久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

F35Bのブラケットは不良品

 先日東京のUさんが興味のある記事を教えてくれました。マリンコタイムズのdefense news 12月20日付F35Bの事故原因と対応についてのものです。先日の国の説明よりよっぽど詳しく、国のいい加減さと真実を隠そうとするあさましさに辟易する思いで読みました。

 F35開発を進めてきた部署のリーダー、空軍のゼネラル(中将)のコメントによるものですが、10月の事故は正確にいえば、ブラケットの不具合ではなくブラケットが不良品であったことから起こった事故だというのです。ブラケットの欠陥は以前から米軍は認識していたのです。

 現在F35Aも含めて新しいブラケットに変更中のようです。そして驚くことにF35Bについてはまだ全機変更が終わっていないとのことです。空軍の中将もそのことが危険であることを認めています。まだブラケットが古いままの航空機は検査を受けなければいけない、そしてうまくいけば飛んでいるときにブラケットが緩んでいないはずとしています。なんとも物騒な話です。

 先日の国の説明を聞くと来年やってくるF35Bは新しいブラケットに変えていないと思います。ブラケットが正常であることを確認したと言っていました。新しいブラケットとは言っていません。
[PR]
by kumekeisuke | 2016-12-31 10:29