久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

安倍首相改憲発言の憲法論的検討

 「九条の会」がだしているブックレットに浦田一郎さんが「安倍首相改憲発言の憲法論的検討」という小論文を寄稿しています。大変いい勉強になりました。政府解釈の変化や九条に自衛隊加憲をすることによりどうなるか、などです。率直に言って私あまり政府の「自衛力論」が理解できていなかったのだなあと反省した次第です。

 ただ浦田さんは日米権力の最終目標を「アメリカが行う戦争の前線の戦闘に、自衛隊を他国の軍隊と同様に参加させること」としてます。そして自衛隊加憲だけでなく、九条二項の削減がそのために必要なのだとしています。私は現時点での最終目標は自衛隊加憲なのだと思います。なぜならこれから20年・30年いやそれ以上のスパンで、米軍が自衛隊に求めるものは中国封じ込めの一翼を担ってもらいたいということだからです。対中国ならいわゆる限定的な集団的自衛権の行使で対応できます。もちろんずっと先の将来のことはわかりませんが・・・。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-09-10 12:36