久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

WBC

 日本にとってのWBCは終わってしまいました。残念ですが、見た感じはアメリカが力的に上のように思いました。メジャーリーガーがずらりでやはり強いなと思いましたね。おそらく10回戦えば、3回・4回しか勝てない相手でしょう。でもいつも負ける相手ではないと思うのです。日本は6連勝そろそろ負けるころだったのではないですか。全勝というのは力の差がすごくあれば別ですが、拮抗した力の相手に決勝まで8連勝は無理でしょう。そう考えればオランダには負けておいたほうがよかったのではないですか?世界一というのは野球の神様に微笑んでもらわないとできないことなのでしょう。

 しかし日本人投手のすばらしさは世界的にまたアピールできたと思います。日本の一流投手はメジャーでも通用しますね。ただ打者の力不足はいかんともしがたいですね。日本の打者がメジャーの投手を崩せるようになったときが、真の世界一になれるときと考えます。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-03-22 18:56