久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

太陽の家の運動会

 今日11月3日は「岩国市太陽の家」の運動会でした。太陽の家は就学前の障害児が通うデイサービスです。以前は通園施設だったのですが、障害者自立支援法の導入で変わったのです。私は毎年参加させていただいています。元気でがんばる保護者と障害を持つ子どもたち、何かこちらまで勇気づけられます。運動会の内容はとても工夫されています。いつものことで感心します。ボランティアも多くてにぎやかでいい運動会でした。
 今日挨拶の中でも言ったのですが、療育もいろいろあります。確かにいい先生にかかるとそうでないかは違いが出るかもしれません。しかし経験から言えば、愛情のあふれる環境で、親がしっかりがんばること、これに勝る療育はないと思います。先生について言えば、どんなに評判のいい、ベテランの先生でも情熱がなければたいしたことがありません。新人の先生でも本当に一生懸命やってくれれば、結果がよくなくても親としては文句はないのです。結局愛情と情熱ですよね。
 ところで先日広島市の福祉事業所の関係者に話を聞いたところ、広島市の福祉行政と山口県では相当サービスに開きがあるということでした。岩国市はとりわけ低いと言っていました。調査の必要があると感じましたね。
[PR]
by kumekeisuke | 2008-11-03 17:01