久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

九月県議会報告

■教育問題について
【可能な限り正規の教員の採用に努める】

 (質問)山口県の全教員の年齢構成を見ると、二十代から三十代前半が極端に少ないといういびつな形になっている。
 一方、臨時採用の教員数は1074人で、全教員数の約一割を占めるの及んでいる。病休や育休の代替でなく、欠員補助の臨時教員が766人になっている。本来は正規職員をあてるべきであり、教員採用枠については、今後思い切って広げることが必要。見解を問う。
 (答弁~教育長)中長期的視点に立って、児童生徒数や退職者数の推移、教育上の課題などを総合的に勘案し、可能な限り正規教員の採用に努めていく。

■日本製紙の公害問題について 
【計画的な立ち入り検査を実施】

(質問)日本製紙岩国工場では過去三年間にわたって、469時間窒素酸化物が大気汚染防止法の基準を超過していたことが判明した。この不祥事の原因として「設備停止による生産性の低下を回避する事を優先させた」としており、許されない悪質な行為と言うしかない。
 一方で過去何度も立ち入り検査を行いながら、違反を指摘できなかった県も信頼を失墜させる結果となった。今回の事件についての県としての見解を示されたい。また今後の防止対応を問う。
 (答弁~環境生活部長)今回の事故は県民の信頼を損なう行為であり、遺憾。今後は計画的な立ち入り検査を行う。また講習会などを通じて、環境法令の遵守を図る。

■核兵器廃絶と被爆者援護について
【「非核三原則」は県是として堅持~知事答弁】

 (質問)知事は現時点で非核三原則(核をもたず、つくらず、持ち込ませず)について、どのような認識を持っているか。
 原爆症の認定基準は不当に厳しく、多くの被爆者が認定されるべきなのに、認定されていない。全国で認定を求め、訴訟が行われているが、ことごとく国は敗訴している。 
 多くの被爆者をかかえる山口県として、控訴の取り下げと認定基準の見直しにあたっては、被爆者救済を第一とするよう、国に求めるべき。
 (答弁~知事)非核三原則は国是となっている。県是としても堅持すべきと考える。
 (答弁~健康福祉部長)県としては、中国地方知事会を通じて、国に対し、「被爆者援護法の趣旨を踏まえ、認定基準等原爆症認定制度に係る問題を早期解決するよう要望している。


私は六月議会で、中小・零細業者に受注機会を拡大するため、公共事業での分離分割発注の徹底を求めました。県からは「可能な限り取り組んでいる」という答弁がありました。しかし調査したところ山口県には分離分割発注のチェック体制がないのです。どの程度実施されているのかまったく把握されていません。
 九月議会ではこの点を指摘・質問しました。土木建設部長はチェックシートの導入などにより、どの程度実施されているかわかるようにしたいと答弁しました。

[PR]
by kumekeisuke | 2007-11-10 16:07 | 県議会報告