久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

毎日がアルツハイマー

 「毎日がアルツハイマー」という映画をDVDで鑑賞しました。80歳になるアルツハイマーの母を映画監督の娘が介護するというドキュメントです。いい映画でした。これからの超高齢社会、認知症との戦いです。認知症を知り、認知症と向き合う覚悟が必要な時代ということでしょう。そんな思いを強くする映画でした。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-07-15 19:25