久米けいすけのブログ


by kumekeisuke

F35Bの安全性は確認できていない

 今日山口県知事はF35B配備の容認を宣言したようです。私たちが指摘した2016年9月23日の事故については、さすがに県は国に問うたそうです。その答えは「安全性に影響を与えるような重大事故ではない」とのことのようです。でもこの場合は事故の大きさではなく、その状態が問題なのです。

 F35はエンジンに欠陥があることが懸念されていますが、エンジンの事故であったのか、どのような事故であったのかが問われているのです。具体的にエンジンの安全性を確認することが重要なのです。国はあからさまにこのことから逃げています。2014年6月の事故もそうですが、欠陥が克服されたのかどうかわからないのです。   11月8日

[PR]
by kumekeisuke | 2016-11-08 17:49