久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

F35のエンジン

 F35Aが2014年6月23日、エンジンから火を吹くという重大事故をおこしているのですが、国からの説明では技術的に克服されたとのことでした。具体的に説明を求めることが必要です。一応米軍の資料はみつかりました。

 FY14 DOD PROGRMS、という報告書の一節です。事故後飛行にあたっていろいろな制限をかけたようですね。技術的克服というのは具体的には「あらかじめ溝がつけられたローターを回転させるステータ」を設置することだったようです。でも本当にこんなことでエンジンのトラブルが克服されたのでしょうか?ぜひ専門家の検証がほしいですね。     11月15日
[PR]
by kumekeisuke | 2016-11-15 18:41