久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

市民の知る権利より米軍が大切

 愛宕山スポーツ施設の問題で、米軍との共同使用にかかる現地実施協定書について、岩国市情報公開条例に基づいて文書の公開を請求しましたが、今日岩国市から非開示の通知が送られてきました。

 理由は端的に言えば公表すれば当事者(米軍・国)との協力関係・信頼関係が著しく損なわれる。許可が取り消され公園として使用することができなくなるおそれがある。などです。それぞれもっともらしく情報公開条例の条文を引用していますが、要するに市民の知る権利より米軍の意向が大切とのことです。

 よほど市民に知られたら困る、米軍優先の内容なのでしょう。それから指摘してきたことですが、この協定書は使用期限が5年となっています。米軍が気に入らなければ使用期限は5年かぎりということになりますね。もっと言えば途中でも許可を取り消すこともあり得るということです。米軍が市民に使用させてやっているというのがありありです。いわば殺生与奪権を米軍がもっているのです。

 いまの福田市政はともかく、米軍の意向に反対する市政が誕生でもすれば、市民利用は打ち切るということになるでしょう。スポーツ施設を使わしてやるから、言うことを聞けという理屈です。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-12-29 17:44