久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

認知症との戦い

 今日は岩国市で介護事業の管理者に対する集団指導という研修がありました。岩国市が興味深い資料・数字を示したので、お知らせします。まず年齢人口別の要介護認定率です。後期高齢者だけを対象にしますが、岩国市の今年3月時点の数字です。

 75~79歳、11.52%。80~84歳26.26%。85~89歳、47.62%。90歳以上71.76%。となっています。今女性の二人に一人は90歳まで生きるそうですから、この数字は重く受け止めることが必要ですね。

 介護認定者のうちの認知症自立度Ⅱa以上の年齢別出現率も示されました。75~79歳、5.92%。80~84歳、15.29%。85~89歳、30.29%。90~94歳、48.22%。95~99歳、68.38%。100歳以上73.77%。です。自立度Ⅱaですから自立度Ⅰを含めるとどうなるのでしょう。やはりこれからの社会というか高齢に向かう我々にとっては認知症との戦いは避けて通れませんね。しかしいい資料です。高齢者支援課地域包括ケア推進班の明らかにしたものですが、こういう実態がわかるものをどんどん出してほしいですね。

 ところで情報公開といえば愛宕山の問題で、今日岩国市に対して共同使用にともなう現地実施協定と共同使用公園運営指針について、岩国市情報公開条例に基づき開示を求めました。


[PR]
by kumekeisuke | 2017-11-21 20:28