久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2008年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 今週は毎日県庁がよい(正確に言えば県議会がよい)。新幹線で行っているのですが、これが結構疲れるのです。家を出て2時間近くというところでしょうか。遠距離通勤している人の苦労が身にしみます。私の質問は明後日(2日)午後1時の予定ですが、午前中の質問の関係で多少遅れるかもしれません。県議会のホームページにインターネットテレビがありますから、興味のある方はご覧ください。
 質問項目は1、知事の基本姿勢  2、愛宕山問題  3、岩国基地のmc130の低空飛行について  4、上関原発問題  5、周東町の食肉センターの建て替問題  6、有害鳥獣  7、アルゼンチンアリ問題  8、山口県沖のF15Jの墜落について  9,小中学校の耐震化問題
です。
 F15の事故については、昨日原因究明と再発防止を求める意見書案を全会派に提案しました。文案は私が書きました。市議会のころはよく決議案などを作らされたものでしたが、最近は事務局がいるのであまり書かなくなりました。しかしやはり自分で書くのがいいです。勉強になるし、決議案にも愛着が出ますから。
[PR]
by kumekeisuke | 2008-09-30 19:43

県議会代表質問 

 今日は代表質問でした。今日本共産党は県議会に3名しかおらず、代表質問ができないのです。5年前は4名いましたからできました。私も毎年一度順番がまわってきていました。みんな順番でやるようにわが党はしていました。わが県議団はなかなか民主的なのです。私は代表質問は好きでありませんでした。時間が枠にはめられて、再質問もできずなにかプレッシャーばかりを感じていたように思います。その点一般質問はいいですね。そういうことで妙な話ですが、一般質問が毎回できる現状には大いに満足しています。
 今日知事は自民党の代表質問に父子家庭の医療費助成について、母子家庭と同じように来年から行うと答弁しました。この問題は私は今年の3月議会で取り上げました。同じ境遇の家庭で父子と母子を区別するのは、差別ではないかと質したのですが、当局はまともに答えれませんでした。それを受けて6月議会でわが党の藤本議員が質問しましたが、いい答えは出ませんでした。このたび自民党にはしっかりいい答弁をしました。なんとなくおかしいと思いませんか?
[PR]
by kumekeisuke | 2008-09-29 21:35
 明日から県議会では代表質問・一般質問がはじまります。私は10月2日(木曜日)午後1時からの予定です。質問持ち時間は30分ですから、答弁を合わせると1時間ぐらいにはなるでしょう。一回目の質問の原稿はできました。今回は項目が多くて原稿を短くするのに苦労しました。
 今日は午前中、「あかはた囲碁大会」の挨拶をさせてもらいました。囲碁クラブで行われたのですが、今年6月になくなられた元和木町議の横林さんのことが思い出されてなりませんでした。横林さんは囲碁が大好きでこの大会にはかならず参加していました。囲碁クラブにも多くの知り合いをお持ちで、参加された方も同じように横林さんのことを思い出されているようでした。
 その後地元の麻里布小学校の運動会にうかがいました。子どもたちが元気に走り、演技をしている姿を見ると、すがすがしくさわやかな気持ちになりました。
[PR]
by kumekeisuke | 2008-09-28 11:31

アルゼンチンアリの脅威

 昨日アルゼンチンアリのことで寺山先生と電話でお話させてもらいました。マスコミでもアルゼンチンアリといえば寺山先生というぐらい有名な方です。
 6年前に私が県議会でアルゼンチンアリの問題をはじめて質問したときにいろいろ教えてもらったことがきっかけでした。このときの私の質問はTBSの全国版のニュースでも取り上げられたのですが、寺山先生もインタビューで出演していました。そこでお互いの顔をはじめて知ったという次第です。その後岩国市にこられて調査・研究されるようになった経緯があります。
 アルゼンチンアリの繁殖力はすさまじく、外来生物法の特定外来生物に指定されています。山口県東部・広島県西部に生息していますが、根絶が難しく被害地域は広まる一方です。山口県が事務局となっている「アルゼンチンアリ対策広域行政協議会」では今年度から防除のためのモデル実験を行います。岩国では黒磯地区が指定されています。おおいに喜ばしいことなのですが、現在のところアルゼンチンアリは不快害虫として捕らえられているに過ぎません。
 寺山先生の論文でもアルゼンチンアリは農作物に被害を与える害虫として紹介されています。すでに岩国市では農作物被害が私のところには報告されています。今農業被害害虫としての対応を始めるときです。寺山先生も大切なことだとおっしゃってくれました。
[PR]
by kumekeisuke | 2008-09-26 07:48
 今日アメリカの原子力空母ジョージ・ワシントンが横須賀に入港・配備されました。日本を母港とするはじめての原子力空母です。原子力の危険性は分かっていることです。とりわけ被爆国の日本に強行配備というのは、アメリカが日本を出撃拠点基地として今後も使うという、強い意思表示と捉えるべきです。
 山口県平和委員会として外務省に抗議のファックスを送りました。日米政府は岩国基地に空母艦載機部隊を移転させることに合意しています。こうなれば米軍機の数は120機となり極東最大の米軍基地になってしまいます。(今極東最大といわれる嘉手納基地は100機です)諸悪の根源は空母が日本に母港を持っていることです。空母の母港を返上させる闘いは岩国でもさらに重要になってきました。
 
[PR]
by kumekeisuke | 2008-09-25 18:08
 山口県の小・中学校の耐震化率は46,1%、全国ワーストツー、46位というひどいものです。調べてみるともっとショックでした。
 国は耐震化をはかるのにIS値という数値を使っています。IS値が0,7未満の校舎を耐震性がないと判断しているのです。あまりに数が多くかつ緊急性もあるというので、当面前倒しでIS値0,3未満の建物に優先して耐震工事をする予定です。IS値0,3というのは、震度6強で倒壊する危険性があるということです。
 山口県ではIS値0,3未満の校舎が推定460棟あります。これは耐震化率ワーストワンの長崎県の336棟よりはるかに多い数です。要するに山口県の耐震化率は事実上全国最低なのですね。県としても財政的支援を含め、市町に応援策が必要です。
[PR]
by kumekeisuke | 2008-09-23 08:53
 岩国市議会の一般質問たけなわというところですが、やはり愛宕山問題をめぐる岩国市の内部文書が焦点のようです。先日質問した重岡議員にあったら、内部文書が流出したことが問題と、見当違いの意見を言う議員もいるそうです。
 大切なことは、岩国市の情報公開が本当にしっかりしているかということです。私が見ても明らかに情報の開示にあたる部分があります。もしこの文書がでたらめというなら、きちんと証明すればいいことです。頭から内部文書だから答弁しないと言うからおかしくなるのです。もっとも岩国市のほうもそんなことは分かって、わざとはぐらかしているのかもしれません。
[PR]
by kumekeisuke | 2008-09-22 14:31
 サブプライムローンの焦げ付きは、世界恐慌の危機さえはらんでいます。リーマンブラザーズの破綻で明らかになりました。私は経済学部卒業ですが、債権を証券化するなどということは学生時代には思いもよらなかったことです。
 もはや資本主義はとてつもない段階に入っているというべきなのでしょう。投機資本時代というのでしょうか。株でもうけるというのは、商品を売ってその利益の一部を配当して儲けることが基本でした。投機はばくち、カジノです。構造的に考えてもいつか破綻が来るのは当然というべきでしょう。自分だけはうまくいくという考え方だったのでしょうか。
 投機マネーを制限しなければ、世界経済は混乱し続け、結果的に国民に大変な負担と痛みをもたらします。なぜ破綻が明らかな道を走り続けるのか、それは企業が何より利潤第一だからです。企業がというより資本がというべきなのでしょう。企業というのは人の集まりですが、その実態は資本というお金の集まりです。マルクスは「資本論」を書きました。資本について語ったのです。資本の本質は自己膨張です。決して人類の幸せではありません。資本主義である限り世界恐慌の危機はなくならないのです。
 今朝テレビで自民党総裁選に出ている五人が討論をしていました。ちょうどこの問題をやっていたのですが、誰もまともに展望と対策を話しませんでした。アメリカの金融業界を助けないかん。というのがせいぜいのコンセンサスでしたか。日本国民の税金をアメリカにくれてやるのでしょうか?小池氏の発言は聞いていて腹が立ちました。「私は新しいニューディールをやる」というのです。ニューディールは公共事業を展開し失業者を救おうという政策でしたが、今の日本で公共事業を増やしてもちっとも景気がよくならないのは実証されています。要するに耳障りのいい言葉で国民をダマしたいということでしょう?小池氏は小泉元首相のお気に入りです。小泉元首相のやった手口こそ私は絶対に許すことはできないのです。
[PR]
by kumekeisuke | 2008-09-21 09:59

由宇町で小集会

 20日由宇町の神東で小集会がもたれ参加しました。会場は少し高台で瀬戸内海・周防大島がよく見えるところでした。明治維新直前、第二次長州戦争(山口県では四境戦争と呼びます)のとき大島の久賀では有名な戦闘があったそうですが、ここからはよく見えたことでしょう。
 小集会では総選挙が近いということもあり、全国的な情勢や選挙の意義などが話されました。地元の話題ではやはり米軍機の騒音問題に集中。由宇町上空を低空で飛行することが日常化していて、最近では以前に見られなかったところを飛んでいるという報告がありました。もう由宇町の全市民が被害にあっているという感じでした。この状態は異常です。何とかしなければいけないという思いを強くしました。
 今日も阪神巨人戦がありますが、阪神ファンの私としては勝利を神さまに祈るような気持ちです。
[PR]
by kumekeisuke | 2008-09-20 17:21
 11日の航空自衛隊F15Jの墜落事故について、ポチパパさんからコメントをいただいたので、分かっていることを少しご報告。
 米本国では昨年11月F15が空中分解するという事故があり、2ヶ月飛行停止が行われ検査されるということが起きたばかりです。原因は構造材の異常ということでした。対策が採られたとのことですが、どうもあやしい。自衛隊もどうでしょうか?ただ今回の事故は構造材の異常には関係ないようです。
 空幕の発表によると戦闘機戦闘訓練中というから、ドッグファイトと思いますが、高度10000メートルでパイロットは機体の異常に気づいたとされています。どうもまっさかさまに墜落したようですね。推定原因は(1)エンジン内の空気の乱れ(2)電気系統の故障(3)燃料系統の故障ということです。たくさんの原因が予想されるのですね。相当原因究明はしっかりやってもらわないと困りますね。F15は飛行再開したそうですが、いいのでしょうか。
 訓練空域はN空域とのことです。訓練時間などに違反はないようです。ただこの水域は漁場となっていて、その点での問題はあります。福岡県では複数の自治体で今回の事故についての抗議決議が採択される予定です。私も議会で取り上げるつもりです。
[PR]
by kumekeisuke | 2008-09-19 08:11