久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

絶対核家族

 エマニュエル・トッドの本を読みました。人類学的アプローチで面白いですね、元人類学ゼミの学生としては。マルクスとの関係では決してマルクス支持ではないのですが、科学的社会主義はすぐれて全人類的学問ですから、いろいろな本を読んで勉強することは大切なのです。宗教とは違いますから。

 トッドは家族の形態から未来予想や民族の親和性などを考えているのですが、家族の形態をいくつかに分けています。日本社会は直系家族で、権威主義的かつ集団主義的なのだそうです。言われてみたらそうですね。私の家族はといえば、どうもイギリスなどの家族形態である絶対核家族に思えます。価値観は自由なのだそうです。これまたあっているような気がするのですが。

[PR]
by kumekeisuke | 2017-08-21 20:34