久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

米軍機の着陸コース下となる旧由宇町の爆音被害は深刻

 旧由宇町の爆音被害は深刻です。
 旧由宇町の一部海岸線沿いは岩国基地の滑走路延長線上となっています。米軍機は着陸のため、ゆっくりと低空で滑走路延長線上を飛びます。 
 防衛施設庁は80~85%が南側から着陸すると言っています、被害が大きいのは当然かもしれません。
 私には米軍機は、神東地区からほぼ旧由宇町を縦断して、飛行しているように見えます。米軍機は着陸コースにはいる前、イニシャルポイントという目印(マーカー)を通過するとされています。地元の人の話では、マーカーは南部の銭壷山だというのです、そうだとすると米軍機の旧由宇町上空縦断は話があいます。
 事実なら、たとえ滑走路が1km沖に出ても旧由宇町の被害状況に大きな変化は生じないことになります。
 空母艦載機や空中給油機が移転してくれば、もはや人が生活できる場所ではなくなってしまうのではないでしょうか。
[PR]
by kumekeisuke | 2006-06-16 05:46 | 岩国基地