久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

アメリカという国

 日米首脳会談が行われるなかで、現在のアメリカという国がどのようなものなのか考えさせられますね。トランプという人物は確かに政治家としてはとんでもない男です。世界がめちゃくちゃになりそうでシビレますね。ただこういう男が大統領になるというのが現在のアメリカでしょう。格差が拡大して没落する中産階級の怨嗟の産物ではありませんか?

 これだけ修復できない格差をうみだしたアメリカという国は、私たちのとても身近にある国です。私の自宅からほんの数キロです。トランプに注目することはとても大切と思いますが、今世界を動かしつつある没落する階層・階級の怨嗟の根底こそ直視するべきですね。

 「ミネルバのフクロウは夕闇に飛び立つ」という言葉があります。70億の人類を一人の英雄が救うということはありえないでしょう。しかし文明の叡智こそミネルバのフクロウではないでしょうか。だとすると一人一人の思想・行動こそ大切、叡智という言葉に恥ずかしくないものにしたいものです。
[PR]
by kumekeisuke | 2017-02-11 20:49