久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

身近な自然に親しんで

 先日えきまえ保育園の園児(年長組)が室ノ木町の里山を散策しましたが、私も同行しました。
 えきまえ保育園には私の子どもたちがお世話になり、私も保護者会長をしていたという縁があります。
 森林インストラクターの方が、公園や山にある草木を手に取って、子どもにも興味深い話を続けられたのですが、何か身近で自然を再発見したような気分になりました。
 考えてみれば、全て生物は自然の不思議さを身につけているはずです。子どもたちのはしゃぐ声を聞きながら、そんな事に思いをはせるひとときでした。
[PR]
by kumekeisuke | 2006-07-13 09:23 | 日記
 七月十一日市民会館ホールで、特別支援教育を推進するための地域フォーラム(県教育委員会主催)が行われました。私は養護学校PTA会長として出席、パネリストとして発言しました。
 地域フォーラムには学校関係者や保護者など約80名が参加していました。会場からは「保護者はどうやれば、学校といい関係をつくてるのか」 「軽度であっても、医療的な専門家の判断は必要か」などの意見がだされていました。
[PR]
by kumekeisuke | 2006-07-13 09:17 | 福祉

毒グモ対策で県に申入れ

 米軍岩国基地内で繁殖し、問題になっていた外来種の毒グモ・クロゴケグモが基地外で見つかり、周辺住民に不安が広がっています。
 七月七日、日本共産党は山口県に対し、完全駆除と安全対策の徹底を求め申入れました。
 クロゴケグモは国が駆除の対象としている特定外来生物にも指定されています。すでに基地外で繁殖している可能性もあるとする専門家もおり、これらを指摘して「県として独自の専門家による調査や対応が必要」と要請しました。
 応対した県環境生活部は「申入れについては検討したい」と答えました。
[PR]
by kumekeisuke | 2006-07-13 09:14 | 岩国基地