後の対応」で気になったことが一つ、これからの災害対策が入っていないのです。今日からまた大雨だそうです。一昨日現地を見る限り災害地域はまた土砂崩れの危険性アリです。避難勧告発令の確認・避難場所の確保は当然ですが、できているのでしょうか。捜索も二次災害に巻き込まれないようにしないといけません。土砂崩れの予見ができる体制ができているのかなあ?ちょっと心配ですね。それから防府市の二の舞にならないように、県下市町に教訓を下ろす必要アリです。だってまだ梅雨は終わっていないのですから。
 ところで防府市の対応は非難は免れないでしょうね。県からの報告では最初の土石流発生は9時42分とされています。この時点で避難勧告は行われるべきであったでしょう。昼には3箇所での災害発生です。ところが避難勧告は午後5時というのですから。もはやアンビリーバブルです。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-07-24 07:25

着艦訓練の騒音予測

 今日午後一時から岩国市役所の記者クラブで山田・古谷両市議と記者会見。日本共産党の中央委員会が情報公開で取り寄せていた「恒常的な空母着艦訓練施設の選定」から、恒常的基地で行われる着艦訓練の騒音予測図を明らかにしました。飛行コースはもし岩国でやられれば広島県の宮島口・宮島が直下になります。ものすごい広範囲に夜間着艦訓練がやられるのです。もしこの飛行コースで岩国でやったらもうたまらないぐらいの被害となりますよ。
 日米合意、米軍再編最終報告では「恒常的基地は2009年7月またはその後できるだけ早い時期に選定する」となっています。いまだ選定地は発表されていませんから、岩国でやられるのではという心配があります。たとえ恒常的基地が岩国でなくても、緊急の場合などは当然岩国で訓練するでしょうから、この騒音予測図は重いものがあります。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-07-23 16:46
 昨日は午前中、大津高校・日置農業・水産高校の統合問題で県教委に申し入れ・交渉。県庁から帰りに防府市の水害被害現場に行きました。想像を絶するとはこのことです。一体どうしてなのでしょう。防府市の一定の地域では何箇所も土石流が発生しているのです。いまだ行方不明の方がおられますが、被災地の皆さんには心からお見舞い申し上げるとともに、なくなった方のご冥福をお祈りする次第です。
 国道262号線の現場付近まで行くと、通行止めのあたりまで土砂が流れてきていました。まだ水がどんどん流れてきていて、怖いものを感じました。これはすごい被害だと思って帰ろうかと思っていると、「久米さん」という声。今倉県議でした。彼も防府市は選挙区ではないのですが、心配してきたようです。私は土地勘がまったくありませんから、彼の案内で被害地を回りました。もっとも彼も相当迷いましたが。佐波川の上流は息を呑むほどひどい惨状でした。山の中腹ぐらいから土石流が発生していてえぐられているのです。それが何箇所もあるから大変です。流出した土砂は相当のもので、捜索がなかなか進まないのも無理からぬと思いました。目の前の光景が信じられない思いでしたよ。ただ防府市の職員や地域の人たちはがんばっていました。災害をものともしない力強さを見ました。こんな大災害絶対に二度と起こしていけません。
[PR]
by kumekeisuke | 2009-07-23 07:31